今井雅宏「重賞ステップ解析」朝日杯FS

昨年は1400mの未勝利勝ちのグレナディアガーズが7番人気1着。一昨年にも同じステップの馬が14番人気で3着と好走しており、気になるステップの一つだ。
早速その未勝利戦からのステップを解析していこう。

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

;今週は2歳GⅠの第二弾朝日杯FSがありますよ。単勝77倍だったクリノガウディー本命とか、いろいろ思い出のあるレースですし、期待してます!その前に回顧ですが、重賞は今年もカペラSの方でした。予想上位5頭が5着以内独占と、ほぼ走れる馬は分かっていた感じでしたか?

;一番つまんない組み合わせが来ちゃって、たいして付かなかったよね~。あの日は、午前中に同じ中山ダート1200mで、万馬券が当たったでしょう?

;中山2Rですね。本命が勝って馬単138倍が4点目的中でした。

;短縮が3着以内を独占して、2着にエスポワールシチーの内枠の短縮が来たんだよ。

;エスポワールシチーは、珍しいダートのC系なんですよね?


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


 

;だから混戦の内枠は向くんだよ。で、あのレースは予想で評価した馬の中で、先行馬で3着以内を独占したんだ。

;そうでした。4着も上位評価でしたが、差し馬なので届きませんでしたよね。

;その馬は内枠のぶん、7番手でも4着には来たけど。このレースを見て、当たったのは良いけど、同じ1200mのカペラSはハイペース差し競馬で予想していたから、ちょっと嫌な感じにはなったよ。内目が伸びる馬場なのは分かったから、ある程度前目にも行けるリュウノユキナは、余程行った行ったにならない限りは3着以内なら堅い馬になったけど、この馬場だと相手も人気の先行馬が残りそうだからね。スマートダンディーは、ハイペース短縮で外を回って差してくるのをイメージしたエンパイアメーカー産駒だったし。ハイペースでも、差し馬は内々を回らないと、もうアウトの馬場だときつくなる。

;確かに3着のオメガは、最内に突っ込みましたね。

;あの形でないと差し馬は、もう物理的にアウトだから。リュウノユキナも外に出した分だけ、勝ち切れなかった。ただ1番人気のモズが、6歳の逃げ馬で突如12キロ減だから、この時点でかなり危ないんで、馬券は絞りやすくなったよ。しかも慣れないダートだから余計にパワーを充填しないといけないケースなんで、1年以上前の馬体に戻ったら、まず無理だ。余程展開に恵まれないと。リュウノユキナは馬体重も良いし、内枠からそのまま最内を突けば差しでも間に合う馬場だから、当日は本命が馬体重と馬場で相当堅くなったんで、総合的にガツンと勝負のレースにはなったけどね。

;阪神JFは、ちょっとベルクレスタは無茶な競馬になっちゃいましたよね。

;さすがにずっと外を回って捲って4角で先頭はきついよ。そこまで強くもないんで。後方で矯めるだけ矯めて直線一気をしないと。ただ松山も、「前が壁にならないで押さえられなくて申し訳ないです」というコメントなんで、仕方ないのかな。道中、思ったよりラップが落ちちゃったから、あそこでコントロール出来なくなった感じだった。差す場合はもっと後方で注文つけて乗らないと、抑えが利かないタイプなのかもだけど。ところでS君は、本命が勝ったし、良かったんじゃない?

;相手が難しかったですよ。

;10キロ減だと買いにくいよね。まぁ1,2番人気も危ない馬体重で、他に買う馬もいなくなっちゃったレースだけど。2歳の流動的な時期だから、ああいうことも起きるけど、確率的には高くないしね。さすがにお手上げだよ。

;中日新聞杯はスローの前残りになっちゃいましたよね。僕は今井さんの対抗だった10番人気のシゲルピンクルビーからも馬連、ワイドを、取り上げてた勝ち馬にも流したんで、助かりましたよ。

;そうだったんだ。僕もシゲルからも、かなり買ったよ。当日は、とんでもない前残り馬場だったからね。その前の2000mもルメールの断然人気以外は、5着まで全部先行馬で、そのルメールも4角6番手だから。かなりのハイペースにならないと、差し馬は2クラスくらい力が上でギリギリ、追い込み馬はどんなに力があってもアウトの馬場だった。ヤシャマルは外枠の差し馬だから、ほぼ走る前からアウトだよね。一応、どっちも人気がなかったから、両方から流したけど。

