立山輝★今週のVサインコラム「プロキオンSを斬る」

★今週のVサインコラム★
「プロキオンSを斬る」
今週はプロキオンSを解析したい。阪神で行われるプロキオンS。2010年にも阪神コースで行われておりこのあたりが参考になりそうだ。

さつまの重賞ステップ「七夕賞」

皆さんこんちゃ!

先週は個人的な都合でさつまの重賞ステップをお休みしてしまい、申し訳ありませんでした!
今週から改めて連載?(笑)を再開致しますので、よろしくお願いします!

クラック「今週のコラム」プロキオンS

皆さんこんにちは!
クラックです。

今回はプロキオンステークスについて少し触れていきたいと思います。
僕が1番嬉しかったのはエアスピネルが出走するということです。

今井雅宏「重賞ステップ解析」七夕賞

先週のラジオNIKKEI賞では締切直前まで頭をフル回転させた末に「ナカヤマフェスタの内枠」から本命バビットを導き出したMの法則。
今週の七夕賞ではいったいどんな本命が飛び出すのか?
まずは昨年の上位馬のステップレースを解析だ!

キムラヨウヘイ 七夕賞の有力馬診断

先週はラジオNIKKEI賞でディープキングに◎。直近4週間で回収率192%と絶好調!

今週紹介する激走候補は超大穴!
良績が小回りコースに集中していて、展開一つで出番有り!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/7/4.5)

【土曜福島11R 安達太良S】
★ハヤブサレジェンド(牡 2015 父ヘニーヒューズ 母父マンハッタンカフェ)
◎成績:[4.2.2.6]
◎牝系:FNo.16-c(地力系)~母イチゴイチエ、兄弟ダイシンサンダー(米子S3着)、近親ブエナビスタ(桜花賞、オークス、秋天、JC、阪神JF、ウ゛ィクトリアM)、ビワハイジ(阪神3歳牝馬S)、ジョワドウ゛ィーウ゛ル(阪神JF)、アドマイヤオーラ(弥生賞)、サングレアル(フローラS)、アドマイヤジャパン(京成杯)、トーセンレーウ゛(エプソムC)、ロッテンマイヤー(忘レナ草賞)、ジュンアイノキミ(ブロッサムC)、ラブミークン
◎コメント:指数はイマイチ。気性に一癖あるので、小回り千七がピッタリ。

立山輝★今週のVサインコラム「CBC賞を斬る」

★今週のVサインコラム★
「CBC賞を斬る」
毎年中京競馬場で行われるCBC賞だが今年は、オリンピック開催を考え阪神開催になっていた。このイレギュラー開催となったCBC賞の本質を解析したい

クラック「今週のコラム」CBC賞

皆様、こんにちは!
クラックです!

クロノジェネシスの圧勝で宝塚記念は終わり、いよいよ本格的に夏競馬がスタートします。
夏競馬は参戦せずに秋競馬まで待機するという方も一定数おられると思いますが、馬券は買わないにしても夏競馬もしっかり観戦しておくことが秋以降の馬券にも繋がりますので、夏競馬も楽しんでいきましょう!

今井雅宏「重賞ステップ解析」ラジオNIKKEI賞

今週は重賞から条件戦まで、様々な路線から馬が集まる3歳戦のラジオNIKKEI賞。その中から相性のいいステップを探る! 週末の予想では先週万馬券3本と「Mの法則」が完全に手の内に入れた函館開催にも注目だ!

キムラヨウヘイ CBC賞の有力馬診断

△アウィルアウェイ牝4川田55.5高野(栗東)
まずは2走前シルクロードSの有力馬診断を参照↓
『昨秋マイルCSを勝利したインディチャンプと同じくトキオリアリティーから派生する一族。
この家系は前掛かり気性とスピード性能が高くて、インディチャンプのソレ同様に距離短縮ローテや内枠で力を発揮できる傾向が濃いです。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/6/27.28)

【土曜東京11R アハルテケS】
★アシャカトブ(牡 2016 父シニスターミニスター 母父キングカメハメハ)
◎成績:[5.2.1.7]
◎牝系:FNo.5-h(地力系)~母ウ゛ェリタスマリコ、近親テレグノシス(NHKマイルC)、カモンマイハウス(マーメイドS3着)、フレイムオブピース(マーチS3
着)、ゼンノグッドウッド(大阪-ハンブルクC)
◎コメント:指数は平凡。入線後落馬も大事に至らなくて何より。

クラック「今週のコラム」宝塚記念

こんにちは、クラックです!
いよいよ上半期最後のGⅠ、宝塚記念ですね。
何とかいい形で上半期を終えたいところです!

