キムラヨウヘイ プロキオンSの有力馬診断の総まとめ(後編)

※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

―サイタスリーレッド 牡5 酒井学 57 栗東 池添兼
「逃げても他馬に迫られただけで怖気づく」という程の超ワケ有り馬(超スンナリ系馬)。
それで4走前兵庫GTでは道中逃げているのに他馬に迫られると突然失速し出してかと思えば直線巻き返す破天荒な競馬をしたり、3走前は超Hペース逃げを強いられたりなど。

前走天保山Sは内枠から前に行けずでの止む無し敗戦。
どこから単騎逃げでの一発は有り得るキャラでしょうが、それは同型多数のココでは難しいでしょう(仮に逃げの手を打てても、ただの逃げじゃなくて後続が少し離れてくれるくらいの逃げが理想)。


△ドライヴナイト 牡5 浜中 56 栗東 奥村豊
前々走は逃げて楽勝でのOP初勝利。
前走は当時のやや外有利バイアス&元来外枠有利コースでは痛恨の最内枠を引き当ててしまい…そこからHペース逃げの手を打たざるを得ずでの4着。一言で言えば負けて強しの競馬だったと思いますし、また短くない休み明け初戦でもありましたので尚更情状酌量できる敗戦と言って良いでしょう。
現に前々走でも同馬場を過去最大パフォーマンスを繰り出している様に雨馬場得意のカジノドライヴ産駒です…まだ戦績不足で真の力量が読み辛い面はありますが、ワケ有りの前走を除けば実質底見せずの上がり馬だけに…ココでも魅力ある一頭と見ます。


★ウインムート 牡5 和田竜 56 栗東 加用
2歳夏に新馬勝ち。
3歳夏に連勝。
4歳夏にOP昇級して重賞好走。
5歳夏にOP連勝。
ここまでの現役生活を振り返ると、夏以外は低迷して、夏になると一気に伸びるという正真正銘の“夏馬”としての成績になっています。

一昨年も昨年もこの時季に3連続好走(正確には3戦連続でパフォーマンス続伸)でしたので…今季ももう一丁更なる前進をという期待は懸けられます。

前々走栗東Sはやや恵まれた感あるOP勝利でしたが、前走天保山Sは相手関係揃って展開も厳しい中を凌ぎ切る重賞通用級パフォーマンスでした。

その前走から斤量2キロ減、得意の雨馬場、そして伸び盛り季節…勢いに乗って中央重賞でもやれて良い場面だと言えるでしょう。


―ブラゾンドゥリス 牡6 武藤 56 美南 尾形和
ウインムートとは対照的に、コチラは寒い季節の方が得意な馬です。
昨年も3月まで連続好走の後に低迷から冬場上昇という戦績経緯でした。
前走アハルテケSは2番人気15着と大負けを喫しましたが、戦前から夏負けの兆候も見られるなど季節要因も排除できません。
そこから季節進行の今回は果たしてどうでしょうか。。


―エイシンヴァラー 牡7 下原 57 園田 新子
地方転厩後に地方交流重賞1着激走の大金星。
そこではキングズガードを下しての1着という点に価値が見出せますが、ただし当時キングズガードは伸びない馬場の内を通らされたのに対して、コチラは地方騎手騎乗で完璧な騎乗あって上回ったという結果でした。
その前後では善戦はしているものの地方交流重賞で4着5着というのはちょっと頂けない結果です。


★キングズガード 牡7 藤岡佑 57 栗東 寺島
まずは4走前の後の次走チェック馬見解を参照↓
『鞍上はレース前から『上手く馬群を捌いて来られるか』などとイン差し競馬をする気満々で、実際のレースでも極端にその形を敢行してきました。
ただし、確かに内有利傾向ある中京のプロキオンSではそれが功を奏しての重賞制覇があったワケですが…そもそも根岸Sはそれとは対照的なレースですし、この日の馬場傾向は寧ろそういう競馬は逆傾向でありました。
展開的にもいつも通り控えて丁度良かったはずですし、イン差しにしても完璧に捌けなかったとなれば、結果的にはマイナスしかない戦法を選択してしまった様に思えます。
プロキオンSに向けては良い教育レースになったと思いますが…。』
・・・
前々走もその根岸Sと同じ様に馬場バイアスに逆行する様なインを攻める競馬…それで0.1秒差届かなかった内容は負けて強しでした。

前走は今度は普通に外差し競馬でしたが、やはり狭い地方競馬場でのその戦法は相当不利がありますので…それに加えてスローペースだった分でこれも負けて強しの差し届かずの内容でした。

今回は比較差し届く中央場で、そしてイン攻め競馬が嵌まり得る中京コースです。
(詳しくは競馬王8月号にてですが)ちなみに2年前のプロキオンSは極端な内有利バイアス発生でしたが、それは雨上がりからの猛烈に馬場回復過程にポイントがあったと考えています。

本年が一体どうなるかは週中時点では何とも言えないですが、枠順と馬場バイアスが噛み合えば近走の鬱憤を晴らす結果は当然有り得る一頭でしょう。


━━━(前編)はこちらに掲載しています。