;本命、対抗ともかなりの人気薄だったんで、こういうときは両方からよく流してます。日曜の竹田城なんかも、人気馬でしたが、それで170倍も馬連で付きますもんね。しかも、土曜の中京は前残り馬場でしたし。

;シゲルからは、取り上げた先行馬の8番人気ショウナンバルディと1番人気アドマイヤビルゴ、それに15番人気シフルマンの3点でかなり勝負したんだけどね~。ワイドしか引っかからなかったよ。

;ああいうときは、買い目にないシフルマンくらいまで、先行馬は買った方がよいんですかね?

;異常な前残り馬場だから、少なくとも外枠以外の先行馬は、全部買わないと怖いよ。

;なんとか僕もワイドの27倍で引っかかりましたが、まさかアフリカンゴールドとは読めませんでしたよ。

;だよね。今までずっと差していた馬が2番手に行くとは、騎手に訊かないと分かんない。これが極端な前残りバイアスが、しかもスローで発生したときの怖さだよね。スローだとどんな馬でも、出遅れなければ行こうと思え行けるんで、騎手の気持ち次第になっちゃう。先行馬か内枠以外は用なしの馬場と考えて、内の馬に総流しする戦法以外は、ちょっと無理だ。確かにステイゴールド産駒だから、差し馬は内枠以外間に合わない馬場の内枠というのは、仮に内枠なら差しでも間に合うと読むんなら、M的に有利にはなるけど。いずれにしても、前日は内が荒れて外が伸びる馬場だと思っていたから、もうお手上げだよ。

;ヤシャマルは最速上がりですし、シゲルピンクダイヤは先行馬以外で最先着ですから、外差し馬場予想なら、確かにあの予想で正解っぽいですね。

;他に上位に来た差し馬は、みんな好位か内枠だから、外枠の差しは走る前から物理的にアウトだったよ。ブリンカーつけたんだし、あの馬場なら強引にでも出していかないと。

;極端なバイアスが発生したときは、そっちの脚質の上位評価馬も買っておいた方が良いというレースでした。

;今回みたいに人気薄なら特にね。人気の場合は、あんまり点数買ってもしょうがないから、どうかだけど。

;ではデータ分析にいきましょうか。朝日杯ですが、昨年は1400mの未勝利勝ち後だった7番人気グレナディアガーズが勝ちました。

;未勝利勝ち馬は、14頭中2頭が3着以内だよ。来たのは前走1番人気1着だった馬で、このタイプだと、4頭中2頭が3着以内に走っているよ。前走は1400mで、3角2番手と5番手だった。未勝利からだから、それまでにある程度S質を活性化していないと対応出来ない危険性が出てくるという感じのデータだね。前走3角5番手以内だと、4頭中2頭が3着以内に走っている。今走は、3角3番手と15番手。それほど確率の高いステップではないのと、一気の相手強化ということもあって、極端な脚質をとって流れの外から競馬をしそうなタイプには要注意だね。後方からなら、相手強化で追走出来ないで後ろになるというよりは、行こうと思えば行けるけど、意識的に後ろ下げる位置取りショックが理想になる。ちなみに2走前は、1600mと1800mだったよ。

;2着のステラヴェローチェは、サウジアラビアRC1着後の2番人気でしたが、このタイプはいませんね。3着は、デイリー杯1着後の1番人気レッドベルオーブでした。

;デイリー杯連対馬は、10頭中4頭が3着以内だよ。来た4頭は、前走3角1~5番手。デイリー杯も緩い単調な競馬になりやすいレースだから、ある程度活性化はされていた方がベターな感じだ。実際、今回3角8番手以内になった馬だと、7頭中4頭が3着以内だから、相手強化でもある程度ついていけるタイプが面白い。2走前は、OP特別、新馬、未勝利と様々だけど、みんな1600m以下を3角4番手以内だったから、活性化はされていたよ。





この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に19年、日曜の「厳選!勝負レース」内に18年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!