今井雅宏「重賞ステップ解析」セントライト記念

今週は4年連続で本命が勝っているセントライト記念!
昨年の勝ち馬バビットのステップであるラジオNIKKEI賞連対馬は抜群の成績、サトノフラッグのようにダービー二桁着順の馬も意外と悪くない。
さあ、5年連続1着なるか??

キムラヨウヘイ セントライト記念の有力馬診断

▽アサマノイタズラ 牡3 田辺 56 手塚(美浦)
まずは2走前皐月賞時の有力馬診断を参照↓
『2走前水仙賞はドン詰まりのボーンヘッドでの敗戦。
そして前走スプリングSでは、若手騎手や下位騎手にありがちな話ですが、その二の舞だけは避けようと強気の騎乗が指示されて、その陣営の指示を遵守して逆に強気過ぎる騎乗をして負けるというお粗末な結果。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/9/11.12)

【土曜中京11R エニフS】
★ジャスパープリンス(牡 2015 父Violence 母父Bernardini)
◎成績:[6.2.3.15]
◎牝系:FNo.19-b(バランス系)~母Ambitious Journey、近親Blushing K. D.(ケンタッキーオークス)、Electronic Unicorn(チャンピオンズマイル)、Ambitious Cat(ダンススマートリーS)、Dothraki Queen(ポカホンタスS)、Balletomane(プリンセスS)、フィフスペトル(京成杯AH)、Share the Ride(ジェネラルジョージS)
◎コメント:指数は平凡。逃げ馬をチョイ差しして連覇達成。

★立山のVサイン★「セントウルSを斬る」

★立山のVサイン★
「セントウルSを斬る」
スプリンターズステークス前哨戦の重要なキーレース。本番に向けていい走りをしたいメンバーが揃う‥

さつまの重賞ステップ「セントウルS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週から秋競馬の開幕となり、中山と中京の2場開催に移行する形となりますが、初週からセントウルS、紫苑S、京成杯の3つの重賞が発走を迎えます。

今井雅宏「重賞ステップ解析」京成杯AH

先週は得意の北海道開催を締めくくる大的中!
土曜札幌8Rで3連複27,470円の万馬券が4点目的中、3連単245,620円20万馬券も的中させ週間回収率407%
舞台は中山&中京に移るが、開催の変わり目もまたMの法則が真価を発揮するとき。
今週は京成杯AHのステップを解析します!

キムラヨウヘイ 京成杯AHの有力馬診断

―アカノニジュウイチ 牝4 横山典 53 尾関(美浦)
3歳春はマイル超路線を歩んでいましたが、気性的に距離を保たすのが難しくなり[1400m→1200m]と距離を縮めつつ走れているという近況。
前走も距離1200mのHペースで展開も向いて勝ち切ったという形で、そこから一気の2F延長というのは大きなハードルになりそうで。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/9/4.5)

【土曜札幌11R 札幌2歳S(G3)】
★ジオグリフ(牡 2019 父ドレフォン 母父キングカメハメハ)
◎成績:[2.0.0.0]~札幌2歳S(G3)
◎牝系:FNo.19(バランス系)~母アロマティコ(クイーンS2着)、兄弟アルビージャ、近親インティライミ(京都新聞杯)、アルバート(ステイヤーズS3連覇)、アンデスクイーン(レディスプレリュード)、オーバーザウォール(福島記念)、サンバレンティン(福島記念)
◎コメント:指数はボチボチ。牝系的にはむしろ小回り向きで、淀みない流れで渋太さをフル活用。

★立山のVサイン★「小倉2歳Sを斬る」

★立山のVサイン★
「小倉2歳Sを斬る」
●連対パターンA
「小倉1200M芝 新馬戦1番人気勝ち 1戦1勝馬を狙え」

今井雅宏「重賞ステップ解析」新潟記念

先週はキーンランドCで7番人気のエイティーンガールを軸に馬連4,550円的中!
新潟記念は昨年七夕賞組のワンツー決着。今年も登録馬がいるがはたして?
昨年3着馬と同じ準OP勝ちの馬も要チェックだ!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/8/28.29)

