★立山輝Vサインコラム★「函館スプリントSを斬る」

★立山輝Vサインコラム★
「函館スプリントSを斬る」
函館スプリントSは、夏競馬を感じさせる風物詩的レース。またこのレースの連対馬は今後のスプリント戦線で中心となる馬が輩出されている点も記憶しておきたい。

前田一太・特別コラム「古馬重賞診断」函館SS

前田一太が念願の処女作を刊行!
その発売を記念して、3週間限定でコラムを配信!
今週は函館SSに出走予定の16頭をジャッジメント!

今井雅宏「重賞ステップ解析」函館スプリントS

昨年は3連複13,200円の万馬券を1点目で的中!10番人気2着と激走したダイメイフジは前走がなんとダート戦。この馬を高く評価した理由はどこに?

キムラヨウヘイ エプソムCの有力馬診断

▽アトミックフォース 牡5 武藤 56 武藤(美浦)
まずは前走メイS3着時の◎見解を参照↓
『昇級初戦だった昨年新潟大賞典2着とその次走エプソムC5着は共に好内容。
新潟大賞典の当日馬場傾向はやや外優勢・やや差し有利で、そのバイアス下で平均以上のペースで逃げて2着は地味に強い内容。勝ち馬トーセンスーリヤがその後宝塚記念健闘、4着ブラヴァスがその後重賞勝利という相手関係からも強調できます。
エプソムカップの当時馬場傾向は内有利。上位3頭は全て最内を立ち回った馬が占める中で、コノ馬の先行競馬でありながらも直線で内を明け渡すコース取りはやや不利があった感…それで2着まで0.1秒差の5着ならば騎乗一つでもっと上の着順もあり得た内容でした。
その後は不振に陥っていますが、4走前ケフェウスSと3走前白富士Sは調教も本来の動きではなく大幅馬体重変動という状態面に問題があった敗戦で、2走前東風Sと前走ダービー卿CTは調教良化も不得手な右回り中山コースだった分での善戦止まりでした。
ようやく本来の調教の動きを取り戻して、得意の左回り東京1800コースの舞台という今回辺りは復活走の期待ができるはずです。』
・・・

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/6/5.6)

【土曜中京11R 鳴尾記念(G3)】
★ユニコーンライオン(牡 2016 父No Nay Never 母父High Chaparral)
◎成績:[5.2.1.10]~鳴尾記念(G3)
◎牝系:FNo.8-h(極軽系)~母Muravka、兄弟The Wow Signal(モルニ賞)、近親Ta Rib(仏1000ギニー)
◎コメント:指数はイマイチ。ドスローの逃げ切りで、内容平凡。

さつまの重賞ステップ「安田記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は東京芝の1600mを舞台にGIの安田記念が発走を迎えます。

今井雅宏「重賞ステップ解析」安田記念

昨年は高松宮記念、ヴィクトリアマイル、マイラーズCとそれぞれ違ったステップの馬が1~3着。
早速その3レースを検証してみよう!

キムラヨウヘイ 安田記念の有力馬診断

△インディチャンプ 牡6 福永 58 音無(栗東)
まずは3走前阪神カップ3着後の回顧文を参照↓
『インディチャンプは使える脚が短い&気性面にも問題があるだけに、この距離短縮内回り千四は〇という見立てでしたが、それ以上に外目の枠順が響いた感も。
これまでほぼ常に内枠を引いてきたという非常に枠運が良い馬で、新馬戦となる二桁馬番発走から内に入れられずに折り合いを欠いたのと外目を回らされたのは堪える所だったでしょうが…ただそれにしてもここまで伸び切れないのは目標レースに全力投球した後のG2レースで馬体重二桁増も響いたかも知れません。』
・・・
コノ馬は少頭数立てのヌルいレースだと折り合いを欠いたり、すぐ抜け出してソラを遣ったりと取りこぼす競馬になりがち。逆に…

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/5/29.30)

【土曜中京11R 葵S(重賞)】
★レイハリア(牝 2018 父ロードカナロア 母父マンハッタンカフェ)
◎成績:[3.1.0.2]~葵S(重賞)
◎牝系:FNo.13-c(バランス系)~母ライトリーチューン、近親バウンシーチューン(フローラS)、カネトシツヨシオー(京都金杯3着)、ティアラ(カーネーションC)
◎コメント:指数は平凡。指数的には重賞と言えないレベルで、深追いは疑問。

