今井雅宏「重賞ステップ解析」阪神JF

阪神JFのステップはアルテミスSが優秀だが、新馬戦からのステップも見逃せない。疲労が少なくキレるタイプに注目だ!





あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!


さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!

 

◆馬券の買い方について
今井雅宏の予想には買い目の掲載がないため、
競馬予想GPでは今井雅宏推奨の馬券の買い方(馬連6点、馬単6点、3連複6点、3連単21点)に則って的中判定、回収率の計算を行っており、
それに基づいた的中を的中情報として取り上げています。

 

;週末にいよいよ亀谷さんとの新刊が出ましたね!読みましたよ~。思った以上のボリュームでしたけど、あの対談、後半はああいうふうだったんですね(笑)。今までと少し違った視点の話もいろいろあって面白かったです。

;辞典とかとはまた違った角度から競馬を眺められる面白さが出ると良いなぁと思ったのも、この企画にはあったんだよ。あと連載にはなかったデータもいろいろ載せているから、使いやすい本になったと思うよ。noteの方でも、とりあえず本の雰囲気を書いておいたから参考にしてね。

;今週ですが、土曜の中日新聞杯は昨年5番人気だった本命キラーアビリティが勝ちましたし、日曜のカペラSも20年は3連複縦目での的中でしたが近4年中3年で当てていますし期待してます。

;先週はあまりフィットしなかったんでリベンジしないとだよ。土曜の中京4Rの馬単96倍も相手が最後に取り上げた馬だったしね。

;日曜勝負レースの南総特別も単勝6倍の本命が勝ちましたが、相手がとんでもない馬の逃げられなかった逃げ馬でしたよね~。

;もう一つの勝負レースだった元町Sの本命がアウトの馬体重だったんで、こっちに集中して勝負すべきレースだったんだけどね。

;7番人気のロードカナロアですよね。2年以上前の2歳時まで減っちゃいました。

;だから本命の馬体重が問題ないこっちの南総特別でこういうときはしっかり勝負だよ。しかも1番人気の馬体重が当日アウトだったから、余計にこの馬からしっかり買っておきたい。

;前に言っていた単勝の替わりの馬単総流しも、こういうときは強烈ですよね。

;相手が内枠で揉まれる予定のルーラーシップの差し馬が、突然2年以上ぶりの逃げの位置取りショックは読めなかったね。ハイペースでも前が残ったり、開幕特有の難しさはあったよ。でも馬場が荒れているわけではないんで、開催が進んだ方がこなれて当てやすくなりそうな感じの馬場だったのは良かったね。それと、中京のダートが芝よりだった。

;中京10Rは予想上位4頭が4着以内独占で、同着だったので3連複は2つとも的中でしたね(笑)。3連単万馬券も当たりました。

;8番人気の本命がロードカナロアで、同着の4番人気がハーツクライ、勝ったのもロードカナロアだったんだ。2Rもロードカナロアが勝ってるしね。つまり芝質のダートになったというこだ。

;新刊でもその話をしていましたね。

;最近は芝質の、軽いダートになることが結構多くなったんだよ。

;それでよく、以前以上に芝からダートを狙って万馬券とかを当てているわけですよね。

;その中でも日曜の中京は強烈な芝質のスピードレースだったね。だからバリバリのダート中長距離血統は厳しくなって、マイラーの勝ち馬と、2,3着には人気薄の芝血統が来たという結末だった。
ただチャンピオンズCはそれ以前に買いたい馬が全くいなかったんだ。一番無難に思える内枠のテーオーケインズはカテゴリーストレスが高い上に重いレース質を使いすぎている。川田の馬も似た感じだよね。
セラフィックはヘニーヒューズの外枠で1800mGⅠが気になる。レモンポップは逃げ馬の多い外枠なんで、外々回ると厳しい。例年、外々を回った馬はその時点でアウトのレース質だからね。延長の逃げで、外々回らないで済む形を全く想像してなかったのが失敗だったけど。
で、結局何もいなくなって、13番人気のアーテルアストレアにしたけど隣の12番人気ウィルソンテソーロの方だった。アーテルは調教が悪すぎたのがGⅠの前でどうかと心配だったけど、4キロ増で結局その懸念が出て疲れが残っていた感じだった。
ウィルソンテソーロはM的には買える馬なんだけど狙えなかったね。鮮度が高くてリズムも良い上にストレスも少ない。M的にはベストだよね~。ただ前走以外で唯一凡走したのが中京だったということで、競馬常識が邪魔をして詰めの甘い予想になった。まぁ中枠をひいて好位馬群で揉まれるのを嫌ったのが一番大きいんだけど、追い込みに回る位置取りショックで全てを解消した。
それと極端に芝質な馬向きのスピード馬場だったということが決め手になったよね。昨年の1,3着馬もそうだったように芝血統は鮮度の高いときのダートは走る。その意識がやや希薄だったところに馬場が追い打ちをかけたよ。

