高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/1/16.17)

【土曜中京10R 紅梅S】
★ソングライン(牝 2018 父キズナ 母父シンボリクリスエス)
◎成績:[3.1.0.0]
◎牝系:FNo.B3(地力系)~母ルミナスパレード、近親Sonic Lady(愛1000ギニー)、ロジユニウ゛ァース(ダービー)、ディアドラ(秋華賞、ナッソーS)、ランフォルセ(ダイオライト記念)、ノーザンリバー(さきたま杯連覇)、ジューヌエコール(デイリー杯2歳S)、Innisfree(ベレスフォードS)、High Definition(ベレスフォードS)、Hazaam(スプリームS)、Sharman(ジョンシェール賞)、Furner's Green(愛2000ギニーTR)、Mudallel(ガルフニュースナドアルシバスプリント)、モンローブロンド(ファンタジーS2着)、ノットアローン(ラジオNIKKEI賞2着)、オデュッセウス(すずらん賞)
◎コメント:指数はイマイチ。お誂え向きの淀みない流れで楽勝も、スローでは斬れ負けを懸念。

クラック「今週の重賞コラム」日経新春杯

こんにちは。
クラックです。
今週は日経新春杯に触れていきたいと思います。
1番人気はほぼ間違いなくアドマイヤビルゴになるでしょう。
武豊騎手の腰が心配ですが、武騎手とのコンビでは4戦4勝ですし重賞初勝利を期待しているファンも多いのではないでしょうか。

立山輝★今週の立山輝Vサインコラム「日経新春杯を斬る」

★今週の立山輝Vサインコラム★
「日経新春杯を斬る」

G1で連対馬、G2を制する実力馬を連対させている日経新春杯。過去にはルーラーシップ・ヒルノダムール・シュヴァルグラン・ミッキーロケットなどが連対している。今後のG2以上のレースで重要なファクターを担うのがこのレースの連対馬のようだ。

さつまの重賞ステップ「京成杯」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週から中山、中京、小倉の3場開催になりますね!
個人的には大好きな小倉開催が始まるので楽しみな開催ではありますが、先週は雪も降ったりと例年よりも早い段階から痛みも出てくる可能性ありますし、傾向の変化には注意しながら予想もしていかないとかなと考えてます。

今井雅宏「重賞ステップ解析」京成杯

先週はWマーク付きの月曜中京9Rで馬連6,970円、3連複24,370円的中!この馬場を継続してくれるなら、まだまだ随分と稼げそうだ。
今週の京成杯では前走新馬勝ちの馬が人気になりそうだが、はたして?穴を狙うなら巻き返しステップである前走1勝クラス組も一考。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/1/9-11)

【土曜中山11R ニューイヤーS】
★ミッキーブリランテ(牡 2016 父ディープブリランテ 母父Dansili)
◎成績:[5.2.3.10]
◎牝系:FNo.15-a(極軽系)~母エピックラウ゛(ウ゛ァントー賞)、兄弟ダノンザキッド(ホープフルS)、オールザワールド、近親Alcando(ビウ゛ァリーヒルズH)、サウンドデューク
◎コメント:指数は水準。望外の軽馬場と外有利なコース状態をフル活用。

立山輝★今週のVサインコラム「フェアリーSを斬る」

★今週のVサインコラム★
「フェアリーSを斬る」
このレースは
「1勝クラスマイル戦連対馬を狙え」

クラック「今週の重賞コラム」フェアリーS

クラックです。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
2020年は私にとって競馬予想GPで配信をスタートするなど様々な事があった1年でした。
今年も一生懸命に予想していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さつまの重賞ステップ「シンザン記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週には出世レースとしての位置付けを確固たるものとしているシンザン記念が日曜日に発走を迎えるのですが、舞台は中京の芝1600mになるので例年通りとは行かなそうな気もしますね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」フェアリーS

2017年には◎ライジングリーズンが10番人気1着という伝説予想もあるフェアリーS。
前走着外でも、展開がハマれば十分巻き返せる。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/1/5)

【火曜中山10R ジュニアC】
★ウ゛ェイルネビュラ(牡 2018 父ロードカナロア 母父ハーツクライ)
◎成績:[2.0.0.1]
◎牝系:FNo.4-g(バランス系)~母リングネブラ、近親Laluche(メイヒルS)、Landowner(クイーンズウ゛ァーズ)、ユーアンミー(フォワードギャルS)、ウェスタールンド(アンタレスS)、ミクロコスモス(阪神JF3着)、コズミックフォース(プリンシパルS)
◎コメント:指数は平凡。競馬内容は強かったが、相手に恵まれた感。

