奥田隆一郎×御池善太郎による対談式コラム「有馬記念」

「直結式馬券術」奥田隆一郎と「勝負ジョッキー」御池善太郎。
御池がデビューする前から交流のあった二人がそれぞれの観点から今週行われる重賞を解説します!

【奥田隆一郎の重賞の見解:有馬記念編】

編集者(以下、編) いよいよ年末の大一番がやってきました。土曜は奥田さんが得意にしている阪神カップ、そして日曜は有馬記念が行われます。

奥田隆一郎(以下、奥) 土・日ともに楽しみなレースが目白押しだね。
 
編 はい!このコラムでは有馬記念の推奨馬をお聞きします。さっそくですが、有馬記念が行われる中山芝2500mのコース解説からお願いします。

奥 中山芝2500mは外回りの3コーナーにスタート地点があり、その後は内回りを使用してコーナーを6度も回ってコースを1周半していく。内回りコースをクルクル回って最後の直線に急坂が控えているため、下級条件は好位の先行馬が有利となるが、有馬記念はフルゲートのうえにレースの流れが厳しくなり、マクり・追込が決まりやすいレースといえる。

編 なるほど。差し馬に注目ですね。

奥 それから近5年の有馬記念の勝ち馬を見て気づくのは、3歳牡馬が3勝、古馬牝馬が2勝を挙げたこと。古馬の牡馬はジャパンCを目標にすることが多く、有馬記念は3歳牡馬と古馬牝馬の争いになりやすい。今年もイクイノックスがジャパンCを制して有馬記念に出走せず、近5年同様に3歳牡馬と古馬牝馬に大きなチャンスがきたね。

編 たしかに、そうですね。このコラムでは2頭を推奨してもらいますが、3歳牡馬と古馬牝馬から各1頭を推奨してもらえると、ありがたいです。

奥 OK!まずは3歳牡馬から、ソールオリエンスを推奨する。

編 ソールオリエンスは、皐月賞馬です。

奥 ソールオリエンスは、今回の舞台である中山芝コースを得意にしている。直結コースの中山芝2000mはデビュー2戦目で重賞の京成杯を制し、続く皐月賞で最後方から上がり最速で差してGⅠ制覇を達成した。

編 追込脚質で近2走は差し届かずに2~3着まででしたね。

奥 近5年の有馬記念を見ると差し・追込馬が優勢であり、中山芝コースで鋭い末脚を使えることが大きな武器になる。前走の菊花賞は距離が長くて善戦までだが、距離短縮と得意な中山替わりを活かして変わり身を警戒したい。

編 わかりました。次の古馬の牝馬からの推奨馬は?

奥 スルーセブンシーズを推奨する。

編 スルーセブンシーズは、宝塚記念の2着馬です。

奥 スルーセブンシーズは、直結コースの阪神芝2200mで宝塚記念を10人気2着に激走した。宝塚記念は直線ではさまる不利を受けており、切り替えてから上がり最速の末脚でイクイノックスのクビ差2着を評価、この好内容から直結コースに対するコース適性の高さがわかる。

編 宝塚記念の結果は、有馬記念に直結するんですね。

奥 そうだね。4年前と3年前に宝塚記念を勝利した牝馬が有馬記念を制している。今年も宝塚記念を激走した牝馬に該当する、スルーセブンシーズに有馬記念での好勝負を期待するよ。

編 わかりました。このレースの予想の最終結論は、日曜分の「直結式 重賞予想」で公開されます。「直結式 重賞予想」では、予想の印、推奨買い目(3連複、3連単)、推奨馬の見解が提供されます。是非、ご覧ください。

【奥田隆一郎の「直結式 重賞予想」はコチラから】

【御池善太郎の穴騎手!有馬記念編】

編集者(以下、編) ついに有馬記念がやってきました。今年の総決算ということで、よろしくお願いします。

御池善太郎(以下、善) みなさん大注目のレースと思うので、いい予想ができるように頑張ります。

編 有馬記念は中山芝2500mで行われます。このコースを得意にしている騎手を教えてください。

善 中山芝2500mの騎手ランクがSかAになる騎手が、このコースを得意にしていますが、今年の有馬記念はSかAになる騎手が9人参戦しています。

編 さすがGⅠレースだけあって一流騎手が集まるため、該当騎手が多くなりますね。

善 そうですね。このコラムでは、この中から2人を推奨したいと思います。

編 まず、1人目の推奨騎手は?

善 ルメール騎手を推奨します。

編 ルメール騎手は、スターズオンアースに騎乗します。

善 ルメール騎手は、昨年の有馬記念をイクイノックスで勝利しましたが、2年前3着、3年前3着に好走。有馬記念を3年連続で馬券になりました。

編 有馬記念で好成績の騎手ということですね。

善 今年はスターズオンアースに騎乗しますが、この馬にルメール騎手が初めて乗ったオークスでGⅠ制覇しました。その後もGⅠレースばかり出走して、すべて馬券圏内に好走、騎手と騎乗馬が好相性のコンビです。

編 前走は乗り替わって3着でしたが、今回ルメール騎手に戻ります。

善 ジャパンCは1着イクイノックス、2着リバティアイランドですから、この馬の3着は好走といえるでしょう。今回はジャパンCの1~2着が出走しないので有利、乗り慣れたルメール騎手に鞍上を戻して好勝負を期待します。

編 わかりました。次に2人目の推奨騎手は?

善 横山和生騎手を推奨します。

編 横山和生騎手は、タイトルホルダーに騎乗します。

善 横山和生騎手とタイトルホルダーのコンビは、中山芝2500mの重賞の日経賞を2勝しています。

編 同じコースの重賞を勝っているのは評価できますね。

善 そうですね。その他のコースは、GⅠレースの天皇賞(春)と宝塚記念を勝利しており、騎手と騎乗馬が好相性のコンビです。

編 前走のジャパンCは5着でした。

善 今年の秋は中山のオールカマーを2着後、東京のジャパンCを5着でした。東京よりも中山芝コースの方が合うタイプなので、中山に戻ることが良い材料です。

編 前走以上を期待できるということですね。

善 はい。中山芝コースに替わることや、逃げ・先行馬に有利な好枠からの発走となり、横山和生騎手の継続騎乗で好勝負を期待できます。

編 わかりました。この重賞の予想の結論は、日曜分の「重賞予想1レース」で公開されます。「重賞予想1レース」では、予想の印、推奨買い目(馬単、3連複、3連単)、推奨馬の見解が提供されます。是非、ご覧ください。



【御池善太郎の「重賞予想1レース」はコチラから】

御池善太郎の単行本 大好評発売中!
「騎手だけで100万馬券を当てる馬券術勝負ジョッキー」(秀和システム発行)
https://www.amazon.co.jp/dp/4798069779