立山輝★今週のVサインコラム「アルゼンチン共和国杯を斬る」

立山輝 重賞展望

★今週のVサインコラム★

「アルゼンチン共和国杯を斬る」

アルゼンチン共和国杯の目的は何か。過去にはゴールドアクター・シュヴァルグラン・スワーヴリチャードなどここをステップにG1を制したり、連対していく馬たちを輩出している。傾向を見ていきたい。

「オープン特別または3勝クラス勝ち上がり馬(連対馬)を狙え」

2019
3着アフリカンゴールド 六社S1着
2着タイセイトレイル  丹頂S3着

2018
2着ムイトオブリガード 六社S1着
3着マコトガラハット  六社S3着

2017
2着ソールインパクト  六社S3着

2016
3着ヴォルシェーブ   日本海S1着

2015
1着ゴールドアクター  オクトーバーS1着

となっている。ここからの推奨馬は

◎◎バレリオ

また3歳馬は重賞ウイナーが連対馬バターン

◎◎◎◎◎オーソリティー 青葉賞1着 

この馬も軸馬候補だ。サインの太刀筋ではさらに深く深く解析したいと思います。

★先週の的中回顧★
東京11R天皇賞秋
<解析>
◎アーモンドアイ
正逆3・4番が連対トレンドの4回東京開催。逆4番配置で前日連対騎手ルメール騎手騎乗のアーモンドアイがG18勝をあげる自生天皇となる。コントレイルが無敗の3冠馬になった。父ディープインパクトが無敗の三冠馬となった時の天皇賞秋も牝馬へ分離―ロマンスが勝利。次代を繰り返すのがJRA競馬。その再現が第一のシナリオだ。

▲クロノジェネシス
宝塚記念連対馬が連対するのも天皇賞秋の連対馬特徴。宝塚記念1・2着馬が同時出走。立山流ワイド理論に該当。クロノジェネシスが力を見せる出馬表のサインとみたい。不安材料は同枠配置だがワイド圏なら高確率で駆け込んでくるだろう。

◎アーモンドアイ
▲クロノジェネシス
△フィエールマン

9番単 馬単▲9=6 三連単まできっちり

★先週のVサインコラムもしっかり★

「天皇賞(秋)を斬る」
菊花賞はこのサインの太刀筋にて、黒の3番コントレイルを二分の一でビンゴ!!️今週の天皇賞(秋)もその連対指定席について解析したい。

仮説として
「G11番人気騎手が前日メインで連対すればG1連対する」
が成り立ちそうだ。視点を変えれば
「前日メインでG11番人気騎手を狙え」
も確率は少し下がるが狙っていい戦略だろう。
ここから土曜日メインもルメール騎手には気をつけたい。

 ◎ルメール騎手土日メイン結果
 「土曜日アルテミスS ククナ2着 日曜日 天皇賞秋 アーモンドアイ 1着」

 ◆視点の違う解析が私たちサイン派のデータ馬券◆是非一度お楽しみください。

★☆今週の「サインの太刀筋」はココが熱い☆★

  ●G1中盤、舞台は阪神!ここからは新しい競馬がはじまります。
  ●まずは「競馬グランプリ 立山輝」にアクセスしてください。
 
★☆単行本発売決定!まずはアマゾンへGO☆★

秋の伊藤雨氷氏単行本が発刊!立山担当分重賞レースリンク表など多くのサインが公開されています。「2020オールカマーから2021阪神大賞典」までの全重賞サインです。頼れる一冊です。また2020秋から2021春までの単行本発行が決定!!現在原稿進行中、秋には皆さんの手元に。楽しみにお待ちください。

★★アナグラムサインはここで公開★★ 
いよいよG1秋競馬真っ盛り10月最新刊
「競馬大予言」秋G1競馬号(笠倉出版)にていよいよ秋G1の解析中心に公開
 ●立山輝、書下ろしの重賞アナグラムサインを掲載、ぜひご一読ください。

◎アナグラムサインとは(サインの太刀筋に詳しく書いております)
「立山輝の「アナグラム連対サイン」は「レース連対馬は、連対サインとなる決まった文字を持っている」をベースに馬券を組み立てるサイン戦術です。競馬へのアプローチが変わります。驚異の連対馬指名率、最新刊をゲットしご確認ください。」

★☆G1期「立山輝のオペレート競馬コアな予想」京都三条ラジオカフェにて放送!★☆
  放送は現在夏の放牧中、再開は10月第一週金曜日深夜25:00~
  ▲まずは「立山@輝」Twitterか「ラジオカフェ」ホームページへ★☆
  
 「サインは続く、信じて狙う」 
      ~数多くのサインを愛する人のために~    立山@輝