立山輝★今週のVサインコラム「中山金杯を斬る」

「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」
今年で予想を提供するお仕事を始めて20年を迎えます。皆様のご声援に支えられ、夜露のようにはかない競馬予想家業の中で好きな仕事をさせていただけたこと深く感謝申し上げます。今後とも他の予想家とは違った視点で競馬の本質を伝えられるよう精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。
              -立山 輝ー

さつまの重賞ステップ「中山金杯」

皆様あけましておめでとうございます!
さつまです!
昨年は締めの有馬記念と東京大賞典をなんとか的中で締めることが出来たので終わり方としては良かったです!
今年は重賞とGIで昨年以上に分析出来るようにして、皆様のお役に立てるように頑張りますので、よろしくお願い致します!

今井雅宏「重賞ステップ解析」中山金杯

阪神Cでは本命のダノンファンタジーが1着で馬単24,910円をズバッと2点目、3連単59,980円の5万馬券を4点目的中で一年を締めくくった!
中山金杯では昨年穴を開けた2、3着馬のステップをじっくりと解析。何か大的中へのヒントが隠されているかも??

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/12/26.27)

【土曜中山11R ホープフルS(G1)】
★ダノンザキッド(牡 2018 父ジャスタウェイ 母父Dansili)
◎成績:[3.0.0.0]~ホープフルS(G1)、東スポ杯2歳S(G3)
◎牝系:FNo.15-a(極軽系)~母エピックラウ゛(ウ゛ァントー賞)、兄弟ミッキーブリランテ(米子S3着)、オールザワールド、近親Alcando(ビウ゛ァリーヒルズH)、サウンドデューク
◎コメント:指数はボチボチ。右回りで勝負所の走りは一息、鈍重馬場で直線の斬れも一息だったが、能力の高さで押し切った。

立山輝★今週のVサインコラム「ホープフルSを斬る」

★今週のVサインコラム★
「ホープフルSを斬る」
ここ数年ダービー馬を輩出し続けてきたホープフルSだが今年は、ダービー開催日より数日はなれた番組構成となった。ここは何かしらの変更ありだろう。いままでとは違った馬が連対する。

クラック「今週の重賞コラム」有馬記念

こんにちは。
クラックです。
今週は有馬記念です。
競馬界もそれ以外も色んなことがあった1年でしたが、いよいよ2020年の中央競馬もラストウィークを迎えます

さつまの重賞ステップ「有馬記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今年の中央競馬も残す所後2日間の開催となりました!
来年のクラシックを担う2歳馬のチャンピオンを決めるホープフルSと暮れのグランプリの有馬記念が土曜日と日曜日に発走を迎えます。
毎年の事ですが競馬ファンとしても有馬記念を取って終わる事の出来るのと出来ないのとでは気持ち的な部分で大きく違うと思いますので、少しでも皆さんのお役に立てるように今週は有馬記念をコラムの題材としてお話していけたらなと思っています!

キムラヨウヘイ 有馬記念の有力馬診断

―オセアグレイト 牡4 ○○ 57 菊川(美浦)
今年のステイヤーズSは「前半5Fは66秒台→その後の5Fは65秒台→ラスト5Fは59秒台」という超スローペース且つ道中に何の動きも入らないという超単調なレースに。結果的にも道中の通過順位と入線着順がほぼ一致する様な有り様で、その流れに乗じて上位入線した馬のパフォーマンス価値は大して見出せません。

今井雅宏「重賞ステップ解析」有馬記念

先週は「厳選!勝負レース」の土曜中京9Rで3連複15,660円的中など、「Mの法則」絶好調!
有馬記念で注目のステップレースはなんと言っても菊花賞。勝ち馬から大敗した馬まで、多くの馬が有馬記念で馬券に絡んでいる。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/12/19.20)

