さつまの重賞ステップ「菊花賞」

減点要素の少ないソールオリエンス




皆さんこんちゃ!



さつまです!




今週は牡馬クラシックレースのラスト1冠となる菊花賞が京都の芝3000mを舞台に行われます。今年は皐月賞馬のソールオリエンス、日本ダービー馬のタスティエーラが揃い踏みすることでも話題になっていますし、例年以上の盛り上がりになると競馬ファンとしても嬉しいですね。

この2頭の内どちらかがラスト1冠を添えて2冠とするのか、それとも長丁場の3000m戦で新たに待ったをかけてくる馬が出てくるのかも考えていきたい所。

先週行われた秋華賞ではリバティアイランドが主役の座に相応しい磐石の競馬で牝馬の3冠を達成したばかりではあるけど、秋華賞に比べると頭を含めた部分で波乱の可能性もあるメンバーには見えますし、そういった意味でも熟考しても良さそうなレース。

多少の波乱含みはあるのが菊花賞だと思っているので、その点も頭に置きながら出走馬の見解を1頭ずつ書いていこうかなと思います。良かったら最後までお付き合いください。


【菊花賞 出走馬見解】

ウインオーディン

前走 セントライト記念6着

決着としては早めに外に切り替えて進出をしていったレーベンスティールが強い競馬をしたレースでしたが、好発決めるもいつも通り後ろからの運びになったウインオーディンは惰性で外を伸びる形から垂れてきた馬を拾っての6着。折り合いなどの懸念は少ないタイプらしく後半で前を拾ってきた馬が得をするような外伸びつつの決着であれば止まらずに伸びてくる馬ではあるけど、脚質的なものがあってこそ。どうしても一線級で後半も脚を纏めて来れる様な馬よりも仕掛けは遅くなりますし、ポジションが悪くなるのでこの辺の馬に対しては相当恵まれる展開にならないと逆転は厳しそう。

特に純粋な体力レースと言うよりも一定の機動力を持った馬が台頭しやすいレースと変化しているのが例年のトレンドだと思いますし、適性面よりも能力、機動力の部分が重要になってくる可能性は高いので。そういった意味でも位置取り後手を踏みやすいタイプの当馬は止まらずに追えても馬券内までの食い込める担保は薄く、乗り手の三浦騎手も工夫してこの差を埋めるビジョンが浮かびにくいと考えるのであれば、いつも通り後方からの待つ競馬でハマるの待ちそう。そうなった場合は基本は足りないかなって思考。





サヴォーナ

前走 神戸新聞杯2着

神戸新聞杯はSペースからの4F戦で上がり幅が小さいながらも位置取りと上がりの勝負をするような決着。その中でも逃げる形から早目に抜け出したファントムシーフを目標に捉え切った所を馬群縫って伸びてきたサトノグランツに交わされた所がゴール。

神戸新聞杯は成長分もあったとは思いますが、デビューしてから最も重い馬体重での出走であったことを考えても100%の出来とは言い難く、まだ上がり目を残した状態でのあわや1着も見えてた事を考えるとこの馬にしては悪くないレースではあったかなと。ただロス自体は抑えた運びで立ち回り上の上がり目は望みにくいくらいには出し切っていましたし、川田騎手と池添騎手の差は今回も変わらないので、叩き2戦目で一定のパフォーマンスの伸び代は必要。

折り合い面に関しては元々そこまで不安を持たないタイプですし、距離延長もこなせそう。2走前の福島2600m戦が緩い流れではあったけど、初動促した上で折り合い手放していませんでしたし、引っ張る馬次第ではあるけど、緩い流れながらのロンスパ戦を好位の位置取りから繰り出す形になれば残り目もありそうですし、基本は内枠が欲しい所。枠やオッズ次第では1列目(◎○候補)や相手に一考する予定です。今年の菊花賞が緩い流れから下り坂を利用しつつのロンスパ合戦になれば持続力に長けた印象のこの馬にとっては持ってこいの展開まで。