【土曜新潟11R BSN賞】
★ブルベアイリーデ(牡 2016 父キンシャサノキセキ 母父ストーミングホーム)
◎成績:[6.5.1.17]
◎牝系:FNo.9-h(バランス系)~母シルクシンフォニー、近親マーベラスサンデー(宝塚記念)、ロイヤルシルキー(クイーンS)、Regal Embrace(クイーンズプレート)
◎コメント:指数は上々。内枠で距離延長をこなしたし、3走続けて高指数をマーク。

立山輝★立山のVサイン★「キーンランドカップを斬る」

★立山のVサイン★
「キーンランドカップを斬る」
夏の札幌開催終盤に行われるスプリント戦、秋のスプリンターズSでも連対馬を輩出よりもサマ―スプリントシリーズの行方を決定する戦いの様相が強い。つまりスプリントの覇者を目指す実力馬にとっては、ステップ戦であり勝負は次走とみて予想を組み立てる必要があるようだ。

さつまの重賞ステップ「新潟2歳S&キーンランドC」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週はキーンランドCと新潟2歳Sの2重賞が日曜日にありますね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」キーンランドC

先週は札幌記念で◎マイネルウィルトスが11番人気4着となんとも惜しい結果に!
北海道開催も残りわずか。今週はぜひリベンジといきたいところだ。
早速キーンランドCの好走パターンを解析していこう。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/8/21.22)

【日曜札幌9R クローバー賞】
★ラブリイユアアイズ(牝 2019 父ロゴタイプ 母父ウ゛ィクトワールピサ)
◎成績:[2.0.0.0]
◎牝系:FNo.7-f(地力系)~母オープンユアアイズ、近親Adayar(英ダービー、キングジョージ)、アーウ゛ェイ(フラワーボウル招待S)、National Defense(ジャンリュックラガルデール賞)、Anna of Saxony(パークヒルS)、アンナパラリーウ゛ァ(オマール賞)、Anna Salai(グロット賞)、サトノラディウス
◎コメント:指数は上々。展開に恵まれた逃げ切りだが、血統的な成長力に期待。

★立山Vサイン★「札幌記念を斬る」

★立山Vサイン★
「札幌記念を斬る」
夏のスーパーG2「札幌記念」今回もラヴズオンリーユー・ブラストワンピースそして白毛のレジェンド馬ソダシが登場。名馬たちで決着しないのがこの札幌記念。まだ見ぬ秋飛躍馬を輩出する指名戦でもある。

今井雅宏「重賞ステップ解析」札幌記念

今週はMでも毎年盛り上げるレースの一つ、札幌記念。早速ステップ別の解析と行きたいところだが、今年は有力馬にあまり例のないステップが多いため、雑談を中心に(笑)
先週ヒュミドールが激走したオルフェーヴル産駒の狙い時、そして直線競馬で大注目の種牡馬を紹介します!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/8/14.15)

【土曜札幌10R コスモス賞】
★トーセンウ゛ァンノ(牡 2019 父ウ゛ァンキッシュラン 母父ファンタスティックライト)
◎成績:[1.2.0.1]
◎牝系:FNo.20-a(極軽系)~母トーセンソニア、兄弟ホワイトソニック、近親Zama Hummer(プライオレスS)
◎コメント:指数は平凡。配合的には距離伸びて良く、極軽FNだけに少頭数の落ち着いた流れも向いた。

立山輝★立山流Vサイン★「関屋記念を斬る」

★立山流Vサイン★
「関屋記念を斬る」
秋の天皇賞やマイルチャンピオンシップなどにつながっていく出世レース関屋記念。今年のメンバーは少し手薄な気がするが夏を経た馬の飛躍は大きい。解析してみよう

さつまの重賞ステップ「関屋記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週から札幌、新潟、小倉の3場開催になりますね!
新潟と函館の2場が続いていたので、久しぶりの3場開催な分負荷は掛かりますが、やはり物足りない部分も少しはあったと思うので、しっかりと準備して3場に対応していけたらなと思います。