立山輝★今週のVサインコラム~宝塚記念特集

★今週のVサインコラム&サインの太刀筋~初動~宝塚記念特集★

今回は、宝塚記念特集として競馬グランプリで書いております立山輝の「サインの太刀筋」~初動~抜粋原稿を中心に解析してまいりたいと思います。

さつまの重賞ステップ「宝塚記念」

みなさんこんちゃ!
さつまです!

今週は春のグランプリ宝塚記念が日曜日に出走を迎えますね。
アーモンドアイが出走しないのは分かっていたとはいえ残念ですけど、それでも数多くの有力馬が揃っていますし、楽しみな1戦である事には変わりないかなと思います。

今井雅宏「重賞ステップ解析」宝塚記念

先週は重賞で万馬券的中をお願いします、という編集部の期待に答える大的中!
得意の函館SSで3連複13,200円の万馬券をズバリ1点目、さらに3連単64,550円までパーフェクト!
今週の宝塚記念は昨年の勝ち馬リスグラシューと同じ香港帰り、そして2着のキセキと同じ大阪杯からのステップを中心に解説します!

キムラヨウヘイ 宝塚記念の有力馬診断

―アドマイヤアルバセン5西村淳58須貝尚(栗東)
グランプリレース×外国人騎手の組み合わせは、シュヴァルグランやリスグラシューやスワーヴリチャードなどグランプリレース(宝塚記念&有馬記念)での特注パターンになっています。
ただし、今年の宝塚記念のハーツクライ産駒の出走はアドマイヤアルバ1頭のみで、それも非外国人騎手騎乗という・・・。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/6/20.21)

【土曜阪神11R 三宮S】
★ウ゛ェンジェンス(牡 2013 父カジノドライウ゛ 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[8.9.4.9]~みやこS(G3)
◎牝系:FNo.1-w(地力系)~母スペシャルクイン、近親トウショウレオ(小倉大賞典連覇)、フロンテアクイーン(中山牝馬S)、グロリアトウショウ(淀短S)、トップコーリング(牛若丸JS)、フーガ(王冠賞)、マルヨバナーヌ(ライデンリーダー記念)
◎コメント:指数は水準。トップハンデを背負い、好位外目から早目先頭の横綱競馬で、着差以上の完勝。

クラック「今週のコラム」ユニコーンS

こんにちは、クラックです!
さてさて、今回はハイレベルなメンバーが揃ったユニコーンステークスのコラムです。

カフェファラオ
タガノビューティー
デュードヴァン
レッチェバロック

の4強対決とも言われていますがどうなるでしょうか。
今回のコラムではこの4頭の不安要素をあえて書いていきたいと思います。

さつまの重賞ステップ「 ユニコーンS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は今後のダート路線の主役を担う1頭を決めるユニコーンSが日曜日に発走を迎えますね!
おそらく楽しみにしている方も多い重賞だと思いますので、さつまの重賞ステップはユニコーンSを対象としたものにしようと思います。

立山輝★今週のVサインコラム「函館スプリントSを斬る」

★今週のVサインコラム★
「函館スプリントSを斬る」
夏の函館重賞第一弾函館スプリントS。このレースは秋に行われるスプリンターズSに縁のあるレース。ワイド圏連対馬が本番に進めば必ず狙わなければならないというサインレースだ。昨年は3着タワーオブロンドンがスプリンターズSを制している。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ユンコーンS

ダートは疲れが残りにくいこともあって、この時期の3歳ダート戦はストレスよりも勢いが大事。 今週は逆ショッカーの教科書にも載っている、得意の函館スプリントSも楽しみだ!

