さつまの重賞ステップ「有馬記念」

穴をあけるなら名手のエスコート?




皆さんこんちゃ!



さつまです!




今週は暮れの大1番となる有馬記念が日曜日に発走を迎えますね!

残念ながら先週の朝日杯で本命馬の秋冬GI馬券内連続記録は途絶えてしまいましたが、再度気を引き締めて予想に挑めるように気持ちをリセットして頑張ります!

冬のグランプリで4連覇を狙うクロノジェネシスは有馬記念がラストランとなりますが、グランプリ3勝までを挙げてからの1勝が中々遠いだけに名馬が跳ね返された壁を超えることが出来るのかにも注目が集まります。

3歳世代からは天皇賞・秋を制したエフフォーリア、菊花賞を絶妙な逃げで制し初のGI制覇を果たしたスタミナおばけのタイトルホルダー、中山の舞台を得意としているアサマノイタズラ、更にはクロノジェネシスと同じくバゴ産駒となるステラヴェローチェなど世代交代を目論む世代のトップクラスの参戦もありますし、暮れのグランプリに相応しく豪華な顔ぶれになりそうですね。

自分はデータ派では無いのですけど、有馬記念に関しては結構このデータの部分は大切にしているので、まずは基本的な所は押さえておきたいです。最終的にはトリッキーなコースで如何にして自分の競馬を出来るのかって部分と体力要素も問われるコースと時期になるので、その辺も加味しながら本命馬は決めれればなと考えています。

ではコースの特徴からまずは見ていきましょうか。



【有馬記念コース特徴】

有馬記念は中山の芝2500mを舞台として行われる冬のグランプリレースとなり、特徴としてはコーナーを6回、更には中山コースの特徴となる急勾配を2回こなす事になるので体力面や小回りコースへの対応力も問われるなどトリッキーな部分も強調されたコース設定となっております。外回りコースの3コーナー付近からスタートして、内回りコースの3コーナーに向かって行くためにスタートしてからの直線部分は短く、控えるタイプにはまだしも、先行したい馬にとっては枠の有利不利が特に大きいコース設定。スタートで出遅れる形からのリカバリーが効きにくいって意味では他のコースに比べても顕著に出ていますし、今年はパンサラッサやタイトルホルダーなどの先行争いにも注目があることからも枠の並びなどと合わせて注意しておきたいです。

これが条件として下級戦であればある程度隊列も間延びしてポジション争いと言うよりも折り合い選手権に偏る傾向もあるんですけど、GIって部分を加味すると騎手のレベルなども平場とは変わってくるので、コーナーリングの器用さなど適性部分のファクターが活きてくるコース特徴となり得るのかなと。



【有馬記念 枠順別成績】

1枠 4-4-1-24
勝率12% 連対率24% 複勝率27%
2枠 2-2-4-26
勝率5.9% 連対率12% 複勝率23%
3枠 3-4-1-28
勝率8.3% 連対率19% 複勝率22%
4枠 3-3-4-29
勝率7.7% 連対率15% 複勝率26%
5枠 3-4-3-29
勝率7.7% 連対率18% 複勝率26%
6枠 2-1-2-35
勝率5.0% 連対率7.5% 複勝率12%
7枠 1-1-4-34
勝率2.5% 連対率5.0% 複勝率15%
8枠 2-1-1-36
勝率5.0% 連対率7.5% 複勝率10%

上記の様に内枠有利が顕著に出ており、近年は外枠各馬の好走も目立ちますけど、適性と能力を兼ね備えている馬が内枠に入った時の好走率は目立ちますし、データとしてはやはり捨てきれないと考えておいた方が良さそうですかね。

馬番別で14.15.16番からは勝ち馬がここ20年は出ていないので、フルゲートの際の8枠はかなり鬼門として数えておきます。
14番だけは0-2-3-13で複勝率は27.8%とやれてます。




【穴をあける条件の1つ】

今回枠順の優位性と騎手の捌き方に紐付ける訳ではありませんが、トリッキーなコースならではってことも含めて鞍上の騎乗レベルにも注目は必要になってくるのかなと。暮れのグランプリで大1番の有馬記念ってこともありますけど、一定以上のエスコート能力が必要なコースになっており、穴馬に関しても無謀な騎乗がハマると言うよりはしっかりとした名手に裏打ちされたレース運びがあってこそってイメージは持っています。

2020年のサラキア(松山騎手)
2018年のシュヴァルグラン(ボウマン騎手)
2017年のクイーンズリング(ルメール騎手)
2014年のトゥザワールド(ビュイック騎手)
2012年のオーシャンブルー(ルメール騎手)
2011年のエイシンフラッシュ(ルメール騎手)
トゥザグローリー(福永騎手)
2010年のトゥザグローリー(ウィリアムズ騎手)
2009年のエアシェイディ(後藤騎手)
2008年のアドマイヤモナーク(川田騎手)
エアシェイディ(後藤騎手)