サトノグランツ

前走 神戸新聞杯1着

前走は終始そこまでの手応えを感じない運びながらも、ラスト150m付近からは一気の反応を見せてファントムシーフを捕まえたサヴォーナを更に捕まえた所がゴール。

川田騎手のファインプレーもあったとは思うので、能力以上の評価をされて売れてしまう場合は少し嫌かなと。ただこちらも他馬をあまり気にせずの水からの競馬に徹するタイプの馬ですし、あまりスタートの良くなかったダービーでも最後方付近からジワジワと能力分は伸びての11着。勝ち馬から0.7差、大外枠且つ外回しつつのロスを考えれば明確な能力負けとはカウントしにくいですし、父のサトノダイヤモンドの事を考えると4コーナー辺りでモタつくのも頷ける馬。今回はダービーのように厳しい枠では無く、勝負のできる枠は欲しいと思いますし、前走が狭い所を割ってきたこと考えると内枠希望かなと。

人気のソールオリエンス辺りもこの手の条件は体力的な不安は少ない中で挑むことできますし、後半部分の力を見ると同じ位置取りからならば上回られてしまう可能性があるので、枠やポジションではそちらよりも利が欲しいとは見てますかね。





ショウナンバシット

前走 神戸新聞杯7着

神戸新聞杯では直線外に切り替えは余地が無かった中で惰性の分は伸びての7着ではあったけど、結果的に上がり勝負になると分が悪い点は変わらずではありましたし、出していくにもテンが足らないので内枠引きの場合は同様の競馬で足らない可能性が高く、外からの主張で粘り込めた時にワンチャン程度。コース形態など踏まえると逆行気味の競馬になる可能性が高い馬ではあるので、基本的には難しい1頭にはなりそうです。

シャザーンと僅差の競馬をしたすみれSは評価していますが、少頭数→多頭数の場面でポジション取れず明確にパフォーマンスを発揮出来ていないレース続いていることからも、今回は初動でどこまで前にだす意識を持って乗れるか。距離延長での位置取り改善が望める点は○。





シーズンリッチ

前走 神戸新聞杯10着

3走前の毎日杯ではノッキングポイントを下して重賞勝ちなどもある1頭ですが、クラシックレースの3000m戦を導くには役不足の騎手だとは思いますし、前走はほぼ同ポジションだったファントムシーフとサヴォーナ比較で明確な力負け。

距離が伸びてこの差が埋まるとは考えにくく買いにくい場面。おそらく消す形の評価にはなるかなと。



ソールオリエンス

前走 セントライト記念2着

前走のセントライト記念はとにかく無理をせずに外を踏む形でロスの多い競馬。勝ち馬が立ち回りの上で完璧に上回った部分もあるけど、逆転の見込みの無い安全策を取った分での負けで力負けとは考えておらずですし、世代トップクラスの能力を保有しているって評価は変わらず。

2015年の勝ち馬キタサンブラックを父に持つ当馬にとってはここまでのレースぶりから見ても距離を伸ばしての体力負けの可能性はあまり考えなくても良さそうではありますし、そこまでテンションの高い馬ではないので極端に折り合い部分を手放すってことも無いのかなと。ただここまで無駄なレースを使わずの臨戦過程を辿っている馬ですし、関西圏への輸送も初めて。そういった意味ではパフォーマンスを落としてくる可能性は否定出来ませんし、諸々含めてオッズと天秤に掛けた場合に軸まで押し上げる必要があるのかは疑問も。

ただこの辺の不安要素をクリアしてきた場合は素直に叩き2戦目で前走以上には勝ちに行く競馬で勝負に拘った乗り方をしてくるとは見てますし、早目に動ける仕上がりならば後半の上がり性能もトップクラス。ダービーも僅差の負けだった点を含めても減点要素の少ない1頭ではあります。

結果的にはセントライト記念の勝ち馬が体調の回復を優先して菊花賞をパスしたことにより、出走馬の中で上位人気の支持を集める馬としては最も順調なローテを踏んでいる事にもなりますし、当日の気配は重要でも2列目以上の評価は入れることになりそう。




近年のトレンドであるぶっつけ本番




タスティエーラ

前走 日本ダービー1着

近年のトレンドにおいて前哨戦を使わずにぶっつけ本番でレースに挑むことに関してはもはや不安要素に数える必要はありませんし、ダービー馬として恥ずかしくないレースをする上での準備はしてくるかなと。

今回は上位人気の支持を集める中でも距離延長が最もメリットが無さそうかなと思っている点を個人的には不安視。皐月賞、ダービーと早目に抜け出しを図る競馬を重ねており、操縦性には優れている部分は評価。