;では今週は阪神JFのデータ分析ですね。新種牡馬も出てくるので気になります。新刊にも解説が少しありましたよね。

;補足で1,2頭、あとでnoteに書いておこうか。次回どんな内容にするか、まだ詳しくは決めてなかったから(笑)。

;それも楽しみですね。

 

▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ

 

;あと今回の本は種牡馬の解説を通して、競馬の構造、本質を二人で問い直すというのが隠れた趣旨でもあるから、その辺も読み取ると面白いと思うよ。

;じっくり読み込んでおきます。それでは阪神JFのデータ分析にいきましょうか。昨年はアルテミスS2着後の1番人気リバティアイランドが勝ちました。

;アルテミスS連対馬は、18頭中9頭中が3着以内だよ。数が多いからとりあえず位置取りで分けようか。
;今回の該当馬は6番手でしたね。

;なら3角4~9番手くらいで見てみると、9頭中6頭が3着以内だよ。来た6頭の今回は3角8~15番手と様々。ただ4角で14番手以降になった馬は2頭とも消えて、7番手の馬も消えているから注意は必要だ。4角で8~13番手だと6頭とも来ていて、相手強化で置かれ過ぎちゃう馬、あるいは逆に相手強化で積極的に乗り過ぎちゃう馬だとリスクはある。
2走前も新馬~重賞と様々。来た6頭の3走前は、新馬かまだデビューしてないキャリア2戦だった。唯一重賞だった馬は消えていて、蓄積のカテゴリーストレスがあり過ぎるのもよくないね。ただ2走前が新馬だった馬は5頭中3頭が3着以内と、若干このステップとしては率が落ちているけど。その来なかった2頭は、2走前が7月上旬以前の新馬戦。その2頭が今回4角14番手以降になってしまった馬だよ。
差し馬のデータだから、活性化が弱すぎてついていくのにエネルギーを使いそうな馬は少し怪しい。つまりカテゴリーストレスが薄くて、かつそれなりに活性化の記憶が強い馬が一番有利になっている。まぁどんなレースでもそういう馬は有利ではあるけど。

;2着シンリョクカは、1600mの新馬勝ちでした。

;1600mの新馬勝ちは、18頭中6頭が3着以内だよ。来た馬は、前走4番人気以内でこのタイプだと13頭中6頭が3着以内。ある程度激走でなく、疲労の少ない馬がベターかもだよね。
前走の位置取りは3角2~8番手と様々。ただ8番手の2頭は14頭立て以上だから、そんなに後ろでもない。前走4角4~7番手の馬だと9頭中5頭が3着以内で、どちらかというと正攻法で競馬をして勝ち切った馬がベターな感じだ。2番手から来た馬も、つまりこの馬のことだけど、2番手とはいえ上がり33.4秒で勝っていて今回は3角8番手だから、矯めようと思えば矯められる、キレるタイプの方がベターになる。
実際、今回も3角8~17番手で、全馬差していた。シンリョクカももし差しに回る位置取りショックを掛けなければ厳しかったろうね。ただ該当全馬が差していたから、前に行ってどうかは分からない。
あと今回3角7~9番手になった馬は4頭中3頭が来ていて、相手強化でも中団で競馬出来るだけの機動力のある馬は要注意だ。残り2頭は逆に今回17番手で、後ろに回るなら中途半端でなく徹底的に回っての展開待ちが怖い。

;3着ドゥアイズは、札幌2歳S2着後の10番人気でした。ただ今年は札幌2歳S組はいないので、前年にいきましょう。

 

この続きは週末のメニューで!

土曜の「厳選!勝負レース」に21年、日曜の「厳選!勝負レース」内に20年分が掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!

 

◎馬券の買い方について
馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位

買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。