今井雅宏「重賞ステップ解析」阪神JF

社交界にデビューする少女たちの晴れ舞台。
今年はアルテミスS、ファンタジーSと王道2レースの連対馬が競演。特にアルテミスSの連対馬の成績は優秀だ。

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

;今週はいよいよ2歳GⅠが始まりますね。あとカペラSも、連続で的中しているレースですよ。

;なんだかんだで、牝馬限定戦は面白いよね。

;その前に回顧ですが、先週も勝負レースで当たりました。土曜はステイヤーズSなどの的中があって、日曜は南総Sで6番人気の人気薄だった本命が勝って馬単的中もありましたね。

;南総Sのマイネルジェロディは、3歳の休み明けで馬体増だから、勝負だったよね。差しに回る予定の大知が計算より前に行ったのにはびびったけど、当日の1200mは極端な前残りバイアスで差し馬は内々でないと物理的にアウトだったから、あれでないと勝てなかったんで、結果的には良い判断だった。馬体重だと、ステイヤーズSも2キロ増で問題なかったから、勝負で良かったよ。4番人気で手頃な人気だったし。

;縦目での的中になったチャレンジCの方は、本命が「入れ込み伴う特に増えすぎ注意」で、凄い入れ込んで4キロ増ですから、ヒートオンビートからが良いですか?

;というか、ヒートも絞れないで増減無しだったから、結局当日はルメールの1番人気が堅くなっただけだったよね。ジェラルディーナは入れ込みの馬体増ももちろんあったけど、好位のインで競馬したらアウトだ。スタートで終わったと思ったよ。一回最後方まで下げて、外を回ると思って予想したんだけど、好位で競馬するとは。

;noteで書いていたやつですね。モーリス産駒は、2000mを超えると、一本調子に競馬をした方が良いというやつですよね?


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


 

;そういうことだね。せっかくの少頭数なんだから前走みたいに後方から外を追い込むか、捲るか、逃げるかだよね。延長で器用に立ち回ろうとしたら、その時点でアウトだよ。しかもインが荒れた馬場でね。

;本当に距離で馬のタイプって、変わるんですね。ステイヤーズSは、本命のアイアンバローズが、途中から強引にハナを奪いましたが、あれは正解ですか?

;うん、良い判断だったよ。想像以上にスローすぎて掛かっちゃってたから、これも器用に好位であまま競馬しようとしたら、掛かってエネルギーを消費した上にキレ負けして全く伸びなかったろうね。もともと前に行く位置取りショックを狙って本命にしていたし、ナイスな判断だった。出来れば、もう中盤くらいでペースアップして後続を離して、「オルフェーヴルラップ」に持ち込んだ方がキレ負けすることもなく、より理想ではあったけど。最後はそのぶん、田辺得意の外差しに嵌まっちゃったしね~。

;ステイヤーズSは昨年も人気薄のオルフェーヴル産駒本命で勝ちましたし、今年もオルフェーヴル産駒本命で、的中でしたよね。

;前半緩くて最終的に消耗戦になる、オルフェーヴルのラップになりやすいという、レース構造はあるよ。

;あとチャンピオンズCは、びっくりのスローになっちゃいましたね。

;あのメンバーでスローとは読めないよね~。オーヴェルニュはペースが上がらないと厳しいよ。先行すれば別だけど、福永もここは差しに回ったのは仕方ない。普通、誰もがペースアップすると思うからね。この馬は差すことも出来るけど、ペースダウンで差しに回ると器用さがないのと、加速に時間が掛かるから、ごちゃついて終わりなんだよ。それが前走の敗因だったから、今度はペースアップしてばらけて、前走と違う得意の展開で気分良く感じて、体力を全開に出来るという読みだったけど、スローで馬群の中だと、前走同様、ああいう競馬になるタイプだ。差す場合は、ごちゃつくと加速出来ない馬だからね。

;アナザートゥルースが激走しなければ、3連複は5点目ですが的中でしたけどね~。

;メンバー的に、アナザーの、まさかスローでの前残りという展開は読めなかったから、諦めはつくけどね。

;当日LINEで、「インティが馬体絞れて状態絶好だし、差し馬場になったから、一番美味しいね」って盛り上がってましたし、かなりインティを買ってたんですよね?9番人気でしたし。

;この日の中京はかなり深い砂での差し馬場だったから、ハイペースならインティの追い込みが一番面白かったんだけどね。だからスタートで2番手になったときは、腰を抜かしたよ。「なんで差し馬場を行っちゃうの」って。あの瞬間に、インティは消えたと思ったよ。

;今回は、前は駄目なんですか?

