立山輝 ★今週のVサイン「小倉大賞典を斬る」

★今週のVサイン★
「小倉大賞典を斬る」
フェブラリーSの前に実施される小倉大賞典、このレースの連対傾向は
「昨秋G1出走馬か今春G2重賞出走馬を狙え」
というはっきりとした傾向がうかがえる。検証していこう。

今井雅宏「重賞ステップ解析」フェブラリーS

いよいよGⅠ第一弾のフェブラリーS!
まずは昨年ノンコノユメが勝った根岸Sからの好走パターンを分析だ!

キムラヨウヘイ フェブラリーSの有力馬診断

―アンジュデジール牝5横山典55昆(栗東)
《能力不足》
本当に牡馬G1級というか本当に牡馬重賞級の馬であるのかすら疑問で。
本来、芝中長距離やダート中距離以上の舞台条件というのは、体力面で優る本来牡馬断然有利の設定だと言えます。実際に牝馬ダート重賞戦線は牡馬混合準OP通用級の馬で十二分に通用している通り、ダート一線級となると牡馬-牝馬で大きく異なるレベルというのが事実です。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/2/9-11)

【土曜京都11R 洛陽S】
★グァンチャーレ(牡 2012 父スクリーンヒーロー 母父ディアブロ)
◎成績:[5.8.5.19]~シンザン記念(G3)
◎牝系:FNo.13-a(バランス系)~母チュウオーサーヤ、近親ヴァイスシーダー(NZT4歳S)、パワーシーダー(中京記念)、サミーミラクル(マーチS2着)、スターボード(東京スプリント3着)、エチゴマンゲツ(サラブレッドチャンピオン)、リアリーザワールド(夏至賞)、ルシールシーダー
◎コメント:指数はボチボチ。好位で折り合い、4角で外から煽られながらも追い出しを我慢して抜け出した。

立山輝★今週のVサイン「共同通信杯を斬る」

★今週のVサイン★
「共同通信杯を斬る」
日本ダービーや皐月賞にきさらぎ賞と共につながっていく共同通信杯。昨年は連対馬をクラシック使用しなかったため今年は警戒が必要だ。その傾向を探りたい

今井雅宏「重賞ステップ解析」京都記念

昨年は5番人気(単勝10.5倍)のクリンチャーを本命で、3連単万馬券的中の京都記念!
2200mという距離だけに短縮・延長それぞれの好走パターンを解析してみよう。

キムラヨウヘイ 京都記念の有力馬診断

―アクションスター牡9○○56和田勇(美浦)
OP特別よりも分不相応にG2G1に使われるコトが多いが、それはOP特別でも勝負にならないからという逆説的な話だろう…15年から新設された特別出走奨励金がほぼ無条件で交付されるG2G1に出た方が、OP特別で頑張って上の着順を目指すよりも結果稼げる期待値が高いと陣営内で位置付けられる程度の馬だというコト。
ココも奨励金対象G2競走で、尚且つ12頭立て(何らかによって2頭さえ抜かせば着賞金ゲット)という賞金が得られ易いレース選択という意図のみの参戦だろう。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/2/2.3)

【土曜京都10R エルフィンS】
★アクアミラビリス(牝 2016 父ヴィクトワールピサ 母父Anabaa)
◎成績:[2.0.0.1]
◎牝系:FNo.1-t(地力系)~母アクアリング、兄弟クイーンズリング(女王杯)、近親Torrestrella(仏1000ギニー)、Goldamix(クリテリウムドサンクルー)、Azurella(ロワイヨモン賞)、Anitra's Dance(ミネルヴ賞)、Solveig(フィユドレール賞)、Airmail Special(リス賞)、Farmah(カルロアンドフランチェスコアロイージ賞)
◎コメント:指数は水準。心身とも未完成で非力だが、直線平坦の京都で反撃。

今井雅宏「重賞ステップ解析」東京新聞杯

根岸Sで3連複5,220円2点目的中!
今週は馬単9,880円1点目的中など、3年連続で3点以内的中を達成している東京新聞杯。
今年の本命は果たして!?

キムラヨウヘイ 東京新聞杯の有力馬診断

▽グァンチャーレ牡7○○56北出(栗東)
《PP:内枠〇・京都〇・雨〇》
まずは3走前スワンS時の有力馬診断見解を参照↓
『京都巧者で好走歴は内を立ち回った時に集中という馬。
5走前洛陽Sでは外枠外回し競馬で好走しているが、過去戦績を振り返ると雨馬場時にはその限りでは無いレース振りでも好結果出ているので、つまりは雨馬場はプラスになるタイプなのだろう(今週末は雨の可能性も半々)。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/1/26.27)

