さつまの重賞ステップ「チャンピオンズC」

注目は2枠の穴馬?




皆さんこんちゃ!




さつまです!




今週はJRAがダートの国際競走として銘打っているチャンピオンズCが中京のダート1800mを舞台に発走を迎えます。

国際競走ではあるけど、時期の問題などもあり中々海外からの参戦の叶わないGIではありますが、今年は新戦力も含めて古馬との勢力図の変化も考えられますし予想力を試されるGIの1つにはなりそうですね。

そんなチャンピオンズCの傾向やデータからの分析も含めておさらいしながら書き綴っていきますので、良かったらお付き合い下さいませ。


それではよろしくお願いします!


【チャンピオンズC コース特徴】

まずはチャンピオンズCのコースから見ていきましょう。

舞台は中京のダート1800mになります。ホームストレッチの中間地点の手前からのスタートになり、スタート地点から坂を上る形。1コーナーまでの距離は約300mと短くもなく、長くもありませんが、スタート部分が坂になっていることからも外目の枠に入った馬がイン前を取りに行くには1度脚を使わなくてはいけないので、ある程度枠の並び通りにコーナーに入っていくことが多いですかね。

2コーナーの半ばからも緩やかな上りになりますが、そこまで高低差はないのでほぼ平坦と考えて良くて、ポイントになるのが向正面から4コーナーまで緩やかに下るので、中京コースの特徴ともなるスパイラルコーナーの3コーナーから4コーナーまでの部分を加速しつつ回ってくるので、イン前のポジションと捲り不利の極端な有利不利のバイアスが発生する特徴のあるコースになります。

直線に入ってからスグに高低差1.8mの急坂が待ち受けていますし、我慢出来ず捲り気味に外を無理やり回した馬はここで更に脚を使わされることになるので、イン前でじっくり溜めた馬と比べるとどうしても最後に脚が止まってしまうことから、ダート競走の中でも枠順やポジションが着順にかなり影響をもたらすことになります。中央のダート1800の中では直線の部分が最も長く、更に1周してくる間の起伏も激しい為に急坂で減速しない力強さに加えて、体力レースに傾く傾向の強い舞台と考えています。



【枠順の有利不利】

過去20年のチャンピオンズC(ジャパンカップダート含む)の枠順別成績。

1枠 1-2-5-29
勝率2.7% 連対率8.1% 複勝率21%
2枠 3-3-2-32
勝率7.5% 連対率15% 複勝率20%
3枠 3-2-5-30
勝率7.5% 連対率12% 複勝率25%
4枠 2-4-0-34
勝率5% 連対率15% 複勝率15%
5枠 6-2-4-28
勝率15% 連対率20% 複勝率30%
6枠 2-4-2-32
勝率5% 連対率15% 複勝率20%
7枠 2-3-1-33
勝率5.1% 連対率12% 複勝率15%
8枠 1-0-1-37
勝率2.6% 連対率2.6% 複勝率5%

これを名称がチャンピオンズCに変わってからの中京ダート1800の部分だけ切り取ってみるとこのような形です。

1枠 0-2-2-8
勝率0% 連対率16% 複勝率33%
2枠 2-2-1-9
勝率14% 連対率28% 複勝率35%
3枠 1-0-1-12
勝率7.1% 連対率7.1% 複勝率14%
4枠 1-0-0-13
勝率7.1% 連対率7.1%複勝率7.1%
5枠 2-0-1-11
勝率14% 連対率14% 複勝率21%
6枠 1-1-1-11
勝率7.1% 連対率14% 複勝率21%
7枠 0-2-1-11
勝率0% 連対率14% 複勝率21%
8枠 0-0-0-13
勝率0% 連対率0% 複勝率0%

ここ7年の枠順別の成績を見てみると、特によく見えるのが2枠。2015年に1着となり大穴をあけたサンビスタやその前年となるナムラビクターの2着など穴馬を含む5頭が馬券内とまずまずの成績です。

逆にここまで8枠に入った馬は中京に舞台が変わってからは1度も馬券内に絡めていません。昨年は断然人気に支持されたクリソベリルも8枠15番から4着と沈んでいます。

状態面が万全では無かったと結果的には言われていましたが、大外枠からポジションを取りに行くために序盤で脚を使ったにも関わらず欲しかったポジションはインティに押さえられて、尚且つ4コーナーで押しながらも膨れてしまい前に行きつつも負荷の掛かるレースをしたインティとのポジション差がそのまま出たような形になっていたので、やはり枠の並びは大きなファクターを占める形なのかなと言えます。