ただダービーの2400mを勝ち切った時もラスト100m切ってからの手応えは2.3.4.5着馬には劣っていたと見ており、ゴールに対してドンピシャに伸び切る場面を騎手が上手くエスコートしたと割り切っても距離延長でパフォーマンスの向上は見込みにくいのではって評価。今年は1強ムードとは言えない中クラシックラスト1冠を迎えたので能力とモレイラ騎手のエスコートで距離延長のデメリットを埋めて来る可能性はあるけど、総合的な評価ならばダービー2着のソールオリエンスをすんなりと上に取りたい場面にはなりそう。





ダノントルネード

前走 日本海S8着

春の京都新聞杯ではタイム差無しで勝ち馬のサトノグランツからクビ差の2着もある訳ですし、決して弱い訳では無いと思うけど、前走がさすがにダラしない競馬をし過ぎた印象。

3コーナー付近からあまり手応えも良くなかったけど、休み明け分を差し引いても負け過ぎな1戦ではありましたし、ここからの大きな変わり身あっても圏内までの担保は考えにくいです。





ドゥレッツァ

前走 日本海S1着

ダノントルネードが凡走した日本海Sをやや強引な競馬ながらも直線外に進路を切り替えてからはひたすら伸びる形での快勝で駒を進めてきた1頭。

新馬戦こそ仕上がり不足だったのか後半にギアが上がらず前を捕まえることが出来ずに3着と負けたレースになってしまいましたが、それ以降は未勝利戦でサトノグランツを破ったのも含めて4連勝。その4戦すべてに置いて上がり最速をマークしているのは特徴的。

自らポジションを取りに行く競馬をしてきた馬ではないので、今回も馬群に入れつつ我慢を効かせながらの運びにはなりそうですが、レースの機微を判断する上でルメール騎手が空いていたのは陣営に取っても大きかったかなと。現役では折り合い部分をパスしながらの長丁場に1番適している騎手だと考えているので、この騎手が乗って気性部分爆発させての凡走であれば他の人が乗ってもほぼ同じになるくらいには割り切っても。

後は肝心の能力部分が通用するのかの比較を4走前のサトノグランツ、前走のレッドラディエンス辺りから取っていく訳ですが、4走前の未勝利戦はそれこそ1.2着馬の2頭がひたすらに抜けていたレースでもあったけど、ほぼベストなパフォーマンスをしてラストももうひと伸びしたサトノグランツを更に上回る脚で差し切った点からもトップスピードの質は一線級。

距離延長こそやってみないと感は残るけど、中団辺りの追走から余力遺してL4F辺りを迎える格好ならば突き抜ける可能性を秘めてる1頭には数えてますし、純粋な上がり勝負ならば殆ど見劣りの無い馬。今年の上がり馬の中では乗り手込みで注目してる所にはなりますかね。ただ穴人気は普通にしそうなので、その点は注意が必要かなと。





トップナイフ

前走 札幌記念2着

前走の札幌記念では展開や馬場質など相応に噛み合っての2着ではありましたが、それまでがとにかく恵まれない競馬、展開と逆行する形の競馬を続けていただけにある意味では納得の巻き返しにはなったのかなと。

レース経験の豊富な1頭で牡馬クラシックを皆勤している点も加点要素にはなりますし、印が余ったら手を出すのも視野にくらいには入れてるけど、前走の札幌記念がハマり過ぎたのでオッズストックはやや吐き出した上で好転ターンとは言い難い京都の3000m戦になるのは△。

典さんがどの程度前走に沿った競馬をするのかも分かりませんし、2000mくらいがベストにも見えるので。内に突っ込ませたいでしょうし、内枠引きは欲しいタイプ。





ナイトインロンドン

前走 神戸新聞杯11着

前走神戸新聞杯の舞台は不向きな条件ではあったので、距離伸びての好転狙える菊花賞への出走が叶った点はまず良かったのかなと。

ただその前走が条件不向きだった点を重く見たとしても対横の比較が厳しくなった所で食い下がれずに跳ね返されたことは課題。追走部分に脚力を割くような形だと持ち味生かせないとなってしまうと本末転倒ではありますし、前走の負け方で明確に人気落ちは見込めるけど、その負け方をどこまで許容するべきかはまだ悩んでます。

斤量57キロも含めて前走以上に脚を溜めるにはもう少し控える必要もありますし、控えて和田騎手が裁けるのかも疑問なので。





ノッキングポイント

前走 新潟記念1着

明確に距離は長いように見てるけど、そう思ってたダービーが後半まで外ロス踏みつつも最後まで伸びてくる内容で前評判を一蹴してましたし、成長分を含めてあまり血統評価には捕らわれずに見た方が良い馬。

