今井雅宏「重賞ステップ解析」ジャパンC

先週は「厳選!勝負レース」から2万馬券!馬場の読みにくい中、レコード決着となった11/19(日)福島11Rで3連単21,860円(21点)的中!
ジャパンCの無料コラムでは王道中の王道ステップ、天皇賞(秋)を解析!微妙な位置取りの変化から好走のヒントを探る!



あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

◆馬券の買い方について
今井雅宏の予想には買い目の掲載がないため、
競馬予想GPでは今井雅宏推奨の馬券の買い方(馬連6点、馬単6点、3連複6点、3連単21点)に則って的中判定、回収率の計算を行っており、
それに基づいた的中を的中情報として取り上げています。

 

;先週の勝負レースはメインでも福島したね。馬連2080円1点目で、3連複41倍、3連単218倍も当たりました。

;全体に難しい週だったよね。その福島民放杯も接戦の1,2着争い、3,4着争いともに安目の方が残しちゃうし。レコードで想像以上に馬場が軽すぎてハイペースでも前が若干有利になったぶんだね。福島の芝が道悪の外差し設定にしたら、朝から良で内から乾いての内と前の馬場という、設定と逆だったのも大変だった。

;もう一つの勝負レースに選んだ五色沼も本命がかなり重い差し馬場向きという解説で、対抗が「極端に重すぎない馬場ならベスト」で、乾いたのでその3番人気の対抗が結局勝ちましたね。いつものように、馬場と馬体重で選択して勝負ということでした。

;福島は開幕から重い摩擦のある馬場で当てやすかったけど、結局スタートから重すぎたんで開催中に雨が降ってバイアスが2週目からは極端に振れすぎたね。内と前か、追い込みか、どっちかに一か八かヤマを張らないと当たらない強制バイアスになった。あれだと日曜も東京、京都中心に予想すべきだったかな。
ダートはそこまで偏りのないバイアスになったから当たったけど。それまでのダートが前残りで福島民放杯は先行馬が多いレースだから、ハイペースになるのは確実なんで、差し馬本命でレース前から当たる感触しかなかったよ。しかも断然人気が休み明けの3歳馬でS系先行馬なのに9キロ減だから、Mの馬体重理論からすれば全てが逆でかなり当日危なくなったんで、余計に良いレースだよね。
最近のローカルは前のレースの影響を無茶苦茶受けやすいんだ。若手の騎手が普段バイアスの話ばかりしているのかな(笑)。前のレースが前残りなら次はハイペース、ハイペース差し競馬なら次はスローの可能性がかなり高い。だから逆に福島3Rは嫌な感じになったんだよね。前の2Rが、その前の1Rが前残りだったんで超ハイペースになって追い込み独占になったんだ。これだと同じ1700mだから「次はスローになっちゃうぞ」って見てたら、やっぱり極端なスローになっちゃった。

;スローで3着まで3番手以内独占で、本命の7番人気は最速上がりも4着でしたもんね。

;前のレースがスローの前残りだったなら、ペースが上がってあの7番人気は来てたろうけどね。さすがに前のレースの流れと決着までは前日に読めないから、ああなると厳しい。中央開催だと中堅やベテランも多いんで、そこまでは前のレースに影響されないけどね。その日の馬場で、どのくらいのラップで行けば残れるかは前のレースに影響されずにある程度冷静に判断出来るんで。それでも以前よりも前のレースのラップの影響は受けやすくなった印象はあるよ。

;どうしてですか?

;昔はあんまりバイアスなんて言わなかったというか、バイアスという言葉自体ほとんど浸透してなかったけど、今はみんな使うんで必要以上に意識するのかもね。

;それにしても3連単万馬券的中で、3連単は上半期終了時点で勝負レースのプラス回収は確定していたという話通りの結末でしたね。

;それでも3連単より、馬場、馬体重を見ながらの馬単、3連複の方が良いけどね。今回のも、タッチの差で馬単46倍が1点目になってたわけだし。

;馬単でなく馬連でもセントウルSで348倍3点目的中とかありましたし、やっぱりどの馬券種でも1,2点目を厚め、次が3点目、4点目以降は馬体重が合ってる馬とか、高配当に流すのが基本ですよね。
マイルCSはどうでした?セリフォスは、「好位の外回ると厳しい馬場なので馬群に潜り込むか、矯めて乗れば」というような解説でしたが、その外々を回っちゃいました。

 

▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ

 