勿論毎年出てくる馬は違いますし、馬の気質やジョッキーの意識などから不利を不利としない様な乗り方をしてくれる鞍上もいるとは思います。それでも無理をせずに好位をキープしやすい内枠と無理をする可能性の大きい外枠とでは序盤の負荷の具合などは変わってきますし、ましてやGIという舞台でそれが最後に響くような条件ってことを踏まえると大きく着順に影響してくると考えておきたいです。

今年はフェブラリーSを勝ったカフェファラオが大外枠に収まりましたが、これがフェブラリーSなら絶好枠なんでしょうけど、レースの質そのものが違いますので、この馬にとっての揉まれやすい最内枠と同等くらいのやりにくい枠に入ったと思います。




【脚質別の成績】

過去20年分のデータからの成績です。

先行と差しの扱いは人によっては違うと思いますが、データとして参考程度に考えてもらえればなと思います。

逃げ 3-0-3-20
勝率11% 連対率11% 複勝率23%
先行 8-6-7-48
勝率11% 連対率20% 複勝率30%
差し 7-10-7-93
勝率6.0% 連対率14% 複勝率20%
追い込み 2-4-3-94
勝率1.9% 連対率5.8%複勝率8.7%


これを見ると追い込み馬が成績的には3歩くらい落ちる形になっていて、やはりダートのそのものが前有利ってこともありますが、先行馬が数字通り優勢に見えますかね。

ここ7年の枠順的にあまり先行馬にとっては良い枠を引けていない中での成績になるので、数字以上に有利な脚質だと個人的には思います。

中京に舞台を移してからの過去7年のデータはこちらです。

逃げ 0-0-3-5
勝率0% 連対率0% 複勝率37%
先行 4-3-2-17
勝率15% 連対率26% 複勝率34%
差し 1-2-1-34
勝率2.6% 連対率7.9% 複勝率10%
追い込み 2-2-1-32
勝率5.4% 連対率10% 複勝率13%

このフィルターを掛けると脚質的には差しよりも追い込みの方が成績は良く見えますが、枠の並びや馬の質など踏まえると展開が向いたと言えるレースが結構多くあるので、追い込みよりは差しの方がまだ有利だとは思います。

20年分のデータと同様に先行脚質の馬が有利に見えるデータになっており、逃げ馬は目標にされがちではあるけど、ポジション的な不利は目標にされるって部分に限定されるので、馬券内に残せる目はそこそこある形です。

ただあくまでも目安くらいにしておいた方が良いですかね。100年分とかなら母数ありますし有用ではあると思うけど、この短期間で収束するようなものでは無いと言えるので。




【人気別の成績】

過去20年分です。

1人気 7-6-3-4
勝率35% 連対率65% 複勝率80%
2人気 2-0-1-17
勝率10% 連対率10% 複勝率15%
3人気 1-4-3-12
勝率5% 連対率25% 複勝率40%
4人気 3-0-1-16
勝率15% 連対率15% 複勝率20%
5人気 1-2-1-16
勝率5% 連対率15% 複勝率20%
6-9人気 4-6-6-64
勝率5% 連対率12% 複勝率20%
10人気以降 2-2-5-126
勝率1.5% 連対率3.0%複勝率6.7%


人気別の成績に関してはこの通りです。これは1人気がしっかりと走っているてことと、大穴までは見にくいってことだけ頭に入れておけば良いのかなくらいです。ダートのグレード競走の中でも1人気が力を出しやすいレースと言えます。




【年齢別の成績】

これは中京の舞台に移ってからの7年分のみですが、軽く見ておきましょう。

3歳 2-1-0-9
勝率16% 連対率25% 複勝率25%
4歳 1-0-1-23
勝率4% 連対率4% 複勝率8%
5歳 2-2-3-18
勝率8% 連対率16% 複勝率28%
6歳 2-3-2-19
勝率7.7% 連対率19% 複勝率26%
7歳 0-1-1-12
勝率0% 連対率7.1% 複勝率14%
8歳 0-0-0-6
勝率0% 連対率0% 複勝率0%


斤量面のアドバンテージを失った上に古馬程成熟してこない時期の4歳馬の成績が芳しくなく、幾らダートといえども能力的に下降時期に入っている馬が多くなる7.8歳馬の成績も同様に落ちる印象です。