前走は休み明けの初戦でしたが、古馬相手に内を通って競り勝つ内容自体は強かったと思いますし、メンバーレベルは物足りないけどまずまず。斤量3キロ増に加えて距離も5F伸びるので臨戦自体は正直キツいものがありますが、ローテ自体には余裕持って踏んでますし、ここがダメでも今後は活躍してくる可能性の高い馬と見てます。





パクスオトマニカ

前走 レパードS15着

このレベルの馬相手に引き出しと能力足らず評価は出来ず。





ハーツコンチェルト

前走 神戸新聞杯3着

前走の神戸新聞杯はイン前、イン差し有利の展開と度外視することも出来る1戦ではありますが、ロードデルレイに負けたのは若干だけど頂けない気もしますかね。

春は日本ダービー1本に絞っての出走ではありましたし、条件自体も合っていた所に照準を絞ってだったので、前哨戦の負けはあまり気にしないで良いくらいに陣営も割り切っていそう。そのポイントとして今回神戸新聞杯を使った後は栗東滞在で調整しており、本気度も伺える形。

ただこの馬の長所は外差しで受けつつもあまり損をしないようなコース形態だと思っているので、外枠引きから延々と外を回す様な手段を取ってくるようならばダービー以上の好走は見込みにくいのも正直な所ではありますかね。

一気に捲るような競馬をするとも思えない中でジワジワ伸びるのがこの手の馬の特徴。出来れば内枠からのイン→アウトの運びを見込みたいと思いますし、枠は内の方が向いてるかなと。





ファントムシーフ

前走 神戸新聞杯3着

前走の神戸新聞杯は好発からSペースに落としてラストは10秒台を2つ続けるラップにも対応しての3着であれば特に悲観する内容では無かったかなと。

ただ前走で逃げのカードを切ってる分で今回の立ち回りもある程度位置取りを前に置きながら折り合いもパスする必要は出てくるので、その辺がどこまで響くのかは疑問も残るかなと。

一瞬の切れ味に関してはほかの馬に劣るので、その手の馬に対してのアドバンテージを作りながらの運びは必須になってきますし、操縦性や基礎能力の高さを売りにどこまで渡り合うか。そういった意味では日本ダービーをドウデュース乗りしたのは完全に武さんの失策ではあったので、巻き返せるだけの能力は十分に保有。

リビアングラス辺りの出方次第にはなるけど、ここも早めの競馬で引き付ける形だと終いで上回れる可能性が高いので、能力信頼して直線向いた時に後続を3馬身以上は置いている形まで持ち込めるのかが鍵にはなると見てます。





マイネルラウレア

前走 神戸新聞杯8着

速い時計の決着になるとどうしても決め手不足に陥りやすい馬ですし、馬場が極端に渋るようなことが無い限りは厳しい印象。





リビアングラス

前走 阿賀野川特別1着

未勝利戦はスタートがパッとせずに後方から捲る競馬でしたが、1勝クラスに上がってからは脚質転換して逃げる競馬で京都新聞杯の3着を含む好走を重ねてきた1頭。

前走は横の並びの争いから抜け出してのハナを主張する運び。淀みない流れを作りながら、一度は後続に詰め寄られる場面がありながらも最後にもうひと伸びして勝利。今回もこの馬の持ち味を生かす競馬をするのであれば逃げる形を選択してくるでしょうし、この馬が逃げた場合はファントムシーフの逃げよりも流れる可能性は高そう。

ただその形の競馬を距離を3000mまで伸ばした所で近走同様にやれる可能性は薄い気もしますし、いきなり控える競馬に切り替えることが出来るのかも疑問。控えるにしても壁を作る形が理想なので基本は内枠に入った時に漸く一考程度に留めておけば。





以上が出走を想定している今年の菊花賞の出走馬見解となります。人気サイドでは輸送の不安はあるけど基本的にはソールオリエンスが距離もこなせると見ているので注目馬にはなるかなと。

穴サイドではサヴォーナやドゥレッツァ辺りが個人的には注目。

後は枠の優劣などは結構重要になってくると思うレースなので、注目している馬が極端な枠に入らないことを祈ります!

長くなりましたが最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!

少しでも皆様のお役に立てると嬉しいかな!




さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
買い目入りの予想はこちらから!
レース前日の夜に配信!