;土曜の競馬から、外枠の差し馬は馬群に潜り込むか、後方で矯めるだけ矯めた馬以外はほぼ好走不可能な馬場だったんだよね。そう乗ると逆に今度は外目の枠の方が有利になるんだけど。
で、土曜最終で1600mの川田が、インに中枠から潜り込んだんだ。「これは馬場を分かっているから安心だ」って、あれを見て思っちゃったんだよね。馬群に潜り込むか、あるいはこの馬は後ろから差した方が良いのは戦績見ても間違いないからさすがに川田も理解してる筈で、あの馬場なら追い込みに徹するか、そのどっちかだろうと信じ込んだのが失敗だった。
あの日の馬場で好位の外々を回ってはアウトだよ。まぁそもそも差した方が良い馬がハイペース差し競馬を前に行ったら、どうなろうがアウトだけど。

;ワンポイントアドバイスでも差した方が良い馬という話でしたよね。結局先行馬総崩れで、セリフォス以外の先行馬は全部12着以下ですもんね。

;12月に出る本でもちょうどその話をしてたんだけどね。川田もちゃんと連載読んで勉強しとかないと駄目だよ(笑)。
あの馬場のあのペースで前目だと、どんな馬だろうが凡走してるんで諦めも付くけどね。まあメンバー的にあんなハイペースになるとは思わなかったんだろうから仕方ないけど。レースぶりからも矯めて追い込みに徹すれば間違いなく勝ち負けだった。
シュネルマイスターが叩き2戦目の5歳馬で過去最高馬体重へのプラス、エルトンも8キロ増で、ソーヴァリアントも逆ベクトルに6キロ減と、取り上げた馬はセリフォス以外、全てが相当危ない馬体重だったんだ。それで、「相手はもう完全に読めない何でもありの馬体重になったんで流して買わないと」と思ってたら、その本命が前に行っていなくなっちゃうとはだよね。
3着まで量系の差し馬が独占したけど、ああいうばらける荒れた特殊馬場のハイペース差し競馬になると量系がよく独占するよね。この量系が独占する瞬間はもう少し上手く読み切れないとだった。

;同じ種牡馬というより、同じM3タイプが独占することが多いのは面白いですよね。やっぱりタイプは重要ですね。

;エリザベス女王杯は逆に、内差し競馬で数少ないC要素の強い馬が4着以内独占だったしね。京阪杯もタイプ的に癖のある決着になるんじゃないかな。

;ではJCのデータ分析です。昨年は、京都新聞杯1着後の3番人気ヴェラアズールが勝ちましたが、連対馬の登録はないですね。2着には天皇賞秋5着後の1番人気シャフリヤールが来ました。

;天皇賞秋3~5着馬は、28頭中10頭が3着以内だよ。数が多いんでまず位置取りで分けようか。

;今回の該当馬は差してますよ。

;なら前走3角6番手以降だと、21頭中7頭が3着以内だよ。前走5番人気以内だと、11頭中7頭が3着以内だね。今回の位置取りは、3角4~15番手だから、特に特徴はないかな。ただ3角4~9番手になった馬だと11頭中5頭が3着以内だから、今回好位の馬がよく来ている感じではある。今回10番手以降で来たのは、前走3番人気以内の2頭だけだから、延長なのであまり置かれすぎそうなのは良くないかな。
2走前は、1頭を除くとGⅠかGⅡで2番人気以内で連対。かなり力のある馬で、そのストレスで前走連を外したタイプだね。残り1頭は札幌記念で4着だけど、2番人気だったし、その前は3月の大阪杯だから疲れはなかったよ。それに道悪で特殊バイアスだったしね。
3走前は、1頭を除くと3着以内。残り1頭は7着だけど1番人気だったし、3月の阪神大賞典だから、疲れの心配は全くないよね。ちなみに3走前が3月以前だった馬は3頭中2頭が来ていて、もう1頭も6番人気で4着に好走した。蓄積疲労の少ない馬は注意だね。
5走前まで遡ると、国内の古馬戦だった馬は13頭中3頭が3着以内と率が落ちる。それで来た3頭中2頭が4走前までに海外を走った経験があったし、もう1頭は1600mを走った経験があった。つまりカテゴリーストレスがきつすぎない馬がベターになる。

;3着ヴェルトライゼンデはオールカマー7着後の4番人気でした。ただオールカマー凡走馬はいませんね。

 

この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に21年、日曜の「厳選!勝負レース」内に20年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!

 

◎馬券の買い方について
馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位

買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。