今井雅宏「重賞ステップ解析」新潟記念

新潟記念は昨年8番人気の本命ヤシャマルが惜しくも4着。今年はぜひリベンジといきたいところだ。
ステップではまず昨年12番人気1着のマイネルファンロンを出した函館記念に注目。同距離重賞だけにストレス面に穴馬激走のヒントがありそうだ。
2年連続で的中している土曜日の札幌2歳Sにも期待!

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

;今週は土曜にも重賞がありますね。2年連続で的中している札幌2歳Sなので楽しみにしてますよ。

;昨年は、日曜の新潟記念の方が衝撃的だったけど。

;人気薄のヤシャマル本命にしたら、外差し競馬で中を突いちゃって、外の3頭に差されちゃったんですよね・・・。かなり悔しがっていたので覚えていますよ。

;普通の競馬ならあっさりと来ていたレースのとき以外、興奮はしないから。

;その後のヤシャマルの活躍見ても、確かに普通なら連対してたのは納得出来ました。僕も今井さんが熱くなっていたときは、その後のレースも追いかけるようにしてますよ。その後に激走しますもんね。その前の年は的中していますし、比較的読みやすいレースですか?

;最終週で極端なバイアスになるから、伸びる場所を通ってくれないとアウトなんで、騎手の位置取りが読みやすい馬が出ていて欲しいレースにはなるけどね。あと次号の競馬王で、当日のやりとりの話も少ししたから、面白い舞台裏なんで見てみて。

;そうなんですか(笑)。それも期待しておきます。その前に先週ですが、キーンランドCも衝撃的でした。まさかの超スローになってしまいました・・・。

;速報のハロンラップ見て、飛び上がっちゃったよ。あれだけ先行馬が揃っての1200m重賞で、超スローとは。

;先行馬が直前に取り消しちゃいましたもんね。前もそんなことがあったでしょう?それでスローになったの。

;あったよね。逃げ、先行馬が取り消すと全てが違って来るから怖いね。あの流れでOPでは、外の差し馬は物理的に不可能だから、4着が精一杯だった。スローに加えて内外が大きくばらける馬場だから、外を回った差し馬はどんな馬でも100%無理だね。さすがのスローの差し競馬向きのエイティーンガールでさえも、外枠だったから得意のスローで6着が精一杯だったくらいだから。
最近の1200mは内が荒れてくると、ある瞬間から突然スローになるんだ。ここ1年くらいによく起きるようになった現象で、特に小倉でだよね。札幌でこのパターンはあまり見なかったけど。このパターンになったらなったで、スロー向きの先行馬とか、上がり勝負向きで外を回りすぎない馬とかを狙えば良いんだけど、そのタイミングが突然、逃げ先行馬の多い重賞でやって来るとは、読めないよね。
レース内容見ても、超スローであれだけ外を回っても4着だから、普通のペースだったら難なく連対しているレースだったよ。パドックの状態も良かったしね。
勝った馬は、差し馬は内しか間に合わない流れに嵌まったのもあるし、高速上がりも出せるから流れも良かった。内でごちゃついたら危ない馬だけど、内外が大きくばらけるスローだから、揉まれ弱い量系にはピッタリで、普通の流れなら、今回は内目の枠だから疲れで潰れてる可能性が高かったね。

 

▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ

 

;先週の北九州記念から、極端な競馬が続きますよね~。

;開催後半で特殊馬場だから、当日のバイアス、流れに嵌まった馬が来るレースになってて、逆バイアスになると絶望的だよ。

;北九州記念も外の差し馬では、14番人気だった本命と1番人気の対抗の2頭が、最先着でしたもんね。雨が降らないで内差し競馬に嵌まっちゃいましたけど。

;逆バイスの中では先着するんだけど、両方真逆のバイアスになるとは、厄払いをしないとだよね~。ただ先行馬が除外になることなんか、分かりっこないんだけど。新潟2歳Sも凄い入れ込んでたらスタートでかなり待たされて、差し独占の馬場を掛かって外を回る先行という、最悪の展開だったよね。坂井も五頭連峰のイメージで乗っちゃったのかな。

;坂井が勝って、馬単、3連単とも当たったレースですね?

;先行して、垂れた後に盛り返して差し競馬を差し返したんだけどね。でも、あれは相当強いから出来たことで、普通に乗ってたら恐らく6,7馬身くらいは突き放している馬だから。だから再加速出来たけど、あの危ない勝ちで差しに回れば良い馬場なのは理解したと思ったけど、行っちゃった。坂井はスタートが妙に良いから、前に行くと危ない馬や馬場、差しの位置取りショックを掛けないといけない馬は、本命にしない方が無難なのかもだね。

;それではデータ分析にいきましょう。土曜は連続的中している札幌2歳Sもありますが、データ分析は日曜の新潟記念にしましょうか。昨年は、函館記念14着後の12番人気マイネルファロンが勝ちましたが、函館記念惨敗馬の登録はないです。2着は、函館記念1着のトーセンスーリアが来ましたが、連対馬の登録もありませんね。飛ばしてばかりも何なので、函館記念3,5着馬が登録しているので、このゾーンはどうなっていますか?

;函館記念3~5着馬は、5頭中1頭が3着以内だよ。来た馬を除く4頭はみんな着順が人気を下回ってて、同距離の好走馬だけにストレス面であんまり期待値は高くないよね。ただ札幌開催時の函館記念のときは1頭出走して12番人気で3着に激走していて、特に穴では注意したい。
来た馬は、前走3角4番手。札幌開催時で来た馬は逃げていた。前走3角4番手以内だと3頭とも5着以内だから、ある程度活性化されている馬は怖い。今回の脚質は3番手。札幌開催時で激走した馬は逃げ。函館から単調な新潟になって、前走より楽に先行した馬が好走しているというパターンだ。一応巻き返しステップだけに、極端な脚質の馬に注意という面もあるから、追い込み馬も怖いかもだけどね。
来た馬の2走前は、2勝クラス。2勝クラスだったのはその馬だけで、やっぱり同距離重賞だけに鮮度馬は怖い。札幌開催時に激走した馬の2走前は、OP特別で2番人気5着。2走前に人気を裏切って凡走していたのもこの馬だけで、当たり前の話だけど心身疲労の少ない馬は怖いよね。

;3着のクラヴェルは登録のない中京記念組なので、前年にいきましょう。



この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に20年、日曜の「厳選!勝負レース」内に19年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!