★立山輝Vサインコラム★「目黒記念を斬る&日本ダービーを斬る~序~」

★立山輝Vサインコラム★
「目黒記念を斬る&日本ダービーを斬る~序~」
今年の日本ダービーは、11R設計になって3年目ここ2年はダービーの結果とつながりがある。この流れを大切にしたい。

さつまの重賞ステップ「ダービー」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は競馬ファン並びに競馬関係者の皆様が本当に大舞台として位置づけているレースとなる、日本ダービーが日曜日に発走を迎えます。
一生に1度しか出れないレースは複数あるんですけど、やはりその中でも日本ダービーは格別なレースでしょうね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ダービー

過去の傾向を見るとやはり皐月賞連対馬の成績は優秀。
ただ昨年は皐月賞8着だったヴェルトライゼンデが3着に激走するなど、皐月賞凡走馬の巻き返しが波乱を呼ぶことも。
「Mの法則」の基本に則って好走パターンを解説!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/5/22.23)

【土曜中京11R 平安S(G3)】
★オーウ゛ェルニュ(牡 2016 父スマートファルコン 母父タニノギムレット)
◎成績:[8.3.0.10]~東海S(G2)、平安S(G3)
◎牝系:FNo.4-r(バランス系)~母ギュイエンヌ、兄弟ウ゛ォージュ(万葉S)、バズーカ(東海ダービー)、近親トヨマル
◎コメント:指数は水準。すっ飛ばす2着馬を番手から交わすだけのお仕事。

★今週の立山輝Vサインコラム★「平安Sを斬る&オークスを斬る~序~」

★今週の立山輝Vサインコラム★
「平安Sを斬る&オークスを斬る~序~」
オークス前日に配された平安S。例年は京都開催だが、中京コースで行われる今回の連対馬を解析してみよう。

さつまの重賞ステップ「オークス」

さつまです!
今週の日曜日には東京芝2400mを舞台として行われる春の3歳牝馬の頂点を決めるオークスが発走を迎えます!

今井雅宏「重賞ステップ解析」オークス

今週は桜花賞、フローラS、忘れな草賞という王道3レースがターゲット。
フローラSは桜花賞に比べて本番までの間隔も短く距離も近いため、ストレス面では桜花賞が優勢か?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/5/15.16)

【土曜中京11R 都大路S】
★マウントゴールド(牡 2013 父ステイゴールド 母父Mt. Livermore)
◎成績:[8.3.3.11]
◎牝系:FNo.13-c(バランス系)~母マウントコブラ、近親Ajina(BCディスタフ)、Quality Road(フロリダダービー)、Winglet(プリンセスS)、Rob's Spirit(レキシントンS)、Bitumen(サンフォードS)、ウイングザムーン(安土城S)
◎コメント:指数は平凡。スローの番手抜け出して恵まれた。

★立山輝Vサインコラム★「‭ヴィクトリアマイルを斬る~序~」

★立山輝Vサインコラム★
「‭ヴィクトリアマイルを斬る~序~」
古馬になった牝馬が本気でぶつかり合う一戦が見てみたいというファンの気持ちを形にしたのが第16回を迎えるヴィクトリアマイル。

さつまの重賞ステップ「ヴィクトリアマイル」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は牝馬のマイルチャンピオンを決めるヴィクトリアマイルが東京の芝1600mを舞台に発走を迎えます。
そんなヴィクトリアマイルに関してのコラムをどうしようかなぁと考えていたのですが、せっかくですし条件が好転するタイミングってのを題材にお話しすることにしようかなと。

今井雅宏「重賞ステップ解析」ヴィクトリアマイル

NHKマイルCはシュネルマイスター本命で馬単4,960円的中!東京マイルGⅠで連勝なるか!?
ステップ別では高松宮記念に注目。忙しくて追走で一杯だった馬が、延長で前に行く位置取りショックをしてくるパターンに警戒が必要だ。