【土曜中京10R 中京2歳S】
★ゴールドチャリス(牝 2018 父トゥザワールド 母父Rainbow Quest)
◎成績:[2.0.2.2]
◎牝系:FNo.5-g(地力系)~母シルバーチャリス、近親ブラックホーク(スプリンターズS安田記念)、ピンクカメオ(NHKマイルC)、ステイフーリッシュ(京都新聞杯)、シルバーレーン(グロット賞)、ロジチャリス(ダービー卿CT)、グッドスカイ(新潟ジャンプS)、グレイル(京都2歳S)、シベリアンホーク(京成杯AH2着)、カウアイレーン(クイーンS3着)、マルターズホーク(共同通信杯3着)
◎コメント:指数はイマイチ。奥深い好血だけに長い目で。

立山輝★今週のVサインコラム「朝日杯フューチュリティステークスを斬る」

★今週のVサインコラム★
「朝日杯フューチュリティステークスを斬る」
昨年は断然の力を持った「サリオス」が出走。馬券的に簡単な決着のレースだった。今年のキーワード「無敗」を持った新種牡馬産駒などが注目すべき一頭となる今回の朝日杯フューチュリティステークスと見ている。

クラック「今週の重賞コラム」朝日杯FS

こんにちは!
クラックです。
2020年の中央開催も残り2週となりました。
最後まで楽しんでいきましょう!

さつまの重賞ステップ「朝日杯FS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は朝日杯フューチュリティステークスが日曜日の阪神芝1600mを舞台に発走を迎えます!
良血馬もいますし、新馬戦ひと息も次走の未勝利戦から一気にパフォーマンスを上げてきた馬も多くて、中々の好メンバーが揃っているので非常に楽しみなレースですね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」朝日杯FS

先週は馬単11,510円を1点目、3連単227,340円22万馬券を7点目など猛威を奮った「Mの法則」。
今週の朝日杯も得意レース。昨年の上位馬を出したサウジアラビアRC、京王杯2歳Sの2つのステップレースを中心に解析します!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/12/12.13)

【土曜中京11R 中日新聞杯(G3)】
★ボッケリーニ(牡 2016 父キングカメハメハ 母父ダンスインザダーク)
◎成績:[5.3.1.3]~中日新聞杯(G3)
◎牝系:FNo.19(バランス系)~母ポップコーンジャズ(スイートピーS2着)、兄弟ラブリーデイ(秋天、宝塚記念)、近親アリゼオ(スプリングS)、シャダイチャッター(小倉記念)、ワンモアチャッター(朝日CC)、プレミアムボックス(オーシャンS)、スマートギア(中日新聞杯)、マルカミラー(京都新聞杯2着)、スワンキーポーチ(フェアリーS2着)、クラウンレガーロ(小倉2歳S2着)、クーデグレイス(ローズS3着)
◎コメント:指数はイマイチ。バランス系FNでスローは不向きだが、内枠からロスなく立ち回って克服。

立山輝★今週のVサインコラム「阪神ジュベナイルフィリーズを斬る」

★今週のVサインコラム★
「阪神ジュベナイルフィリーズを斬る」
阪神ジュベナイルフィリーズの今年の目玉は白毛の女戦士「ソダシ」だ。ここ最近芦毛馬や白毛馬が台頭する次代が来つつある。彼女についての解析を進めると阪神ジュベナイルフィリーズの結果がみえてくる。

さつまの重賞ステップ「阪神JF」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
先週はジャパンカップで出し切ったのもあったので、コラムに関してはお休みさせて頂きました!
今週からまた再開させて頂きますので、年内残り3週の中央競馬を楽しみましょう!!

今井雅宏「重賞ステップ解析」阪神JF

先週はチャンピオンズCで◎ゴールドドリーム、ステイヤーズSで◎オセアグレイトと重賞で本命が好走!
阪神JFのステップではファンタジーSを中心に解析。1番人気で消えている馬も多く、そこまで信頼度は高くない?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/12/5.6)

【土曜中山11R ステイヤーズS(G2)】
★オセアグレイト(牡 2016 父オルフェーウ゛ル 母父Bahri)
◎成績:[5.2.2.7]~ステイヤーズS(G2)
◎牝系:FNo.4-n(バランス系)~母ブルーダヌーブ、近親 ディーマジェスティ(皐月賞)、Sobetsu(サンタラリ賞)、タワーオブロンドン(スプリンターズS)、エルノウ゛ァ(ステイヤーズS2着)、セイクレットレーウ゛(NZT2着)、ワールドレーウ゛(札幌日経OP3着)
◎コメント:指数はイマイチ。ノリ替わり効果と、静寂なドスローで逃げ馬をチョイ差しの展開に恵まれた。