キムラヨウヘイ 関屋記念の有力馬診断

△アトミックフォース 牡5 武藤 56 武藤(美浦)
まずは2走前メイS3着時の◎見解を参照↓
『昇級初戦だった昨年新潟大賞典2着とその次走エプソムC5着は共に好内容。
新潟大賞典の当日馬場傾向はやや外優勢・やや差し有利で、そのバイアス下で平均以上のペースで逃げて2着は地味に強い内容。勝ち馬トーセンスーリヤがその後宝塚記念健闘、4着ブラヴァスがその後重賞勝利という相手関係からも強調できます。
エプソムカップの当時馬場傾向は内有利。上位3頭は全て最内を立ち回った馬が占める中で、コノ馬の先行競馬でありながらも直線で内を明け渡すコース取りはやや不利があった感…

今井雅宏「重賞ステップ解析」関屋記念

昨年はエプソムCから挑戦したサトノアーサーとアンドラステが1、3着。まずはこのステップを中心に解析!
また先週3連単10,570円の万馬券を2点目で的中させた直線競馬についても解説します!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/8/7.8)

【土曜新潟9R ダリア賞】
★ベルウッドブラボー(牡 2019 父シルバーステート 母父ヨハネスブルグ)
◎成績:[2.0.1.0]
◎牝系:FNo.A5(極軽系)~母マチャプチャレ、近親Strike Gold(ベイショアS)、テンシノキセキ(セントウルS)、カレンナホホエミ(フェニックス賞)、クリノワールド
◎コメント:指数はイマイチ。時期的に例年クソ指数なことを考えれば上々とも。

立山輝★今週のVサインコラム「エルムSを斬る」

★今週のVサインコラム★
「エルムSを斬る」
タイムフライヤー・ウエスタールンドで決着した昨年のエルムS。その他の過去連対馬はG1・G2ダート戦線で常に活躍する馬たちが連対している。格の違いがポイントだ。

さつまの重賞ステップ「レパードS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は函館でエルムS、新潟でレパードSとダート好きには楽しみが多い重賞が2つあります!
個人的にはオセアダイナスティとルコルセールが再度激突するレパードSがかなり楽しみですかね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」レパードS

先週は土曜函館9Rで3連複18,650円の万馬券的中!2600mというレアな距離は今井氏の得意部門だ。
さて、今週は昨年本命のケンシンコウが7番人気1着で馬単12,800円を的中させたレパードSを解析。早速好走パターンをチェックしてみよう!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/7/31.8/1)

【土曜函館11R STV杯】
★アラタ(牡 2017 父キングカメハメハ 母父ハーツクライ)
◎成績:[4.1.0.5]
◎牝系:FNo.1-n(地力系)~母サンシャイン(愛知杯2着)、近親ジュエラー(桜花賞)、ワンカラット(フィリーズR)、Ceiling Kitty(クイーンメアリーS)、ワントゥワン(関屋記念2着)
◎コメント:指数は上々。お誂え向きの力馬場&淀みない流れで、地力を出し切れた。

★今週の立山輝Vサインコラム★「クイーンSを斬る」

★今週の立山輝Vサインコラム★
「クイーンSを斬る」
夏の牝馬チャンピオン決定戦「クイーンS」このレースの連対馬は春のG1戦線で活躍した馬が多いようだ。

今井雅宏「重賞ステップ解析」クイーンS

正攻法より大胆な戦法!?
先週は土曜函館10Rで3連単17,520円の万馬券的中など、北海道猛威を振るうMの法則!
クイーンSのステップでは3着馬と5着馬が出走するヴィクトリアマイルを中心に解析します!

キムラヨウヘイ クイーンSの有力馬診断

▽ウインマイティー 牝4 Mデムー 55 五十嵐(栗東)
昨年秋華賞の前哨戦段階から“(昨年)桜花賞Hレベル説・オークス凡戦説”を展開しましたが、オークスで全く力を出せていない自滅大敗馬の巻き返しは別として、オークスで力を発揮して善戦して注目を集めた馬(ザックリと一桁着順馬)の中で、その後に古馬オープンクラス戦で好走したのはデアリングタクト・ウインマリリン・マジックキャッスルの3頭のみです

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/7/24.25)