キムラヨウヘイ ヴィクトリアマイルの有力馬診断

―イベリス 牝5 酒井学 55 角田(栗東)
揉まれ弱くてスンナリ逃げ競馬でこそパフォーマンスを出せるタイプ。
6走前までは同型の存在や控える競馬教育によって不完全燃焼が続いていましたが、5走前からようやく逃げ戦法に切り替えて3戦目で結果に結び付いたのが2走前京都牝馬S1着。
ただし、それらの本領発揮できる逃げ戦法でも、パフォーマンスが高かったのが京都牝馬S1着と阪神カップ6着で、パフォーマンスが低かったのがリゲルS6着と阪神牝馬S6着で…

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/5/8.9)

【土曜中京11R 京都新聞杯(G2)】
★レッドジェネシス(牡 2018 父ディープインパクト 母父Storm Cat)
◎成績:[3.0.2.2]~京都新聞杯(G2)
◎牝系:FNo.7(地力系)~母リュズキナ、近親キングオブキングス(英2000ギニー)、General Monash(ロベールパパン賞)、China Visit(ロンポワン賞)、Shadn(クリテリウムドメゾンラフィット)、Lucky(アサージS)
◎コメント:指数は水準。時計は速くなったが、差せるコースでラスト1f12.6を要して快勝。

★今週の立山輝Vサインコラム★「NHKマイルカップを斬る」

★今週の立山輝Vサインコラム★
「NHKマイルカップを斬る」
いよいよ東京競馬場でG15連戦。NHKマイルカップの連対傾向を紐解きたい。

さつまの重賞ステップ「NHKマイルC」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
5月8日の日曜日に東京芝1600mを舞台に3歳マイル王決定戦となる、NHKマイルCが発走を迎えます!

今井雅宏「重賞ステップ解析」NHKマイルC

今年はクラシック路線からの有力馬が少なく、ステップレースがより重要視されそうだ。その中からまずはファルコンSとアーリントンCを分析!
また先週本命馬が6馬身差の圧勝を決めるなど、Mの得意部門である直線競馬のお話もあります!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/5/1.2)

【土曜東京11R 青葉賞(G2)】
★ワンダフルタウン(牡 2018 父ルーラーシップ 母父ディープインパクト)
◎成績:[2.1.1.0]~青葉賞(G2)、京都2歳S(G3)
◎牝系:FNo.19(バランス系)~母シーオブラブ、近親Magistros(クリテリウムドサンクルー)、ビッシュ(紫苑S)
◎コメント:指数はイマイチ。ラスト1fで手前を換えて内にヨレたのはデキ一息だったせいか。

さつまの重賞ステップ「天皇賞(春)」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は例年とは違い、阪神を舞台として天皇賞・春が17頭の夢を乗せて発走を迎えますね。

今井雅宏「重賞ステップ解析」天皇賞(春)

先週はマイラーズCで9番人気の◎カイザーミノルを軸に3連複18,540円の万馬券を6点で的中!今週も「Mの法則」で激走馬を導き出せるか??
昨年人気薄を含む2頭が馬券圏内、今年も1~3着馬が揃って出走と見逃せないステップ、日経賞を中心に解説!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/4/24.25)

【土曜新潟11R 福島牝馬S(G3)】
★ディアンドル(牝 2016 父ルーラーシップ 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[6.2.1.7]~福島牝馬S(G3)
◎牝系:FNo.4-n(バランス系)~母グリューネワルト、近親Isayso(ブラックヘレンH)、シェーンウ゛ァルト(デイリー杯2歳S)、シェーンクライト(フェニックス賞)、ダークエンジェル
◎コメント:指数は平凡。小回り向きの馬が展開利で逃げ切り、7着馬までカタカナ着差の凡戦。

今井雅宏 逆ショッカー候補リスト 4/25(日)

~逆ショッカーとは~前走3角5番手以降の距離短縮馬で、今回3角8番手以内の馬のこと。 位置取りショック付きの短縮なので、完成時には単複共に回収率が100%を超えるという、破壊力抜群の馬券作戦。

キムラヨウヘイ マイラーズCの有力馬診断

▽アルジャンナ 牡4 福永 56 池江寿(栗東)
まずは4走前きさらぎ賞2着時の回顧文を参照↓
『(略)ダービーまで戦う上ではココで収得賞金上積みは何としてでも欲しい所でしたが、だからと言って勝ちに行く騎乗ではなく…それよりも大事な今後を見据えた競馬をされた分で、またエンジンの掛かりが遅い面もある分だけ前残りを許したという3着。