このように2桁オッズが付くような中穴、穴馬で馬券内になった馬には殆どエスコートの部分で長けた騎手やこのコースの特徴を知り尽くしている騎手が跨っていることになるので、能力で足りない馬が穴をあけるにはあくまでも鞍上の部分の大切さも加味して狙うべきだとは思いますかね。



【脚質別の成績】

逃げ 2-2-2-16
勝率9.1% 連対率18% 複勝率27%
単回収率20% 複回収率120%

先行 11-8-9-54
勝率13% 連対率23% 複勝率34%
単回収率150% 複回収率136%

差し 5-8-6-87
勝率4.7% 連対率12% 複勝率18%
単回収率18% 複回収率53%

追い込み 2-2-3-84
勝率2.2% 連対率4.4%複勝率7.7%
単回収率9.1% 複回収率47%

こちらも内回りコースかつロスが多くなる差し、追い込み馬にはやや不利なデータが出ている印象です。逃げ馬は目標にされて勝ちこそ少ないものの複勝率は一定の数字残せていますし、好位からの競馬で単勝回収率、複勝回収率含めて優秀な成績を残しているのが先行勢ってイメージですね。

特に4角で10番手以下に付けている馬は極端に馬券内の確率や回収率の部分で後手に回っている傾向が強いので、穴のワンポイントで狙うのであればまだしも軸馬としては不向きかなと個人的には考えています。昨年のように4角回って直線向いた時に横並びに近しい所まで持ち込めればサラキアの様にくい込んでくる可能性もありますけど、ポジションの優位性も絡めて判断する場合は後方待機勢よりも好位組か少なくとも捲りを入れることの出来るタイプを優先的に印回すべきかなって見方です。

こちらは過去20年分の4角位置取り回収率

4角先頭 2-4-2-12
勝率10% 連対率30% 複勝率40%
単回収率22% 複回収率162%

4角2-3番手 10-4-6-34
勝率18% 連対率26% 複勝率37%
単回収率212% 複回収率157%

10番手以内 20-18-17-160
勝率9.6% 連対率17% 複勝率25%
単回収率72% 複回収率92%

10番手以下 2-3-4-96
勝率1.9% 連対率4.8%複勝率8.6%
単回収率3% 複回収率48%

この事から注目しておきたいのが、4角10番手以内といった括りを拡げた形でも複勝回収率が90%を超えてくることです。この条件でポジションをしっかりと取れることが如何に重要なファクターとして絡んで来るのかを物語っていると言えるので、展開面でこの馬ならばどの程度の位置取りになるのかを想像しながら入っていければなと思います。

クロノジェネシスとエフフォーリアどちらを上にとる?





【血統部分のアプローチ】

こちらは専門外なので軽くになりますが、同コースでは本質的に延長部分でパフォーマンスを伸ばしてくるタイプや元々父にこの舞台での実績があるって所は大きいのかなと。

2010年の有馬記念を勝っているヴィクトワールピサ産駒は母数こそ少ないもののこのコースで1-2-1-5(馬券内はヒシヴィクトリー、ナリノモンターニュ、ロマンテソーロ)と現状こなせている方に偏りそうな印象がありますし、今年は非根幹重賞のセントライト記念を勝っているアサマノイタズラ1頭だけである為、点数的に割いても問題の無いかなと。軸にするまでは考えにくいかもですけど、穴馬として相手に加えるくらいのニュアンスで見るのも。先程の穴をあけるだけのエスコート力って部分で考えたら田辺さんがどう乗るのかは不安ですけどね。苦笑

その他だとエピファネイア産駒のベデザンジュがこの条件を2戦2勝。

今年は該当馬いませんが、ディープインパクト産駒なんかは過去10年で見ると9-8-12-91と決して得意では無いのが分かります。

勝率7.5% 連対率14% 複勝率24%
単勝回収率、複勝回収率共に50%少しになりますし、過剰人気しがちって部分を加味しても得意な条件には当てはまらないと言えるので、主流な血統の中でも枝分かれした体力部分に秀でているのかどうかは重要かなと。


【その他データ】

過去20年分のデータでこまごまとした部分も今回は並べてみます。

年齢別
3歳 7-6-4-46
4歳 8-6-3-55
5歳 5-5-9-74
6歳 0-1-2-38
7歳 0-2-1-19
8歳 0-0-1-7

年齢別の成績で見ると3.4歳馬が比較的優秀な成績で、競走馬としての成長曲線は上向きで受けれた方が良いレースではあるのかなと。6歳以降になると勝率~回収率目線でもガクッと成績を落としている傾向が強くなるので、この部分は軽視する材料として頭に置いておきましょう。オカルト的なデータ部分はあまり気にしないけど、この様に能力的な曲線裏付けも関わってきて、母数が揃っている上で必要なイメージがある所は自分も大切にしているので。

