今井雅宏「重賞ステップ解析」ホープフルS

12/23(土)中山8Rで3連単247,830円24万馬券的中!
今井雅宏が今週行われる重賞をステップレースから解析する無料コラム、今年のラストはホープフルS !
東スポ杯を筆頭に京都2歳、1勝クラスとステップは様々。
共通しているのは極端な脚質を取った馬や位置取りショックを仕掛けた馬が高確率で馬券内に来ていることだ。





あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

◆馬券の買い方について
今井雅宏の予想には買い目の掲載がないため、
競馬予想GPでは今井雅宏推奨の馬券の買い方(馬連6点、馬単6点、3連複6点、3連単21点)に則って的中判定、回収率の計算を行っており、
それに基づいた的中を的中情報として取り上げています。

 

;それにしても土曜は凄まじかったですね~。2478倍の24万馬券4点目的中とか、とんでもなく強烈な一日で、土曜だけで3連単1ヶ月分以上の回収率を叩き出しちゃいましたよ。

;お陰で日曜が、希に見るような酷い日になっちゃって申し訳なかったけどね。

;土曜にいろいろ美味しい配当の本命が勝ちまくりましたから、やっぱり馬券は一撃の破壊力でしたね。いきなり阪神2Rで単勝7倍台の本命が勝って馬単76倍的中、中山8Rでは12倍の本命が勝って馬単262倍2点目、3連複288倍3点目、3連単24万馬券4点目的中ですから破壊的でした。
他にもグレイトフルHで馬単1点目、万両賞も5番人気の本命が勝って馬単1点目、阪神Cも本命が勝ってなど、挙げると切りがなかったですよね。結局、単勝、馬単、3連単と全てが圧倒的なプラス回収の週末となりました。

;日曜に1レースくらい的中を取っておけばバランス的にはもっと良かったけどね。いつも言ってるように、2競馬場開催はレースを選べないんで配牌次第だから、結果的に土曜の配牌は良かったということかな。配牌さえ良ければ考える時間は3競馬場より長く取れるんで、万馬券が3点目以内で当たる確率は今回の土曜みたいにかなり高くなる。だけど良いレースがないと選択肢がないから全滅に近いことも起きうるという、一か八かというのが2競馬場開催の特徴だよね。

;今年も、そんな話で2競馬場の正月開催から万馬券など高配当的中ラッシュで始まって凄まじかったですよね。回顧は万馬券が必殺技の2点目的中だった土曜中山8Rとか、阪神Cの本命とか、いろいろと訊きたいこともありますが、日程がタイトなので次回金杯開催の前に3日ぶんを振り返ってもらいたいと思います。

;有馬もだよね。

 

▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ

 

;あれは新刊の種牡馬解説の方が正解でしたよね。僕の予想もあとで本を読み直して本命の選択失敗しちゃったと思いました。内枠で、しかも追い込んでたキタサンブラックでしたから。その有馬記念の話も来年にお願いしますね。
では、過去7年で5年当てているという精度を誇るホープフルSの分析にいきましょう。

;ちょっとスケジュールがタイトだから、今回は簡易版のデータ分析になっちゃうよ。

;昨年ですが、東スポ杯4着後の14番人気ドゥラエレーデが勝ちました。この馬、今井さんは確か単勝爆弾で単勝を買ってましたよね?

;5番手評価だったから、この年は予想自体は全く駄目だったけどね。当日100倍くらい単勝が付いていて馬場も合ってたから、単勝は買っておいたっけ。ああいう配当のときは単勝爆弾は破壊的だよね。
それで東スポ杯3~5着だけど、GⅠになってからは6頭中1頭が3着以内になる。OP特別時代まで含めると11頭中3頭が3着以内だ。GⅠになってから来た馬、つまりこの馬は前走3角1番手。前走3角2番手以内は同馬だけで、今回3角2番手以内になったのも2頭だけ。OP特別時代に来ていた馬は逆に3角10番手以降。前走3角10番手以降は3頭中2頭が来ていて、今回3角9番手以降も4頭中2頭が来ている。東京からに加えてストレスもあるんで、流れの外から競馬する馬、馬群で揉まれない馬だとよりベターな感じだね。
来た馬の2走前はダート。2走前がダートなのは来た馬だけ。OP特別時代に来た2頭の2走前は、新馬とOP特別で、OP特別の馬は3着と連を外していて3走前は新馬。つまり鮮度の高い馬が来ているということになる。GⅠになってから、よりその傾向は強まっているというデータ傾向だね。

;2着トップナイフは、京都2歳S2着後の7番人気でした。

;京都2歳S連対馬は、GⅠになってからは4頭中2頭が3着以内だよ。うち1頭は阪神開催時の京都2歳Sだけどね。OP特別時代まで含めると8頭中3頭が3着以内になる。レースの格が違ったり前走の開催競馬場が違ったりしつつの少ない数のデータだから、あんまり分析もアテにはならないけど一応見ていこう。
来た2頭は、前走3角3,5番手と正攻法だった。それで今回は3角16番手と1番手。つまり今回、極端な脚質を取った馬、大胆な位置取りショックを施した馬が来ている。ストレスはあるからね。何かしらの方法で軽減する方が良いだろう。あと前走3番人気以内だと3頭中2頭が来ている。2走前は、1800mのOP特別1着で、4走前まで遡ると新馬か未勝利。ただ案外キャリアのある馬が来ている印象だ。

;3着キングスレインは2000mの1勝クラス勝ち後の6番人気でした。

;2000mの1勝クラス連対馬は、GⅠになってからは13頭中4頭が3着以内だよ。来た4頭は前走3番人気以内で、このタイプだと9頭中5頭が4着以内に好走している。
前走の位置取りは、3角2~6番手、4角で2~4番手だから、弱い相手に正攻法で勝ちに動いてきっちり連対した馬だった。今回は3角2,5,9,11番手と様々。まぁ一気に相手強化で同距離だから、後ろに回る位置取りショックの成功確率がM的に見ても高くはなるよね。逆に逃げた馬もあわやの4着に来ていて、極端に乗って揉まれないか、矯める位置取りショックの確率が高くなっている。
2走前は4頭とも新馬か未勝利。該当馬のうち12頭が新馬か未勝利で、OP特別だった馬もあわやの4着に来ているから、特別意味のあるデータでもないけど。2走前が1800m以下だった馬は、7頭中4頭が4着以内に好走していて、1勝クラスの2000mという活性化の弱いステップだけにどこかで一度は活性化を施している方がベターだ。2走前が2000mで来た馬は前2走とも先行していて、活性化は一応されていたよ。

 

この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に21年、日曜の「厳選!勝負レース」内に20年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!

 

◎馬券の買い方について
馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位

買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。