【土曜函館11R TVh杯】
★ウ゛ェントウ゛ォーチェ(牡 2017 父タートルボウル 母父Distant View)
◎成績:[4.1.1.0]
◎牝系:FNo.1-n(地力系)~母ランウェイスナップ、近親Southern Arrow(伊2000ギニー)、Sir Winston(ベルモントS)、Masake(ハニームーンH)、La Gran Bailadora(ケンタッキーCディスタフS)、Shanghai(フアンキャビエルスメラ賞)、ストレイラルホーク(ベンジャミンS3着)
◎コメント:指数はイマイチ。大外枠から好位外目で運んで抜け出す横綱競馬で指数以上の強さ。

★立山輝のVサインコラム★「アイビスサマーダッシュを斬る」

★今週のVサインコラム★
「アイビスサマーダッシュを斬る~序~」
いよいよ盛夏!と感じるのがこのアイビスサマーダッシュ開催の頃から。今年は一年遅れとはなったが待ちに待った東京オリンピックが開催。勝ち負けよりトップアスリートの超人的な姿や成果を楽しみに見ていきたい。アイビスサマーダッシュは陸上100M戦か水泳50M戦のようなもの。今年はどの馬が制するか楽しみな一戦だ。

さつまの重賞ステップ「アイビスSD」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週から函館と新潟の2場開催になりますね。
イレギュラーで開催が続いていた新潟の馬場がこの期間でどれ程回復しているのかも気になる所ですが、そんな中でいきなり夏の新潟開催の風物詩となるアイビスSDが発走を迎えます。

今井雅宏「重賞ステップ解析」アイビスSD

昨年1、2着馬がそのままワンツーだった韋駄天Sはかなりの好相性を誇るステップレース。なぜここまでに好走馬が出るのか、その理由をMの法則で探っていこう。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/7/17.18)

【土曜函館11R 函館2歳S(G3)】
★ナムラリコリス(牝 2019 父ジョーカプチーノ 母父マツリダゴッホ)
◎成績:[2.1.0.0]~函館2歳S(G3)
◎牝系:FNo.16-h(地力系)~母ナムラキッス、近親ナムラホームズ(豪州T)、ナムラアンカー(サラブレッド大賞典)
◎コメント:指数はイマイチ。地力系らしく、レースを使いつつ良化し、力馬場の函館で本領発揮

【土曜福島11R ジュライS】
★ケンシンコウ(牡 2017 父パイロ 母父クリプティックラスカル)
◎成績:[4.0.1.6]
◎牝系:FNo.14-f(バランス系)~母マトゥリアルカ、近親ミズノサーパス(大阪城S)
◎コメント:指数は水準。夏場は走るし、早目進出で持ち味の渋太さをフル活用

★立山輝のVサインコラム★「中京記念を斬る」

★立山輝のVサインコラム★
「中京記念を斬る」
夏のサマーマイルシリーズ第2戦「中京記念」。今年は小倉競馬場での開催と、地方重賞の特徴として変更開催の場合は、ご当地戦績を持つ馬が台頭している。このあたりは、Vサイン予想やサインの太刀筋で書いていきたい。ではもう一つの連対パターンは紹介したい。

さつまの重賞ステップ「函館記念&中京記念」

今週は日曜に行われる函館記念と中京記念を紹介!
注目の新馬は兄弟にGⅠ馬が2頭いるあの馬です!

今井雅宏「重賞ステップ解析」函館記念

いよいよ夏本番!今週は数々の的中実績がある函館記念を解析します!
注目は毎年大挙して出走するものの、本番の着順とそれほどリンクしない印象がある巴賞。
今年も5頭が出走を予定しているが、解析結果は果たして…!?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/7/10.11)

【土曜函館11R マリーンS】
★スワーウ゛アラミス(牡 2015 父ハーツクライ 母父Sligo Bay)
◎成績:[7.5.3.10]~マーチS(G3)
◎牝系:FNo.42(バランス系)~母ベイトゥベイ(ナッソーS)、兄弟デッドアヘッド、キッズアガチャー、近親Whimsy(アイオワオークス)
◎コメント:指数はイマイチ。勝負どころの反応がイマイチなのも通常通りで、そこを凌いで渋太さをフル活用。