今井雅宏 逆ショッカー候補リスト 4/24(土)

~逆ショッカーとは~前走3角5番手以降の距離短縮馬で、今回3角8番手以内の馬のこと。 位置取りショック付きの短縮なので、完成時には単複共に回収率が100%を超えるという、破壊力抜群の馬券作戦。

★立山輝のVサインコラム★「マイラーズカップを斬る」

★立山輝のVサインコラム★
「マイラーズカップを斬る」

今年は阪神コースで行われるマイラーズカップ。秋に行われるマイルチャンピオンシップと同設定のG2レース、関連の深い一戦となるだろう。今年の特徴は、G1戦線で連対してきた猛者の顔がない。こういったときは新星台頭が常である。そのあたりを連対馬戦績からみてみよう。

今井雅宏の重賞ローテーションデータ表(4/24~4/25)

【4月24日~4月25日開催 福島牝馬S/フローラS/マイラーズC】 ※重賞ローテーションデータ表を掲載したページになります。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/4/17.18)

【土曜阪神11R アーリントンC(G3)】
★ホウオウアマゾン(牡 2018 父キングカメハメハ 母父アグネスタキオン)
◎成績:[3.2.0.1]~アーリントンC(G3)
◎牝系:FNo.16-d(地力系)~母ヒカルアマランサス(京都牝馬S)、兄弟ギモーウ゛、近親Caerlina(仏オークス)、Al Wukair(ジャックルマロワ賞)、Tam Lin(ケルソH)、カレンミロティック(金鯱賞)、Antonia de Vega(プレスティジS)
◎コメント:指数は優秀。道悪&淀みない流れで、地力をフル活用。

★立山輝のVサインコラム★「G1の裏を制せ、アンタレスSを斬る」

★立山輝のVサインコラム★
「G1の裏を制せ、アンタレスSを斬る」
G1皐月賞の直前の行われるアンタレスS。ワイド圏には1-3番人気馬が入着するが一頭人気薄の馬が台頭し、3連単馬券で穴があいてる。妙味一杯のレースだけに皐月賞よりこちらをという方が多いかもしれない。そういった方へのサイン馬券的アドバイスを紹介したい

さつまの重賞ステップ「皐月賞」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は牡馬のクラシック第1戦となる皐月賞が中山芝2000mコースを舞台に発走を迎えますね!
昨年はコントレイルがここを優勝し、その勢いのままにダービー、菊花賞と無敗のまま三冠を達成しました!

今井雅宏「重賞ステップ解析」皐月賞

今週は昨年3着馬を出したスプリングSからのステップを中心に解析。距離や馬場など、今回のカテゴリーに対する鮮度の高さが鍵となりそうだ。
「ウマゲノム辞典」発売を記念してnoteに3歳牡馬のタイプを掲載していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/4/10.11)

【土曜阪神11R 阪神牝馬S(G2)】
★デゼル(牝 2017 父ディープインパクト 母父Le Havre)
◎成績:[4.0.1.2]~阪神牝馬S(G2)
◎牝系:FNo.7-a(地力系)~母アウ゛ニールセルタン(仏1000ギニー、仏オークス)、近親Luso(伊ダービー、香港ウ゛ァーズ連覇)、Warrsan(バーデン大賞連覇)、Queen's Trust(BCフィリー&メアターフ)、Needle Gun(ガリニュールS)、Mehmas(ジュライS)
◎コメント:指数はボチボチ。高速馬場は不向きでも、マイルの速い流れで地力を使い切れた。

★立山輝のVサインコラム★「阪神牝馬S&桜花賞を斬る」

★立山輝のVサインコラム★
「阪神牝馬S&桜花賞を斬る」
阪神牝馬Sは牝馬限定G2重賞。G2重賞は格の高いレース実績を解析することが大切だ。このことからも以下の連対馬パターンが存在する。

さつまの重賞ステップ「桜花賞」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今年も早い事で早くもクラシック第1戦となる桜花賞が日曜日の阪神競馬場で発走を迎えます!
早速ですが今週発走を迎える桜花賞についてのお話をしていきます。

今井雅宏「重賞ステップ解析」桜花賞

今週はチューリップ賞を中心に解析。 ここ4年は勝ち馬を出していないステップだが、今年ははたしてどうか? 好走パターンをチェック!

