さつまの重賞ステップ「重賞&新馬戦の注目馬」

ダービー馬シャフリヤールの近親が登場!




皆さんこんちゃ!


さつまです!



まずはご挨拶からしていきますね。

先週は上半期の総決算である宝塚記念がありましたが、安めの配当ながらも自分の中では分析も含め、しっかりと構築など考えて当てることが出来たのは嬉しかったです。

基本的に自分の予想感はそのレースごとに人気サイドと穴サイドどちらから狙うのかを使い分けることが多いのですけど、買い目の構築さえ間違えなければ人気サイドから印を多めに回すことに関しては問題ないかなと考えていて、宝塚記念はそういった意味でも上半期を締めることが出来たと思います。


ここから本格的に夏競馬って意識を変えて頑張っていきますので、引き続きよろしくお願い致します。


今週から札幌、東京、阪神の開催は終了して、函館、福島、小倉のTheローカルって感じの開催がスタートになります。

オープニング重賞はラジオNIKKEI賞とCBC賞の2つになるのですが、今週のコラムではこの2つの重賞のお話では無くて、趣向を変えて新馬戦に出てくる注目馬の話でもしてみようかなと思います。



【新馬戦注目馬】

今週の新馬戦にはダービーを勝ったシャフリヤールと皐月賞、大阪杯を制したアルアインなど良血の系譜となる母ドバイマジェスティ。

そのドバイマジェスティ×ディープインパクトの仔を母に持つアルナシームがデビューを予定しております。

アルナシーム

アルアインのようにパワー型では無くて、どちらかというとシャフリヤールの方が近いのかなといった印象ですが、小柄な産駒が多いモーリス産駒の中でも切れ味を完備しているタイプで、この時期のデビューしてくる新馬の中では完成度も上々かなと見ています。

小柄なタイプなだけに滞在で挑むことの出来る函館開催を目標に仕上げられており、1週前追い切りのしばコース追いでは馬なりで上々の手応えの中、終いも鋭い反応を見せていました。

動き自体はこの時期の馬の中ではかなりの水準に至っていると思うので、後はモーリス産駒の多くが補完出来ていないスタミナ面をカバー出来るようなら楽しみな1頭になるんじゃないでしょうかね。

ゲートの出も速く、おそらくポジション自体は取れるタイプだと思うので、今回1800mという距離に対応出来るようなら今後の飛躍に注目したい良血馬と考えておきたいです。

お母さんはデビューこそ叶いませんでしたが、その仔が活躍してくれる可能性を秘めているのも競馬ならではの醍醐味かなと思います。


もう1頭注目している新馬がいるので、そちらもサラッとですが紹介したいと思います。




ウインピクシス

日曜の福島芝1800mでのデビューを予定している牝馬で、父ゴールドシップ、母コスモアクセス(母父ロージズインメイ)という血統背景。

こちらはデビュー戦というよりも、今後距離を伸ばしてきた時に注目しておきたい1頭で、お父さんのゴールドシップよりもテンからの基礎スピードに長けている印象で、新馬戦でもある程度格好を付けて来そうですが、母系の血を考えると使いつつ良くなりそうなタイプで、成長力次第ではクラシックであるオークスや秋華賞で楽しみな1頭になるかなと。

1週前追い切りでは中山牝馬Sを2着と好走したロザムールと併せて先着するなどポテンシャルの部分でも高い印象が持てますし、個人的には注目している牝馬になります。

もしかしたらフルゲートになりそうなので抽選を突破してくれたら嬉しいです。

気になる重賞の注目馬は?





一応CBC賞とラジオNIKKEI賞の注目馬も挙げておきますね。

ラジオNIKKEI賞
ロードトゥフェイム
リッケンバッカー


CBC賞
ヨカヨカ
ビオグラフィー

人気サイドと穴サイドで1頭ずつ現時点の注目馬を挙げておきます。

CBC賞のタイセイビジョン辺りは鞍上の部分で人気になりそうですけど、キッカケのない状態で凡走を続けていますし、比較的過剰人気が予想されるタイプだと考えています。

特に開幕週となる小倉開催のCBC賞に関しては速い時計に対しての対応力が問われる1戦だと思いますし、傾向も含めて上手くアプローチ出来るように準備をしていきたいですね。


内容はいつものコラムとは違いますけど、今後はこういった感じに脱線した話も楽しみにして頂けたら幸いです。

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました!




今週も皆様の馬券が当たりますように祈っております!


Good Luck



さつま

さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
買い目入りの予想はこちらから!
レース前日の夜に配信!