クラック「今週の重賞コラム」チャンピオンズカップ

こんにちは。
クラックです。
先週はジャパンカップが行われました!
とても注目されたレースでしたが、3頭の三冠馬がそれぞれ強さを見せ、1,2,3着で決まりましたね。

立山輝★今週のVサインコラム「チャンピオンズカップを斬る」

★今週のVサインコラム★
「チャンピオンズカップを斬る」
今週から中京開催がスタート。G1チャンピオンズカップが開催される。今年のキーは何かを紐解きたい

キムラヨウヘイ チャンピオンズCの有力馬診断

▽アルクトス 牡5 田辺 57 栗田徹(美浦)
田辺騎手のインタビュー記事に『使った反動もあって、コンスタントに使える馬ではなかった。でも同じメニューのままじゃきついな、ということで、馬には負担をかけてしまうけど、調教をもう少し積みたい』というコトが記してありましたが、2走前エルムSまではポリトラックやダートなど負荷の軽い調教メニューだったのに対して、前走南部杯では負荷の強いウッドコースメインの調教メニューで一変という経緯でした。

今井雅宏「重賞ステップ解析」チャンピオンズC

ジャパンカップを終えて、今井雅宏は何を思う?
世紀の一戦と呼ばれたレースを振り返り、今週行われるチャンピオンズCを解析。
昨年は本命のゴールドドリームが南部杯から距離延長で2着と好走したが、今年はどうだ?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/11/28.29)

【土曜東京9R カトレアS】
★レモンポップ(牡 2018 父Lemon Drop Kid 母父Giant's Causeway)
◎成績:[2.0.0.0]
◎牝系:FNo.2-d(極軽系)~母Unreachable、近親デインヒル(英スプリントC)、Eagle Eyed(アーリントンクラシックS)、Dundonnell(港スプリントC)、Harpia(シャーリージョーンズH)、Shibboleth(クライティリオンS)
◎コメント:高指数。2003年以来の2歳ダートOPだが、ユートピアのシクラメンSを超えるハイレベルで、軽馬場なら更に。

今井雅宏 逆ショッカー候補リスト 11/28(土)

~逆ショッカーとは~前走3角5番手以降の距離短縮馬で、今回3角8番手以内の馬のこと。 位置取りショック付きの短縮なので、完成時には単複共に回収率が100%を超えるという、破壊力抜群の馬券作戦。

立山輝★今週のVサインコラム「ジャパンカップを斬る~序~」

★今週のVサインコラム★
「ジャパンカップを斬る~序~」
最強対決と銘打たれた今年のジャパンカップだが、外国馬がまったく興味を示さない点からたんなる高額賞金G1レースに成り下がったが故のJRA苦肉の演出レースではないかと穿った見方をしてしまう。

クラック「今週の重賞コラム」ジャパンカップ

こんにちは。
クラックです。
今週はいよいよ途轍もないメンバーが揃ったジャパンカップが行われます!
無敗の三冠馬、無敗の牝馬三冠馬、歴代最多芝GⅠ8勝馬が参戦する訳ですから「歴史的」であることは間違いありませんね。

さつまの重賞ステップ「ジャパンC」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は遂に大注目ともいえるジャパンCが日曜日に発走を迎えますね!!
今年は豪華メンバーが揃ったジャパンCになりましたし、この1日を競馬ファンとしても楽しめたらなと思います!!

今井雅宏「重賞ステップ解析」ジャパンカップ

先週は土曜阪神8Rで8万馬券!馬体重も馬場も予想と完全にフィットし、3連複22,890円をスバリ2点目、3連単85,280円も9点目で的中させた!
ジャパンCのステップでは意外といいのが秋華賞連対馬。距離も全く違うし、牝馬限定3歳戦だしで、古馬長距離のカテゴリーストレスが薄いぶん安定しているのだ。