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/4/3.4)

【土曜中山11R ダービー卿CT(G3)】
★テルツェット(牡 2017 父ディープインパクト 母父Danehill Dancer)
◎成績:[5.0.1.0]~ダービー卿CT(G3)
◎牝系:FNo.20(極軽系)~母ラッドルチェンド、近親Miesque(英&仏1000ギニー、BCマイル連覇)、Kingmambo(仏2000ギニー)、East of the Moon(仏牝2冠)、Six Perfections(BCマイル)、Lucayan(仏2000ギニー)、Karakontie(仏2000ギニー、BCマイル)、ラウ゛ズオンリーユー(オークス)、Rumplestiltskin(マルセルブサック賞)、Amanee(セクウィニS)、Tapestry(ヨークシャーオークス)、リアルスティール(毎日王冠)、オディール(ファンタジーS)
◎コメント:指数は上々。淀みない流れもじっくり乗られ、高速レースで極軽牝系がイキイキ。

立山輝のVサインコラム★「ダービー卿チャレンジTを斬る&大阪杯を斬る~序~」

★立山輝のVサインコラム★
★「ダービー卿チャレンジTを斬る&大阪杯を斬る~序~」
春以降の成長馬、躍進馬を輩出使命を持つダービー卿チャレンジトロフィー。過去にはその後天皇賞秋・マイルチャンピオンシップを制し、種牡馬として活躍しているモーリスもここを初オープンチャレンジで勝って急成長していった。レースネーミングの通りチャレンジする馬が台頭するダービー卿チャレンジトロフィーの連対馬パターンを解析したい。

さつまの重賞ステップ「大阪杯」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週は古馬の中距離GIの1つ目となる大阪杯が日曜日に発走を迎えます!
昨年三冠を達成したコントレイル、異次元の脚でアーモンドアイなどを破りマイルとスプリント路線で飛躍を果たしたグランアレグリア、雄大な馬格から本格化を期待されるサリオス、そこにレイパパレやワグネリアンなど下克上を狙う有力馬も揃うことからかなりの盛り上がりが期待されるレースになりそうです。

今井雅宏「重賞ステップ解析」大阪杯

先週は日経賞、毎日杯で本命馬が勝利と重賞で好成績!今週は2着馬のステップ、京都記念から解析。ワグネリアンやモズベッロの巻き返しはあるのか??

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/3/27.28)

【土曜阪神11R 毎日杯(G3)】
★シャフリヤール(牡 2018 父ディープインパクト 母父Essence of Dubai)
◎成績:[2.0.1.0]~毎日杯(G3)
◎牝系:FNo.2-s(極軽系)~母ドバイマジェスティ(BCフィリー&メアスプリント)、兄弟アルアイン(皐月賞、大阪杯)、近親Totem(デズモンドS)、Williams News(エルクホーンS)
◎コメント:指数は優秀。望外の高速馬場で、極軽FNの利をフル活用。

立山輝のVサインコラム「高松宮記念を斬る~序~」

★立山輝のVサインコラム★
★「高松宮記念を斬る~序~」
高松宮記念の連対パターンは、大きく分けて3つある。
このパターンの組み合わせを入れ替えることで馬券を組み立てているのだ。

さつまの重賞ステップ「高松宮記念」

皆さんこんちゃ!
さつまです!
今週末には4週連続GIの開幕を告げる電撃の6Fスプリント戦、高松宮記念が発走を迎えます。
主役となり得たグランアレグリアが不在となるこの舞台で、春のスプリント王に輝くのは一体どの馬になるのか見物の1戦になりそうですね!

今井雅宏「重賞ステップ解析」高松宮記念

今週はいよいよ因縁の高松宮記念。昨年15番人気のクリノガウディー本命で1位入線も、悪夢の降着。今年こそはと気合が入る。
まずは王道ステップレースの阪急杯とシルクロードSから解析だ!