キセキ
ペルシアンナイト
ユーキャンスマイル

この3頭に関しては頭で持ってくるには相当恵まれる必要があるとは思います。

人気別
1人気 10-4-1-5
2人気 4-1-3-12
3人気 2-2-4-12
4人気 2-2-2-14
5人気 0-2-0-18
6人気 0-1-3-16
7人気 0-1-0-19
8人気 1-1-1-17
9人気 1-1-3-15
10人気 0-1-1-18
11人気 0-1-1-18
12人気 0-0-0-20
13人気 0-2-0-17
14人気 0-1-1-15
15人気 0-0-0-14
16人気 0-0-0-11

1番人気が比較的堅実に走っていて、ラストランやグランプリって部分で過剰人気になりがちなイメージもありますけど、勝率50%、連対率70%、複勝率75%で単勝回収率109%、複勝回収率94%と競馬の控除率を考えた上では優秀な成績ですかね。

2番人気は勝率20%、連対率25%、複勝率40%で単勝回収率114%、複勝回収率65%。

回収率換算では4番人気が単勝回収率129%、複勝回収率87%、9番人気が単勝回収率261%、複勝回収率150%と数字上は出ています。4番人気は期待値的な部分での支持分かりますけど、9番人気に関してはややオカルト寄りではありそうなイメージです。

10人気以降で見ると0-5-3-113で複勝率は6.6%、複勝回収率は79%と落ち込みますので、余程魅力のある穴馬を相手に入れるくらいは全然良いと思いますが、軸には厳しめの見方をしておいたほうが良いと思います。結果的に過去20年で1-4番人気から勝ち馬が18頭出ている訳ですし、無理な単勝や3連単の穴馬頭固定は禁物かなと。


レース間隔
連闘 0-0-0-2
中2週 0-0-1-8
中3週 0-2-0-39
中4週 8-7-9-108
5-9週 11-10-9-73
10-25週 1-1-1-6
半年以上 0-0-0-5

ローテで考えるとジャパンCを使ってから参戦してくる馬も多いですが、間隔をあけて照準を定めている5-9週組が優秀で、この母数ながら単勝回収率105%、複勝回収率94%と数字は残せていますかね。


今回は有馬記念のコラムってことでいつもよりも見る部分を増やして見ましたけど、比較的人気サイドは減点部分少なくて、枠次第ではガチガチな決着も見据えながらってこともありますし、昨年のサラキア枠のような穴馬を探すのもアリだとは思います。買い目を組む上でどこから入るのかは自分も決めていないですけど、少なくともクロノジェネシスやエフフォーリアを危険な人気馬指定する様な事は無さそうです。

ただ現時点でも馬の能力や脚質部分の優劣は考えていて、枠を除けばクロノジェネシスとエフフォーリアであればクロノジェネシスを上に取りますし、タイトルホルダーとパンサラッサの逃げ馬換算であればタイトルホルダーを上に取るかなってイメージです。

特に逃げ馬がクロノジェネシスやエフフォーリアを完封して逃げ切るには余程体力に振って逃げるイメージを持たないと難しいと思っていて、福島記念の様にパンサラッサが楽逃げ出来るとは今回思っていないです。後続が許してもタイトルホルダー陣営は4角までにアドバンテージを作らなければってコメントも出していることからここは突っかけて潰しにいく可能性が高いのかなと。

後はここまでの脚質とは違ったポジション取ってくる馬も増えそうなことからジョッキーの駆け引きは結構生まれるレースだと考えているので、そこの部分は特に意識して軸馬は選んでいきたいです。

以上が有馬記念のコラムとなります!最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございました!



今年の重賞コラムはおそらく有馬記念が最後になりますので、一足早いですがご挨拶を。

競馬予想GPでは無料コンテンツとしてさつまの重賞コラムの場を設けさせて頂きましたが、ちょこちょこ休載(お疲れ休憩)しながらも1年間続けられたのは自分の中では嬉しく思っていて、来年以降も出来る限りは頑張っていけたらなと思います。勿論見て頂く上でお役に立てるようにってのが大前提になるのでエネルギーチャージする期間も設けつつになりますが、来年1年もよろしくお願いします!

皆様の支えやTwitterなどでのメッセージあってこそ頑張れているので、今後とも楽しみつつ競馬予想やコラムに力を入れていきます!

今年も色んなことありましたけど、概ねいつも通りの1年ではあったかな。笑

来年は芋年って言えるくらいには頑張りたいので、皆様も競馬だけでなくご飯やプライベートなども充実した1年になりますように祈っております!!

僕は趣味が少ないけど、何をするにもやっぱりご飯食べたりとかでエネルギープラスやる気を補っているので、年末年始は1回くらい贅沢してください。笑

年末年始も寒いでしょうし、コロナ関連も多少は落ち着いたとはいえまだまだリスクも大きいので、体調管理などには注意しながら過ごしましょ!

ではでは今年も1年間ありがとうございました!!!

有馬記念、ホープフルS、東京大賞典の競馬民年末三種の神器(レース)を当てて良いお年をお迎え出来ますように!!!



競馬予想GP さつま

さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
買い目入りの予想はこちらから!
レース前日の夜に配信!