今井雅宏「重賞ステップ解析」フェブラリーS

先週の共同通信杯ではターエンダーを本命。
天気から馬体重、そして位置取りまでピタリ読み通りで、馬連2,580円、3連複2,460円、3連単16,600円的中!
今週はもちろん今年最初のGⅠ、フェブラリーSのステップを解析。
まずは去年の1~3着馬のステップ、東海S、東京大賞典、根岸Sという王道のステップから見ていこう。

キムラヨウヘイ フェブラリーSの有力馬診断

▽モズアスコット牡6ルメール57矢作(栗東)
血統的な話をすると、フランケル産駒の全弟ノーブルミッションはアメリカで種牡馬入りして、ダートG1好走馬を輩出中。血統的なバックボーンとしては、ダート馬輩出でも何ら不思議ではないというコトかも知れません(ノーブルミッション産駒の日本での好走もダートのみ)。

ただし、前走根岸Sでの激走はダート適性の賜物なのかと言えば否と見ます。
逆説的に言えば、4歳秋から5歳秋まで8戦2好走に留まっていたのは、芝適性の有無とは関係ないはずですから…

今井雅宏の重賞ローテーションデータ表(2/22~2/23)

【2月22日~2月23日開催 ダイヤモンドS/京都牝馬S/フェブラリーS/小倉大賞典】 ※重賞ローテーションデータ表を掲載したページになります。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/2/15.16)

【土曜東京11R クイーンC(G3)】
★ミヤマザクラ(牝 2017 父ディープインパクト 母父Mr. Greeley)
◎成績:[2.1.0.1]~クイーンC(G3)
◎牝系:FNo.2-r(極軽系)~母ミスパスカリ(マーメイドS3着)、兄弟マウントロブソン(スプリングS)、ポポカテペトル(菊花賞3着)、ボスジ
ラ(芙蓉S2着)、近親ブロートツウマインド(ミレイディH)、クロフネ(NHKマイルC、ジャパンCダート)、Bella Bellucci(アスタリタS)、ティンバレス
(エンプレス杯3着)、アドマイヤメジャー(朝日CC3着)
◎コメント:指数はイマイチ。兄は中長距離馬だったが、牝馬でむしろスピードタイプに。

中央競馬 2/15~2/16ダイジェスト

今井雅宏
共同通信杯で万馬券!
上がり勝負に不安のある本命のビターエンダーが前に行く位置取りショック、さらに馬体重までほぼ理想通りと完璧なレース。おそらく向こう正面あたりでガッツポーズが出たことだろう。そのまま2着に粘り馬連2,580円、3連複2,460円、3連単16,600円的中!