【土曜中京11R 愛知杯(G3)】
★ワンブレスアウェイ(牝 2013 父ステイゴールド 母父Storm Cat)
◎成績:[6.5.2.9]~愛知杯(G3)
◎牝系:FNo.2-b(極軽系)~母ストレイキャット、兄弟ナリタキングパワー(札幌日経OP3着)、タガノエリザベート(ファンタジーS)、キャットコイン(クイーンC)、ロックディスタウン(札幌2歳S)、近親ゼンノロブロイ(秋天、JC、有馬記念)、ローミンレイチェル(バレリーナH)、Heavenly Love(アルシバイアディーズS)、Forever Darling(サンタイネスS)、シルクビッグタイム(ユニコーンS2着)
◎コメント:指数は水準。女王杯も着順程負けておらず、軽馬場&軽ハンデを利して姉妹4頭目の重賞ウイナーに。

立山輝★今週のVサイン「シルクロードSを斬る」

★今週のVサイン★
「シルクロードSを斬る」
高松宮記念馬ファインニードルを前回輩出したシルクロードS。このレースの連対傾向は2つのパターンに絞られる。

キムラヨウヘイ 根岸Sの有力馬診断

▽キタサンミカヅキ牡9森泰58佐藤賢(船橋)
「コース適性?(瞬発力?)」
まず前提として、東京ダート1400上級クラス戦(特に根岸S)というは瞬発力がモノを言う条件で、故にこの根岸Sでは差し追い込み馬が有利というレース傾向となっています。
(たまにHペースだから差しが決まる説もよく言われますが、寧ろ他場ダートよりもHペースにならないのが東京ダートなので、それはちゃんちゃらおかしい戯言です。)

今井雅宏「重賞ステップ解析」シルクロードS

AJCCは展開に泣くも、準勝負レースの京都2Rで芝からダート替わりを狙い3連単23,010円的中!
今週の重賞はMが得意とする乱ペースの混戦になるか??

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/1/19.20)

【土曜京都10R 若駒S】
★ヴェロックス(牡 2016 父ジャスタウェイ 母父Monsun)
◎成績:[2.1.0.1]
◎牝系:FNo.16-c(地力系)~母セルキス(ディアナトライアル)
◎コメント:指数は優秀。4角で有力先行2頭を潰す強い内容。

立山輝★今週のVサイン「東海Sを斬る」

★今週のVサイン★
「東海Sを斬る」
フェブラリーSへもつながる東海S、過去にコパノリッキーなどここを快勝してフェブラリーSを制している。ここ2年はフェブラリーSで未使用の戦歴だけに今年実力馬が連対すればフェブラリーSでも期待できる流れだろう。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/1/12-14)

【土曜中山11R フェアリーS(G3)】
★フィリアプーラ(牝 2016 父ハービンジャー 母父サンデーサイレンス)
◎成績:[2.0.1.0]~フェアリーS(G3)
◎牝系:FNo.4-m(バランス系)~母プリンセスカメリア、兄弟アルフレード(朝日杯FS)、近親アンバーシャダイ(春天、有馬)、イブキマイカグラ(阪神3歳S)、サクラバクシンオー(スプリンターズS連覇)、ファストタテヤマ(京都新聞杯)、ミッキードリーム(朝日CC)、インパルスヒーロー(ファルコンS)、リビアーモ(オーロC)
◎コメント:指数は平凡。中山マイルで牝系の良さを活かしたが、低指数と好騎乗に恵まれた。

今井雅宏「重賞ステップ解析」AJCC

土曜中山で単勝115倍の本命が1着で、馬単12万馬券もスバリ3点目的中!
先週のステップ解析で紹介した日経新春杯も3連複ズバリ1点目的中と絶好調!

キムラヨウヘイ AJCCの有力馬診断

―アクションスター牡9大野56和田勇(美浦)
OP特別よりも分不相応にG2G1に使われるコトが多いが、それはOP特別でも勝負にならないからという逆説的な話だろう…15年から新設された特別出走奨励金がほぼ無条件で交付されるG2G1に出た方が、OP特別で頑張って上の着順を目指すよりも結果稼げる期待値が高いと陣営内で位置付けられる程度の馬だというコト。

立山輝★今週のVサイン「フェアリーSを斬る」

★今週のVサイン★
「フェアリーSを斬る」
2019年牝馬クラシック戦線を占う初戦として行われるフェアリーS。昨年はプリモシーンが快勝。古馬となってマイル重賞を勝って見せた。実力馬がそろう一戦だけにきっちりと行きたい。

今井雅宏「重賞ステップ解析」日経新春杯

フェアリーSは17年に3連単27万円、16年に馬単9,750円を的中し、3年連続本命連対中!
日経新春杯は昨年3連複9,240円を的中!
果たして今年はどんな馬を本命に指名するのか!?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/1/5.6)