キムラヨウヘイ ユニコーンS展望

今週は展望形式!
JRA屈指のガチガチ決着レースだが、人気を裏切った1番人気馬にはある共通項があった。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/6/13.14)

【土曜阪神11R 天保山S】
★サウ゛ィ(牡 2014 父ストリートセンス 母父アルカセット)
◎成績:[6.1.2.6]
◎牝系:FNo.9-e(バランス系)~母ウ゛ィウ゛ァウ゛ォーチェ、近親In the Wings(BCターフ)、High Hawk(ローマ賞)、ハンティングホーク(グレフュール賞)、Morozov(ショードネイ賞)、Hawker's News(英ダービートライアルS)、Alexandros(カブール賞)、Aramayo(NJC3歳スプリングS)
◎コメント:指数はイマイチ。Hペース先行から2人気の逃げ馬を競り落とし、1人気馬の追撃を封じる完勝。

キムラヨウヘイ マーメイドSの有力馬診断

「牝馬限定×中長距離×上級条件=適性抜群◎ハービンジャー牝駒」
“牝馬限定戦の中長距離(1800以上)条件のハービンジャー牝駒は買い”というのは16年春から書いている話です。
それの当該条件での好走率・穴馬激走率は、他上位種牡馬産駒と比較しても抜きん出ているレベルあります。

クラック「今週のコラム」エプソムカップ

皆さん、こんにちは!
クラックです。
東京競馬場での5週連続GⅠも終了し、春のGⅠレースも宝塚記念を残すのみとなりました。
宝塚記念の本命馬は今の段階で2頭まで絞ることができているので既に楽しみです!

立山輝★今週のVサインコラム「エプソムカップを斬る」

★今週のVサインコラム★
「エプソムカップを斬る」
エプソムカップの週になると、いよいよ夏到来を予感させる気分に毎年なるのですが、このエプソムカップも季節と同じ、夏や秋に、実る馬が多く出現しています。その傾向を紹介したいと思います。

さつまの重賞ステップ「エプソムC&マーメイドS」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週から夏の名物の1つである函館開催がスタートしますね!
割りと好きな条件の競馬場ですけど、開催が短い分馬場読みとかのところで順応する頃には終わってたりと悲しいパターンの人もいるかもですね。笑
今週の日曜日には東西重賞のエプソムCとマーメイドSが発走を迎えます!

今井雅宏「重賞ステップ解析」エプソムC

いよいよ今週から心が踊る北海道シリーズが開幕! エプソムCでは昨年の勝ち馬レイエンダのステップであるメイSを中心に解説。 レイエンダが9着大敗から巻き返した要因はどのあたりにあるのか?「Mの法則」で探る!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/6/6.7)

【土曜阪神11R 鳴尾記念(G3)】
★パフォーマプロミス(2012 牡 父ステイゴールド 母父タニノギムレット)
◎成績:[8.2.3.6]~日経新春杯(G2)、ア共杯(G2)、鳴尾記念(G3)
◎牝系:FNo.13-c(バランス系)~母アイルビーバウンド、近親シルクプリマドンナ(オークス)、Escado(サウスオーストラリアンダービー)、
Comandante Dodge(サッコー少佐大賞)、Truly Bound(アッシュランドD)、Se Sauver(エドワードマニフォールドS)、Shell Ginger(キラ
ウ゛ーランS)、モエレアドミラル(北海道2歳優駿)、フラムドグロワール(イチョウS)、グランプリブラッド(道営記念)
◎コメント:指数はイマイチ。長休明けも実績上位で、最内枠をフル活用。

瀬戸駿 特別コラム「安田記念」

どうも、瀬戸です。
先週はダービーこそ◎コントレイル〇ヴェルトライゼンデで的中したが、
日曜京都の雨が誤算で狙った内枠馬が全滅とスッキリしない結果。
まずは安田記念をドンピシャリで的中させる!