;インティを対抗にしたのは、一か八か、今回はかなり後方まで下げると思ったからだよ。馬はステージを変えると、しばらく鮮度を維持する。脚質転換でもね。南総Sのマイネルも差しに回るステージ変化も、本命にした理由だったしね。あの馬は若いからまた少し話が違うけど。インティは3走前から差しに転じて、ステージ変化があったんだ。もう7歳だし、昨年と同じ先行では、展開にかなり嵌まっても昨年の3着までが限界だよ。差しに回ることでステージ鮮度がクリアされたというのが大きかったんで、評価したんだけどね。ただこのペースで抑えたらたぶん掛かるだろうから、流れがペースダウンした時点で、八方ふさがり、アウトの馬だったわけだけど。

;結局予想上位4頭中人気の2頭で決まりましたし、ペースが緩むとあの2頭で仕方ないという感じですかね?

;先行馬にはまともなのがいなかったし、当日は差し馬場だったしだね。勝った馬は馬群を割れるんで、ごちゃついても大丈夫なのもあるけどね。

;では阪神JFのデータ分析にいきましょう。昨年はアルテミスS1着後の1番人気ソダシが勝ちました。

;アルテミスS連対馬は、14頭中7頭が3着以内だよ。前走3角9番手以内だと、10頭中7頭が3着以内。アルテミスSはやや単調だからね。やっぱりある程度アクションを起こして、活性化している方が良い。消えた3頭の中には1番人気になった馬もいるけど、その馬は今回4角でも14番手。相手強化で追走に一杯で後ろになりすぎちゃうような馬は、リスクがある。前走逃げた馬も、2頭中1頭が消えているけどね。Mの基本として、極端な脚質で連対した場合は、ストレスの心配はあるよ。前走逃げて今回来た馬は、前走が連対といっても1番人気2着と人気を裏切っていて、疲れが少なかったし。

;2着のサトノレイナスは、1600mの1勝クラス勝ち馬でした。

;1600mの1勝クラス連対馬は、17頭中4頭が3着以内だよ。連対馬といっても、17頭とも1着馬で、2着馬の出走例は10年以降はないけどね。来たのは、京都内回り1頭と中山2頭と東京1頭。東京だと5頭中1頭で、中山は4頭中2頭だから、1勝クラスの1600mだけに、ある程度忙しい条件を走って活性化されていた方がベターかもね。実際、今回3角9番手以内になった馬だと、11頭中4頭が来ているよ。ただ前走逃げていた馬は4頭とも消えていて、それまでに揉まれた経験があるか、ある程度矯められるタイプがベターかな。あと、2走前が新馬の馬は、5頭中3頭が来ていて、鮮度の高い馬も怖い。来たもう1頭も、3走前が新馬だったしね。

;3着のユーバーレーベンは、アルテミスS9着後の6番人気でした。

;アルテミスSで連を外した馬は、17頭中2頭が3着以内だよ。来たもう1頭は、5着後だった。来た2頭は、前走3角10番手以降。前走3角10番手以降だと、6頭中4頭が4着以内には好走している。もう1頭、4着に来た馬がいて、その馬は前走3番手で今回は17番手。いつものように、確率の低い巻返しステップだけに、極端な脚質が嵌まらなかったタイプ、大胆な位置取りショックを仕掛けて来そうなタイプが怖いという構造で、特に後方侭だった馬が相手強化のペースアップで自然に差しが嵌まるパターンには注意。あと来た2頭は、2走前に重賞で連対してそのストレスで連を外したタイプ。4着にもこのタイプが1頭来ているよ。あとの4着に好走した2頭は、新馬だった。これもMの基本パターンの1つで、リズムのある馬、つまりとびきり鮮度の高い馬か、ストレスの薄れた実績馬に注意というパターンになるね。





この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に19年、日曜の「厳選!勝負レース」内に18年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!