【土曜中山11R 中山金杯(G3)】
★ウインブライト(牡 2014 父ステイゴールド 母父アドマイヤコジーン)
◎成績:[6.2.0.8]~スプリングS(G2)、中山記念(G2)、福島記念(G3)、中山金杯(G3)
◎牝系:FNo.18(バランス系)~母サマーエタニティ、兄弟ウインファビラス(阪神JF2着)、近親ハクサンムーン(セントウルS)、ヤマフリアル(女王杯2着)、メガミゲラン(北九州記念3着)
◎コメント:指数はイマイチ。58キロのトップハンデも、相手弱化&得意コースで一変。

キムラヨウヘイ 日経新春杯の有力馬診断

―アイトーン牡4国分恭五十嵐(栗東)
気性的にハナを切る形がベストという馬。

前々走札幌記念ではこれまで一度もハナを譲ったコトがないマルターズアポジーに対して、それのハナを叩けという無理なオーダーを従順に実行した国分恭介Jの無謀積極策で案の定共倒れの結果に。

立山輝★今週のVサイン「京都金杯を斬る」

★謹賀新年★
新年あけましておめでとうございます。本年もサインと共に立山輝をよろしくお願いいたします。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/12/28.29)

今週はホープフルSを含む最終開催日だけでなく、東京大賞典の勝ち馬も紹介

キムラヨウヘイ「第二重賞の有力馬診断」中山金杯

キムラヨウヘイの第二重賞、今週は中山金杯!
なんと今週は新春キャンペーンとして第二重賞も無料公開!
ぜひ週末の予想の参考にしてください!

今井雅宏「重賞ステップ解析」シンザン記念

今井雅宏の重賞ステップ解析、今週はシンザン記念。
昨年は1-2-10番人気で決まった中山金杯の3連複5,270円を1点目で的中!
今年も縁起良く新年から的中なるか?

キムラヨウヘイ 京都金杯の有力馬診断

▽アサクサゲンキ牡4松若54音無(栗東)
2歳時には距離千二路線で才能を見せるも、その後に距離マイル路線適応(克服)の教育を施された分で、再び距離千二路線に戻っても追走力不足で何もできずのレース続き。
そして改めて距離マイル路線に戻された前走で本来の先行競馬から好走を果たしたという経緯。

立山輝 ★今週のVサイン「ホープフルSを斬る」第二幕

先週に続いてホープフルSを解析。
有馬記念を終えて、さらなるシナリオを導き出すことができたか!?

今井雅宏「重賞ステップ解析」ホープフルS

今井雅宏の重賞ステップ解析、今週は今年最後の重賞ホープフルS。
相手強化の激流にうまく対応できるかがポイント。

キムラヨウヘイ ホープフルSの有力馬診断

▽アドマイヤジャスタ牡2ルメール55須貝尚(栗東)
アドマイヤテレサの仔で、アドマイヤラクティの半弟。
この血統は晩成型だが、気性的に超早期活躍できる父ジャスタウェイの分で早期に2勝目を挙げられたイメージ。
ただし、前者の晩成傾向+後者の非大物傾向からは、2歳G1に手が届くまで望めるかと言えば…?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/12/22.23)

【土曜中山10R 中山大障害(JG1)】
★ニホンピロバロン(牡 2010 父フサイチリシャール 母父キャプテンスティーヴ)
◎成績:[10.8.5.25]~中山大障害(JG1)、京都ハイJ(JG2)、阪神JS(JG3)
◎牝系:FNo.7-c(地力系)~母ニホンピロアニカ、近親ニホンピロジュピタ(南部杯)、ニホンピロプリンス(マイラーズC)、ニホンピロサート(ガーネットS)、ニホンピロレガーロ(小倉記念)、ニホンピロアンバー(フィリーズR2着)、ニホンピロキース(小倉記念2着)、ニホンピロプレイズ(函館3歳S2着)、ニホンピロクリア(中京3歳S)、ニホンピロヘンソン(モミジS)
◎コメント:血統的には大障害不向きも、動きの悪い1番人気馬を早目に潰したのが奏功。

キング「キングオブGⅠ」有馬記念

☆有馬記念の傾向(過去6年分)
【ペース、レース上がり、レースタイプ】
・17年(良):内前々レース(速攻)
Sペース レース上がり35.2秒 
14頭立て以上「1着:内枠逃げ/2着:内枠先行」

今井雅宏「重賞ステップ解析」有馬記念

今井雅宏の重賞ステップ解析、今週はいよいよ有馬記念
王道ローテーションのJCでポイントとなるのが位置取り。細分化して詳しく解説します!

