高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(22/8/20.21)

【日曜札幌9R クローバー賞】
★ジョリダム(牝 2020 父カレンブラックヒル 母父ダイナマイトダディ)
◎成績:[2.1.1.0]
◎牝系:FNo.5-h(地力系)~母マイダイナマイト(オパールC)、兄弟ショウナンカザン(シルクロードS2着)
◎コメント:指数は平凡。ハナ切って有力馬の捌き遅れに恵まれた。

【日曜小倉11R 北九州記念(G3)】
★ボンボヤージ(牝 2017 父ロードカナロア 母父ディープインパクト)
◎成績:[5.1.0.14]~北九州記念(G3)
◎牝系:FNo.16-g(地力系)~母ディープインアスク、兄弟ファンタジスト(京王杯2歳S)、近親Salse(フォレ賞)、Frosted(ウッドメモリアルS)、Midshipman(BCジュヴェナイル)、Fleet Lady(エルエンシノS)、Fast Cookie(コティリオンH)、Running Tall(サイアーズプロデュースS)、Indulgent(ゴーフォーワンドH)
◎コメント:指数は平凡。最内枠をフル活用し、有力馬の差し遅れに乗じた。

【日曜新潟11R NST賞】
★ギルデッドミラー(牝 2017 父オルフェーヴル 母父Tiznow)
◎成績:[3.3.3.10]
◎牝系:FNo.8-h(極軽系)~母タイタンクイーン、兄弟Renee's Titan(サンタイネスS)、Fashion Alert(スカイラヴィルS)、ストロングタイタン(鳴尾記念)、ミラアイトーン(鞍馬S)、近親マイニング(ヴォスバーグS)、Antonella Baby(エンリケポッソーロ大賞) 、Diesmal(ベントゴンサルヴェス大賞)、Quiz Kid(エストレージャス大賞クラシック)、English Major(ブラジルジョッキークラブ大賞)、Forest Music(オナラブルミスH)、Ventura Baby(オスヴァルドアラーニャ大賞)、Big Band Sound(プレイザキングS)、Shooter(サプリングS)、Beausejour(ジョゼブアルキヂマセド大賞)、Cartola(ノヴァモンテイロ教授大賞)、Kentuckian(ラザロバレラメモリアルS)、Electric Forest(ダブルドッグデアS)
◎コメント:指数はボチボチ。極軽ダートで持ち味の斬れを発揮。

【日曜札幌11R 札幌記念(G2)】
★ジャックドール(牡 2018 父モーリス 母父Unbridled's Song)
◎成績:[7.2.0.2]~金鯱賞(G2)、札幌記念(G2)
◎牝系:FNo.4-k(バランス系)~母ラヴァリーノ、近親Musical Chimes(仏1000ギニー)、Mystic Guide(ドバイWC)、It's in the Air(アラバマS)、ストーミングホーム(英チャンピオンS)、Music Note(CCAオークス)、Alverta(クールモアクラシック)、Glencadam Gold(ザメトロポリタン)、State of Rest(コックスプレート)、Slip Stream(ベルリンブランデンブルクT)、Porte Bonheur(ファーストフライトH)、Aerobatics(ダーレークラウン)、オンエアー(いちょうS2着)
◎コメント:指数は上々。淀みない流れで捲る馬もなく、スムーズに番手チョイ差し。