成長曲線のピークや充実度、ダートに切り替えてからの上がり馬など適性面でダートを本質としているタイプが最も能力を出しやすい5.6歳に好走が偏っています。3歳は母数が少ないので数字は良く見えますけど、勝ち馬はそれこそこの時期はダート競走で本当に強いレースを複数している馬が3頭馬券内になっているので、これを見てソダシもって考えには繋げにくいです。





この様にデータ部分のフィルターを掛けるだけでもけっこう見えてくるものがありますし、例年通り枠順や隊列などはアプローチとして有用だと思うので参考にして頂ければなと思います。最後に出走馬の中でも気になっている人の多いソダシに付いて少しお話して今週のコラムは締めようかなと。



ソダシは前に行く事が課題





【初ダートのソダシについて】

今回は全体の評価はまだ考えきっていないのですけど、ソダシに関しては自分の中で考えが纏まっているので、この馬の考察だけ載せておきます。

1ソダシ

父クロフネ、母ブチコ、母父キングカメハメハって配合で、血統的に考えればダートはこなせると考えるのが普通ですし、個人的にはその考え自体は概ね間違っていないと思います。ただポイントになるのが芝で好走を重ねた後でのダート替わりになること、それに加えて古馬が力を奮う形となるチャンピオンズCで、ダート初挑戦な上にGIのグレードになる点はおそらくマイナスなのかなと。

正直な話この馬の適性面(芝ダートの話ではなく、気質や距離)を考えるのであれば、中京のダート1800では無くて、東京のダート1600の方がまだやりやすかったのかなと。体力レースに寄る可能性のあるこの条件であればソダシにとっての優位性って部分は最内枠を活かしてイン前をキープするって部分に集約されてしまうので、おそらく番手ではそれが活かせないのかなと。

体力に傾くレースを能力で踏ん張るだけの下地は古馬相手には見せていないと考えていて、単騎逃げでソダシにとって許容範囲内の負荷に収まる形に持ち込まないと厳しいって見方をしています。気分良く走らせるって意味でも番手に控えて砂を被るような形は正直避けたいでしょうし、先行したいであろう馬を押さえて前に行く事が1つ目の課題にはなると思いますね。

今回最内枠を引いたことで控えた場合砂を被るリスクは高まりましたが、逆に作戦の部分で限定的になり腹を括って前に行くような競馬が最善になるのではないかなと。横のカジノフォンテンやアナザートゥルースの動向が鍵を握る枠の並びにはなりますが、テンの遅い馬ではありませんので、吉田勇人ジョッキーの意識次第では逃げることは可能だと考えて良さそうです。

このように初のダートで古馬とやり合うには分が悪いとは考えていますし、個人的にはここでは無かった感が辞めない為に強く評価は出来ませんが、一定の条件をパスする形まで持ち込めれば好走自体は出来るといった判断です。ただまあ1.2番人気が濃厚なタイプになりますし、それを狙うには妙味よりもリスクの方が上回ると考えているので、相手までに留めて置く方が無難なのかなと。

単勝は売れるでしょうけど、連系、3連系は普通の人気サイドくらいの所に着地するのではって考え方なので切るまでは考えていません。ダートの適性はあるけど、チャンピオンズCの条件は体力部分ではみ出る格好になる上で人気している1頭だと思います。




ソダシに関してはこんな感じで考えております。

オッズや臨戦など加味した上で色々と思案しましたが、自分はこの馬を本命サイドと考えるだけの評価は下せませんでした。

この時期のルヴァンスレーヴやクリソベリル、遡ればノンコノユメ辺りのレベルまでダートって条件をフィルターで掛けて示せている訳ではないので、希望的観測を含んだ人気に見えてしまうのかなと。まあここで完勝するようなら、それこそ今後ダート路線でも買えるオッズは見ることが出来ないと思うのでリスク背負い込んで買うのを止める訳ではないのでその辺の判断はお任せします。

どの馬買うにしても絶対にリスクはありますので、それを大きいか小さいか、オッズなども考慮して各々が判断すれば良いと思うので、自分はこのように評価を下しただけの話です。




今週のコラムはこのような事を書かせて頂きました。

枠の並びはかなり重要視するべきGIの1つだと思うので、その辺はアプローチの中でも占める割合は大きめです。

最後まで考え抜いて◎は決めたいと思いますので、皆さんもいっぱい悩みましょう。笑

スプリンターズSから◎は全て馬券内に収まっているので、おそらくここが最難関だと思いますが、なんとか分析してクリア出来たらなと思います。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!

今週も皆様の馬券が当たりますように祈っております!





Good Luck




さつま



さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
買い目入りの予想はこちらから!
レース前日の夜に配信!