★立山輝Vサインコラム★「プロキオンSを斬る」

★立山輝Vサインコラム★
「プロキオンSを斬る」
今後の中央・地方重賞の主軸となりし素材輩出を使命とするプロキオンS。ここでの連対馬もやはり中央や地方重賞での実績を持つ馬のようだ

さつまの重賞ステップ「七夕賞」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
先週はいつもと趣向を変えて、新馬戦にデビューする注目馬のお話をさせて頂いたのですが、アルナシームとウインピクシス2頭ともにデビュー勝ちを挙げてくれたのは少し嬉しかったです。

今井雅宏「重賞ステップ解析」七夕賞

過去の3着以内馬を見てもマイルから3000m超のレースまで、ステップは多種多様。
今井雅宏はここからどのように激走パターンを絞り込んでいくのか!?

キムラヨウヘイ プロキオンSの有力馬診断

△ウェスタールンド セン9 藤岡佑 56 佐々晶(栗東)
妹のミクロコスモスも小回りコースで一瞬の脚を生かすタイプでしたが、ウェスタールンドもダート馬ながらも同じで、短い区間の瞬発力勝負でこそのタイプ。
ですので、19年みやこSみたくなし崩し的に脚を使わされるHペースよりも、18年チャンピオンズCみたく瞬発力が生かせるSペースで相対的にパフォーマンスを上げて来ます。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/7/3.4)

【土曜福島11R テレビユー福島賞】
★アカノニジュウイチ(牝 2017 父ブラックタイド 母父Roy)
◎成績:[4.0.2.3]
◎牝系:FNo.5-g(地力系)~母データ、兄弟レノウ゛ァール(万葉S3着)、近親Blazing Bart(マイアミBCH)
◎コメント:指数は平凡。見た目に強い競馬だったが、過信は禁物か。

★立山輝Vサインコラム★「ラジオNIKKEI賞を斬る」

★立山輝Vサインコラム★
「ラジオNIKKEI賞を斬る」
菊花賞へも通じるラジオNIKKEI賞、これからの逸材を見逃すことはできないこのレースの連対馬の傾向を解析してみよう。

さつまの重賞ステップ「重賞&新馬戦の注目馬」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
まずはご挨拶からしていきますね。
先週は上半期の総決算である宝塚記念がありましたが、安めの配当ながらも自分の中では分析も含め、しっかりと構築など考えて当てることが出来たのは嬉しかったです。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ラジオNIKKEI賞

昨年は「データの例外が走る瞬間」を狙って、本命のバビットが8番人気1着!だだそれはデータを熟知しているからこそできる芸当。まずはレース傾向をしっかりと頭に叩き込んでおこう。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/6/26.27)

【土曜阪神11R 天保山S】
★ピンシャン(牡 2017 父Speightstown 母父Unbridled's Song)
◎成績:[5.3.1.5]
◎牝系:FNo.1-x(地力系)~母Beauty and Light、近親La Gueriere(QE2世CCS)、Icon Project(パーソナルエンスンS)、Lasting Approval(オークトゥリーダービー)、Munnings(ウッディースティーウ゛ンズS)、Fashion Business(デルマーH)、タイキジリオン
◎コメント:指数は平凡。直線急坂の阪神に課題はあったが、凡戦に救われた。

★立山輝Vサインコラム★「宝塚記念を斬る」

★立山輝Vサインコラム★
「宝塚記念を斬る」
春の総決算から、夏競馬唯一のG1、そして夏以降行われる海外競馬出走候補選定レースとなった宝塚記念。今回春秋グランプリを制したクロノジェネシスが登場。この馬が断然であればあるほど勝てないと見る。

前田一太・特別コラム「古馬重賞診断」宝塚記念

「自分の本を出す!」夢を叶えた前田一太が贈る、3週間限定コラムラストウィーク!
先週のマーメイドSではなんと推奨馬のシャムロックヒルが10番人気1着!
日曜日には書籍とタイアップした『トリプルバイアス予想理論』も配信します!
さあ、宝塚記念で夢を叶えよう!