クラック「今週のコラム」安田記念

皆さん、こんにちは!
クラックです。
ダービーはコントレイルが圧倒的な力を見せつけ、無敗での2冠を達成しました。

さつまの重賞ステップ「安田記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
先週の日本ダービーはコントレイルが圧巻の走りで3歳牡馬としてクラシック2つ目のタイトルを取りましたね。
色んなことを想定しながら切り口を探してみましたが、あそこまでのパフォーマンスはさすがに圧巻でした。
これからの活躍にも更なる期待が持てる勝ち方でしたし、本当に素晴らしいレースだったかなと思います。

立山輝★今週のVサインコラム「鳴尾記念を斬る」

★今週のVサインコラム★
「鳴尾記念を斬る」
今種の鳴尾記念は、安田記念が3歳馬が出走できるようになっていることから、夏や秋に活躍する馬輩出と春G1・G2善戦した馬へのご褒美レースがこの鳴尾記念のレース設計だ。

今井雅宏「重賞ステップ解析」安田記念

先週は「今日の準勝負レース」からWマークの土曜京都7Rレースで、3連単49,230円をズバリ2点目、3連複5,820円は1点目的中!
安田記念では昨年の勝ち馬インディチャンプのマイラーズC、そして2着アエロリットのヴィクトリアマイルを中心に解説します。

キムラヨウヘイ 安田記念の有力馬診断

★アドマイヤマーズ牡4川田58友道(栗東)
ダイワメジャー産駒の基本は瞬発力勝負よりも持続力勝負が得意で、実際にダイワメジャー産駒のG1勝利8例の内6例が前傾ラップ戦です。
アドマイヤマーズも例に漏れずそういう上がり掛かる競馬が得意で、中京2歳Sや朝日杯FSやNHKマイルCなど高いパフォーマンスだったレースは軒並みそうでした。その一方で

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/5/30.31)

【土曜京都11R 葵S】
★ビアンフェ(牡 2017 父キズナ 母父サクラバクシンオー)
◎成績:[3.2.0.2]~函館2歳S(G3)、葵S
◎牝系:FNo.4-m(バランス系)~母ルシュクル(ファルコンS3着)、兄弟ブランボヌール(函館2歳S)、近親Unbridled's Song(BCジュウ゛ェナイル)、Lucky Spell(プリンセスS)、Merlins Charm(ジャージーS)、ダコール(新潟大賞典)、サイタスリーレッド(オーバルスプリント)
◎コメント:指数はイマイチ。相手弱化して千二に戻ればスピードが違った。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ダービー

先週は「厳選!勝負レース」の日曜京都11Rで本命のミスマンマミーアが1着、2番手評価のショウリュウイクゾが2着、3番手評価タイのシルヴァーソニックが3着という完璧な予想で3連単18,840円的中!
ダービーでは昨年ロジャーバローズを出した京都新聞杯、そして皐月賞からのステップを徹底解析!
またダービー後には「Mの法則」が大得意とする目黒記念もあるのでお見逃しなく!

立山輝★今週のVサインコラム「目黒記念を斬る」

★今週のVサインコラム★
「目黒記念を斬る」
11Rに日本ダービー12Rに目黒記念というパターンが定例化してきたダービーデーの重賞日程。ダービーの余韻がのこる東京競馬場最終にもう一丁皆さんに取っていただきたいと思いこの「目黒記念」を斬ってみたい。

さつまの重賞ステップ「ダービー」

今週は超特大版!さつまいもが全身全霊を込めて18頭全頭を解説!
コントレイルに不安要素はあるのか?そして逆転できる可能性を秘めている馬とは?

クラック「今週のコラム」ダービー

こんにちは、クラックです!

いよいよ待ちに待ったダービーですね!
GⅠレース、3週連続的中という最高の流れで臨むダービーですから、ここも獲れたらいいなと思います!

キムラヨウヘイ ダービーの有力馬診断

●ダービー予想のポイント(2019年ダービー予想[印4頭で◎ロジャーバローズ12人1着→4番手ダノン3人2着→3番手ヴェロ2人3着]の一部を再掲載)
『(略)ダービートライアル組からの本番ダービー好走馬パターンは割とハッキリしていて、そこで「先行競馬」をして権利獲得した馬が本番でも恵まれてアッと驚く激走を生み出すという歴史となっています。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/5/23.24)

