今井雅宏「重賞ステップ解析」チャンピオンズC

昨年は本命のゴールドドリームが南部杯6着から巻き返して2着。施行条件が全く違うマイル戦からのステップは、ストレスという点では影響が少ないと言えるだろう。
まずはその南部杯とJBCクラシックからのステップを解析!

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

;今週は、昨年7番人気の本命が勝ったステイヤーズSが土曜にありますよ。日曜も、2年連続で本命が連対して、その前も3着と、だいたい読めてる感じのチャンピオンズCもありますね。

;3競馬場開催になるのは、やっぱり有り難いよ。馬場の変化しなさそうな競馬場を選べるからね。

;先週ですが、ジャパンCは予想上位馬が3着以内に来ましたが、本命が3着でした。

;S君はオーソリティだったから、ばっちりだったじゃない?

;まぁ例によって堅いやつはしっかり拾いますんで(笑)。レースはどうでした?

;シャフリヤールは3歳の量系が6キロ減で、テンションが高くなって細かった。そこにスローでテンション高いまま掛かっちゃって、最後は体力切れだったね。コントレイルの位置まで下げて掛からないように我慢させて、得意の上がりだけの勝負に持って行けば、それでも悪くなかったけど、正攻法のぶんだけ、そんなにスタミナがある方じゃないから、馬体減りと入れ込みでガス欠ということだった。オーソリティは増えて来ちゃったのはマイナスだったけど、前半だけ緩くてあとは淀みない、一番得意の流れになったのが嵌まったよ。

;今井さんの解説のパターンに嵌まったので、安心して見てましたよ(笑)。

;コントレイルは、前半矯めて体力を温存して上がりだけの勝負にしたのが良かった。あれだけ減っていたから、こっちは増えてたオーソリティーと違って正攻法だと、シャフリヤール同様に、体力切れのリスクがあったから。

;上位評価馬に、結局まともな馬体重がいなかったですよね?

;キセキは一番アウトの馬体重だったしね。みんな走れない状態のときは、流れにあった競馬をした力上位の馬が来るという感じの結末だった。僕はシャフリヤールも、コントレイルも、キセキも、オーソリティも、馬体重的にもパドックでも、良いとは思わなかったよ。そんなだったから、まぁ本命のシャフリヤールからは一応買ったけど、馬体重が一番まともで人気も無いシャドウディーヴァから基本的には買ったよ。結果、7着だったけどね。キセキが動いて先行馬には苦しい流れになったし、体力的にギリギリの距離で、まさか前に行く位置取りショックを仕掛けては、さすがに厳しかった。しっかり後ろにいたら、上がり勝負に持ち込めて上位争いだったと思うけど、その辺は実際やってみなと分からないかな。こんな感じで馬体重で失敗するときもあるけど、トータルでは、やっぱり馬体重で当日上位馬を調整した方が良いよ。

;確かに京阪杯では、10番人気のエイティーンガールの単勝もしっかり買ってましたよね?

;あのレースは、ミッキーブリランテは増えた方が良いにしても、ステージ鮮度がない5歳馬が休み明けでもないのに突如10キロ増で、実際太かったね。シゲルピンクルビーも、前走増えて凡走したのに休み明けでもないのにさらなる4キロ増はさすがにやばいし、レイハリアは逆に休み明けの先行馬で、しかも前回勝った3歳牝馬が急に6キロ減では買えないしだったよ。

;Mの馬体重理論的には、3頭ともかなり危ないですよね。しかも差し馬がずいぶん増えて、先行馬が減ってますし。

;レースのポイントで取り上げた上位4頭の中では、エイティーンガールだけだったよ。当日、馬体重がまともだったのは。前走減って負けた後に2キロ増だから、まさに理想的な馬体重だった。それで単勝20倍台なら、とりあえず単勝は買っておかないとだよ。まぁ結局、僕も馬連は押さえなかったけど。

;エイティーンガールは、2走前に本命にして人気薄で2着に激走したとき、凄い強い内容だったって、ここで力説していた馬ですよね。

;今回は10キロ減の後で、2走前と違って滞在競馬ではないんで、もし輸送でテンションが上がってさらに馬体が減ればその時点でほぼアウトなんで、怖くて本命にしなかったけど、輸送に成功して馬体増でその懸念がなくなったから。今回に向けての馬体重の許容範囲がやや広くて、枠的にも恐らく極端なバイアスになるだろうから、外伸びにも内差しにも対応出来るということで、最大公約数的に中枠のミッキーブリランテにしちゃった感じもあったかな。JCと違って1番人気が結構危なかったから、内と外、どっちかの馬場に一か八か賭けるのももったいない気がして、中途半端になったのかもだけど、10キロ増は読めなかった。甘かったね。

;坂井騎手に先週のぶんも取り返して貰おうと勢い過ぎちゃったんじゃないですか(笑)。それまでの2レースは、本命にした坂井騎手が、2頭ともきっちり勝ってくれて良かったですけどね。

;あの2レースは、予想した方も、安心して見てられる騎乗だったよ。本命にして負けたのが重賞だけだったのは、皮肉だったけどね。


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


 

;ではデータ分析にいきましょうか。今週はだいたい本命が来てるチャンピオンズCですよ。昨年は、JBCクラシック3着後のチュウワウィザードが勝ちました。JBCクラシック上位馬では、3,4着馬の登録があります。

;それならJBCクラシック3~5着で見てみようか。そうすると、11頭中3頭が3着以内だよ。来た3頭は、3角2~4番手だった。まくり気味に動いた馬もいて、基本ある程度勝ちに動いて、正攻法だったタイプがベターな感じだね。とはいっても該当馬がほとんどそういう競馬だったんで、特に重要な要素ではないかもだけど。2走前は、海外で惨敗と、日本TV盃3着と、帝王賞3着。3走前は、6月が1頭と、あとは2月以前。総合すると、全体にあんまり国内ダートトップクラスの蓄積疲労が少ないステップが来ている感じだね。ジャパンCダートの頃も、2走前に夏のエルムS5着の馬が激走しているし。ちなみに来たのは、5,6歳馬で、阪神ジャパンCダートの頃は7歳も突っ込んで来ていたよ。

;2着には、南部杯6着後の3番人気ゴールドドリームが来ました。この馬が本命でしたが、南部杯凡走後は良いんですか?今年は4着馬の登録がありますが。

;南部杯マイルCSで3~6着だと、6頭中3頭が3着以内だよ。サンプル数が少ないんでデータ的な判断はしにくいけど、施行条件が全く違うんで、ストレスの影響は少ないかな。来た3頭の前走は、3角6~10番手と差し届かなかったタイプ。ただ該当馬はほとんど差し届かなかったタイプだったんで、これをしてそういうタイプが有利という判断は出来ないけど。2走前は、かしわ記念1着、平安S3着、帝王賞7着と様々。3走前は、海外2頭と間隔開いた2月のフェブラリーS。サンプル数が少ないんではっきりとは判断出来ないけど、やっぱり国内古馬トップクラス重賞の蓄積疲労が少ない馬の方が、有利ではあるだろうね。

;3着のインティは、登録のない南部杯惨敗馬だったので、前年にいきましょうか。





この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に19年、日曜の「厳選!勝負レース」内に18年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!