さつまの重賞ステップ「キーンランドC」

展開の鍵を握る馬は?




皆さんこんちゃ!




さつまです!





夏競馬も残す所あと2週と終わりが見えてきましたが、そんな夏競馬の中でも個人的には取っ付き難いなと思っているキーンランドCが札幌の芝1200mを舞台に行われます。

今週の日曜日は新潟2歳SとキーンランドCがありますが、コラムではキーンランドCのお話を軽くですがさせて頂こうかなと思っておりますのでよろしくお願いします。




キーンランドC

向正面奥のポケットからスタートするコースで、コーナーまでの距離は長く内外の有利不利は少なめ。ただし伸びるコース取りと伸びないコース取りの差は生まれてくる可能性があるので、その部分に関しては特に注目したい。

先週からCコース替わりになったことで1度進んでいた外差し有効の馬場がまたイン前も使える状態に戻ったけど、ここからもう一度外が伸びやすい状況に傾くのを想定。

コーナーから直線までラチ沿いを頼りに運ぶ形よりも、3.4頭分程空けた方がって考え方です。

なので逃げ馬有利、差し馬不利とかの考えではなくて、内にポケットされた馬が不利、1200mのスプリント戦でポジション争いが厳しい中でもコース取りの選択肢を得ることの出来る馬が多少有利な条件に突入する週になりやすいのでは。

直線が短く大味な競馬が通じる舞台ではないので、追い込み勢までは考えを伸ばしにくく、外番手~好位の外差しグループや逃げて進路を外に切り替えることが出来るタイプが好走傾向と想定して自分は入りたいですね。

なので枠の並びには特に注目したいです。(コラムは木曜日の夕方に執筆)


【展開の鍵を握る馬】

今回メンバーを見渡すとこれまで先行する形で結果を残している馬が揃っていますが、展開の鍵を握るのはオパールシャルムかマウンテンムスメになるかなと。

短縮臨戦が合いそうなトウシンマカオなどもいますが、川田騎手は逃げを打つタイプの括りには入れてないので、基本は番手から前を見る形を選択しやすい。

オパールシャルム、マウンテンムスメの2頭ともに行きっぷりは良いタイプではあるけど、自滅するほどペースを吊り上げる馬ではなくて、あくまでも平均的なハイペースまでが限度。基本的に押し切りを狙えるだけの走力はありますが、近走に比べて先行勢が揃っているのでスプリント戦ながらも息を入れようとした場合は後続に吊っかけられる展開になりやすいので、恵まれた逃げ馬にはなりにくいのかなと見てます。

それでも逃げ馬自体が馬券内にはいやすい舞台ではあるので、共に人気を背負わないのであれば相手には入れておきたいですかね。内枠で包まれるリスクを背負うくらいならば真ん中~外目の枠の方があいそう。

ここ10年で見ても6枠よりも外に入った馬が好走傾向に寄っており、逆に内枠に収まった上にレース運びの中で包まれるような展開になった馬は高確率で凡走傾向が出ていることからも先行争いの上での有利不利は薄いけど、レースの結果として直結しやすい枠が外枠って印象。

今年は例年に比べたら外有利顕著まではいかないと思うけど、それでも開催が進んだ馬場でレースレベルが上方修正されやすい馬がいる時は基本的にはゴール手前でこれまで止まらなかった先行勢の脚色も鈍りやすいと頭には置いておきましょう。




本命は枠の並び次第?





【出走馬見解】


レイハリア

昨年このレースを勝っているレイハリアはキーンランドC以降3連敗での参戦。

ただ番組選びが明らかにやむ無くここ出ますよって形のローテで、その分で損をしているのは明白。前走函館SSでは4着と久々にらしい走りを披露していて、洋芝適性含めパフォーマンスをあげやすい傾向ではあるかな。

今回はブリンカー着用での出走を予定しており、これで何処まで集中して走ることが出来るのかには注目。ポイントは近走の結果に加えて昨年に比べたら斤量が4キロ増える点。これで人気を落としてくれるのであれば相殺くらいの考えは出来るのですが、松岡騎手プラスしっかりと1桁オッズに留まってしまうと、積極的に狙うまでの魅力が無くなる印象です。



エイティーンガール

一昨年のこのレースの1着馬で、昨年は2着と時期、レースに対しての適性は◎。

ただここ2年と違うのがローテの部分と昨年ほどこの馬向きの馬場質までは傾かなそうな部分。武騎手が騎乗することで一定の支持を集めるのも妙味的には減りますし、想定オッズを見る限り普通に人気サイドに収まりそう。個人的にはこの馬が人気を背負って後方から綺麗に差し切る展開は捨てて狙うと思うので、割り切って消してしまう可能性が高いです。

叩き良化キャラって考えも持っているので、秋山騎手からの乗り替わり自体はプラスでもそれを上回る人気の場合は期待値取りにくくなりそうな1頭で、穴でこそ買いたいキャラ。内枠引いてすっぱりと消したい所。




ジュビリーヘッド

近走がレースレベルが上がったタイミングで崩れてもおかしくないかなと思っていた1頭ではあるけど、2戦続けて2着と好走。2走前は上手く配当引き上げてくれたのもあるけど、洋芝でのスプリント戦で懸念となるスプリント力を補完出来るのがやはりプラスですかね。

ここは人気サイドの扱いになりますし、格の部分の評価で人によっては危険な人気馬ってことになりそうですが、自分は少なくとも相手にはフォローしたい1頭です。1週前追い切りではやや物足りない反応を見せていたけど、強めに追われた今週はテンから負荷を掛けて状態も上向き加減。重賞初制覇があってもおかしくないくらいには見ておきたいです。



トウシンマカオ

川田騎手が騎乗する上に前向きさが生きる舞台のスプリント戦で人気を集めそうなタイプではあるけど、短縮臨戦の分ゆったりとした出だしになった場合が不安。斤量も53キロと恵まれますが、慌ただしく追われることに慣れていないので、スプリント戦を経由していないのは懸念材料としての扱いの方が大きくなりやすいかもです。




人気サイドでの優劣は枠が出る前から明確に付けているんですが、本命に関してはやはり枠の並びを見てから。単純なオッズと好走率を踏まえた比較でも、ヴァトレニやウインマーベルが人気をしてオパールシャルム辺りが想定よりも嫌われるのであれば自分は後者の方に上の印を打つと思います。

まずは狙っていきたい馬がスムーズにレースを運べる外枠引いてくれることが1つ。後はエイティーンガールやレイハリア辺りが想定通り人気してキッパリと嫌えるようなオッズになってくれればと思ってます。

軽くですが今週行われるキーンランドCの関してお話させて頂きました。

まだ◎決めていませんが、予想に入る上で参考になれば幸いです!

最後までお付き合い頂きありがとうございました!




さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
買い目入りの予想はこちらから!
レース前日の夜に配信!