【土曜京都11R 平安S(G3)】
★オメガパフューム(牡 2015 父スウェプトオーウ゛ァーボード 母父ゴールドアリュール)
◎成績:[8.3.2.3]~東京大賞典(G1)2回、帝王賞(JpnI)、シリウスS(G3)、平安S(G3)
◎牝系:FNo.14-c(バランス系)~母オメガフレグランス、近親エテルナミノル(愛知杯)、グロリアスウィーク(弥生賞2着)、ビューティーメイク(新潟記念3着)、アイルオブマルタ(秋陽ジャンプS3着)、マルカバッケン(千葉S)、モアグレイス(紅梅S)、ラッキーパイオニア、ハッピーダイアリー
◎コメント:指数はまずまず。昨年と違って流れに乗り、地方競馬同様に先行勢を根こそぎに。

今井雅宏「重賞ステップ解析」オークス

先週は得意の直線競馬で10万馬券的中の大爆発!
今週のオークスでは、今年デゼルが同じステップで出走。昨年カレンブーケドールが12番人気2着と激走したスイートピーSを中心に解説。M的見解は如何に?
また直線競馬を狙うタイミングについても解説していますので、ぜひ参考にしてください!

クラック「今週のコラム」オークス

こんにちは!クラックです。
先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが圧巻の走りを見せ、ノーステッキでの勝利を飾りました!
僕もここは逆らえないと思っていたので、◎アーモンドアイ1着固定の3連単で買い目を配信していました。
結果的に◎→▲→○の決着で3連単を獲ることができました!(12点)

さつまの重賞ステップ「オークス」

皆さんこんちゃ!
5月24日には東京芝2400mを舞台とした優駿牝馬(オークス)が発走を迎えます!
オークスの舞台となる東京芝2400mはホームストレッチをスタート地点として、1コーナーまでの距離は350mとそこそこの距離があります。
例年の傾向を踏まえるなら、ここで先行馬と控える馬とで明確な意志の違いが出るので、先頭から最後方までは縦長になる可能性が高いレースです。

立山輝★今週のVサインコラム「平安Sを斬る」

★今週のVサインコラム★
「平安Sを斬る」
過去に1月に開催されていた平安SがG2東海Sと施行日の変更により5月に鞍替えし、今年で8年目を迎える。G1オークスの前日に行われるダート重賞だけに連対馬が中央や地方G1で活躍する馬たちが顔をそろえている。その傾向を解析しよう。

キムラヨウヘイ オークスの有力馬診断

─インターミッション牝3石川裕55手塚(美浦)
─フィオリキアリ牝3北村宏55清水久(栗東)
アネモネS好走組。
そのアネモネSは例年通り低レベル戦で、そこで抜きん出たパフォーマンスでもない好走馬に世代トップレベル戦での通用は想像し辛い所。
また、フィオリキアリは上記の藤井勘一郎騎手の非主流力を発揮しての好走だった点、インターミッションは小柄な馬で馬体大幅減での身を削る好走だった点で、やはり更にやれる馬だとは見做せないので…消し。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/5/16.17)

【土曜東京11R 京王杯SC(G2)】
★ダノンスマッシュ(牡 2015 父ロードカナロア 母父Hard Spun)
◎成績:[8.2.1.7]~京王杯SC(G2)、京阪杯(G3)、シルクロードS(G3)、キーンランドC(G3)、オーシャンS(G3)
◎牝系:FNo.4-r(バランス系)~母スピニングワイルドキャット、近親Hollywood Wildcat(BCディスタフ)、War Chant(BCマイル)、Ivan Denisovich(ジュライS)、Casablanca Fighter(ペドロデルリオタラベラ賞)、Danish Dynaformer(シングスピールS)
◎コメント:指数は優秀。速い脚に欠けるだけに、大外枠で控えて詰め甘を懸念も、乗り替わりで逃げて新味。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ヴィクトリアマイル

昨年11番人気3着のクロコスミアは前走先行した馬が相手強化で後ろに回る「位置取りショック」の基本的なパターン。今年は該当する馬はいるのか?
また土曜日には昨年6番人気だったリナーテを本命にして馬連を1点目で的中させた京王杯SCもあるのでお見逃しなく!

★京王杯スプリングカップを斬る★ 立山輝

★京王杯スプリングカップを斬る★安田記念につながる京王杯スプリングカップ、以前は外国馬も参戦していたのだが、今では日本馬のみのG2重賞となっている。しかしこのレースの勝ち馬は今後出世する馬。今年の勝ち馬は何か解析してみたい。