キムラヨウヘイ ジャパンカップの有力馬診断

△アーモンドアイ 牝5 ルメール 55 国枝(美浦)
前走天皇賞秋は出遅れた2着3着よりも勝ち馬アーモンドアイの競馬がやや地味だったかも知れませんが、国枝調教師の『競馬というのは前に目標を置いた方が頑張れるもので、今日はアーモンドがその役割に回った分追い込まれてしまったものの、そこを凌ぎ切ったというのはやはり力があるからこそだと思います』というコメントの通りで、ラストの脚色を見ても、もしも後続の追い上げがあったとしてもその分だけ自身もより高いパフォーマンスを出し得る余地はあったはずです。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/11/21-23)

【土曜阪神11R アンドロメダS】
★アドマイヤビルゴ(牡 2017 父ディープインパクト 母父Elusive City)
◎成績:[4.0.0.1]
◎牝系:FNo.1-o(地力系)~母イルーシウ゛ウェーウ゛(仏1000ギニー)、兄弟サトノソロモン(京都新聞杯3着)、近親Langs Lash(クイーンメアリーS)、Echoes(コリーダ賞)、Foolish Heart(ドルメロ賞)、イッテツ(京阪杯3着)
◎コメント:指数はボチボチ。軽馬場で斬れ負けを懸念も、有力馬に極軽系FNがおらず、地力をフル活用できた。

立山輝 ★今週のVサインコラム「マイルチャンピオンシップを斬る」

★今週のVサインコラム★
「マイルチャンピオンシップを斬る」
今開催はすべて京都から阪神競馬にコース変更のイレギュラー開催。
エリザベス女王杯の流れから阪神コースでG1連対した経験がものをいうようだ。
ラッキーライラック・ラヴズオンリーユーなどがその証拠だ。

クラック「今週の重賞コラム」マイルCS

こんにちは。
クラックです。
エリザベス女王杯の僕の本命はミスニューヨークでした。
結果は残念でしたが、狙ってよかったと思える内容でした。
今週はマイルチャンピオンシップが開催されます。
エリザベス女王杯同様、今年は阪神競馬場で行なわれます。

さつまの重賞ステップ「マイルCS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週はマイル王No.1を決めるレースとなるマイルCSが日曜日に発走を迎えます!
月末に迫ったジャパンカップにも勝るとも劣らない好メンバーが揃った非常に楽しみなレースですし、個人的にもレシステンシア、サリオス、タイセイビジョン、ラウダシオン、アウィルアウェイなど大好きなお馬さんが多くて、予想とは別にどの推し馬を応援しようか迷ってしまいます。苦笑

今井雅宏「重賞ステップ解析」マイルCS

昨年は6番人気ペルシアンナイト本命、17年には7番人気サングレーザー本命で高配当的中と相性のいいレース。
例年マイル以外からのステップが多く、Mの法則が威力を発揮しやすいレースと言えるだろう。
まずは昨年好走したペルシアンナイトのステップレース、毎日王冠を解析だ!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/11/14.15)

【土曜東京11R 武蔵野S(G3)】
★サンライズノウ゛ァ(牡 2014 父ゴールドアリュール 母父サンダーガルチ)
◎成績:[10.5.3.12]~南部杯(JpnI)、武蔵野S(G3)(2回)、ユニコーンS(G3)、プロキオンS(G3)
◎牝系:FNo.7-c(地力系)~母ブライトサファイヤ、近親サンライズバッカス(フェブラリーS)、マコトスパルビエロ(日テレ盃)、リアルサファイヤ(フラワーC)、ブラックムーン(東京2歳優牝馬)、シャインカイザー(北日本新聞杯)
◎コメント:指数は水準。前走と真逆の力馬場&Hペースの消耗戦で、楽々と地力を使い切れた。

立山輝 ★今週のVサインコラム★「福島記念を斬る」

エリザベス女王杯の裏開催福島で行われる福島記念。福島での実績がモノをいうレースだが別の視点からも連対馬を探ってみたい。

クラック「今週の重賞コラム」エリザベス女王杯

こんにちは。
クラックです。
GⅠは1週のお休みがありましたが、ここからは7週連続でGⅠレースが開催されます!
しかもアーモンドアイもジャパンカップへの参戦を表明しましたから、今から気持ちが昂っている方も多いのではないでしょうか。

さつまの重賞ステップ「エリザベス女王杯」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は中距離牝馬の女王を決めるGIレース、エリザベス女王杯が日曜日に発走を迎えますね!
例年であれば京都の芝外回りコース2200mを舞台として行われる競走なのですが、今年は京都競馬場の整備改修工事のため阪神に舞台を移して行われることが決まっております。