キムラヨウヘイ 有馬記念の有力馬診断の総まとめ(後編)

―スマートレイアー牝8戸崎55大久龍(栗東)
昨秋G1回顧では『気性的に行かせるか控えるかメリハリある競馬で爆発力に繋げていたコノ馬にとって、直前に乗り替わり、それもテン乗り騎手への乗り替わりというのは地味にダメージが大きかったか』と書きました通りで、逃げるか追い込むか極端な競馬時に反発している近況です。

キムラヨウヘイ 有馬記念の有力馬診断の総まとめ(前編)

―オジュウチョウサン牡7武豊57和田郎(美浦)
馬は足りないでしょう。
武豊騎手自身も、前走1000万下勝利後直後に、やや異例とも言える大分厳しめのジャッジ「一線級とは差を感じる」を下していましたから…もう完成された7歳古馬が武豊Jのジャッジを上回ってくるなんてコトは果たして?

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/12/15.16)

【土曜中山11R ターコイズS(G3)】
★ミスパンテール(牝 2014 父ダイワメジャー 母父シンボリクリスエス)
◎成績:[6.1.0.6]~阪神牝馬S(G2)、ターコイズS(G3)(2回)、京都牝馬S(G3)
◎牝系:FNo.1-b(地力系)~母エールドクラージュ、近親ウメノファイバー(オークス)、サンデーウェル(セントライト記念)、ウインラディウス(京王杯SC)、ヴェルデグリーン(オールカマー)、サンリヴァル(芙蓉S)、ウメノローザ(グラチャン2000)
◎コメント:指数はイマイチ。有力勢が外を回すのを尻目に、イン差し奏功して連覇達成。

立山輝★今週のVサイン「ターコイズSを斬る」

★今週のVサイン☆
「ターコイズSを斬る」
今週行われるターコイズSは「G1レース出走善戦馬へのご褒美」的な役割を持っている。その根拠を示してみよう

キムラヨウヘイ ターコイズSの有力馬診断の総まとめ(後編)

△フロンテアクイーン牝5マーフィ55国枝(美浦)
前走エリ女では7人気7着という人気通りの入線でしたが、もしも直線で捌けていれば3着も有り得た競馬でした。ただし、それでフロンテアクイーンの評価を上げるよりは、この程度の馬が3着に届いてもおかしくなかった通りで3着以下は凡戦の色も濃かった(力を出し切れていない馬同士の戦い)だろうという見方が正しいようにも思えます。

キング「キングオブGⅠ」朝日杯FS

☆朝日杯FSの傾向(過去4年分)
【ペース、レース上がり、レースタイプ】
\17年(良):能力レース(堅守)
Sペース レース上がり34.0秒 
14頭立て以上「1着:内枠先行/2着:外枠差し」

今井雅宏「重賞ステップ解析」朝日杯FS

今井雅宏の重賞ステップ解析、今週は朝日杯FS。 阪神開催になって5年目、いよいよデータが揃ってきた!

キムラヨウヘイ ターコイズSの有力馬診断の総まとめ(前編)

―アイライン牝6北村宏54高橋裕(美浦)
前走オーロCでの詰まり競馬での2着好走もそれなりに評価できるパフォーマンスでしたが、ただしコノ馬が水準級のパフォーマンスを出す場面というのは距離千四(特に東京千四)というのが大前提になってきますので。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/12/8.9)

【土曜中山11R 師走S】
★テーオーエナジー(2015 牡 父カネヒキリ 母父Crafty Prospector)
◎成績:[4.1.1.4]~兵庫CS(JpnII)
◎牝系:FNo.4-j(バランス系)~母シルキークラフト、近親ビワシンセイキ(かきつばた記念)、Lindsay Jean(ブラウンベスH)、Indian Ocean(アファームドH)
◎コメント:高指数。JBCクラシックでHペース先行した経験をフル活用して軌道修正。

立山輝★今週のVサイン「カペラSを斬る」

★今週のVサイン☆
「カペラSを斬る」
今週行われるカペラSは、残念JBCスプリント戦の様相が見てとれる

キング「キングオブGⅠ」阪神JF

☆阪神JFの傾向(過去6年分)

【ペース、レース上がり、レースタイプ】
・17年(良):差しレース(堅守)
Sペース レース上がり34.4秒 
14頭立て以上「1着:外枠差し/2着:内枠差し」

今井雅宏「重賞ステップ解析」阪神JF

今井雅宏の重賞ステップ解析、今週は阪神JF!
アルテミスSからの位置取りショックを狙え!

キムラヨウヘイ 中日新聞杯の有力馬診断の総まとめ(後編)

▲エンジニア牡5北村宏牧(美浦)
まずは前々走新潟記念時の有力馬診断見解を参照↓
『母父ガリレオの日本での賞金順TOP3はレッドローゼスヴァンキッシュラン、ゴールドテーラー。父ガリレオだとミッションモードが賞金TOP、父父ガリレオの牡馬だとリッチーリッチーが出世株。これらの産駒に共通するのは異様なまでの2着3着の多さ…。

キムラヨウヘイ 中日新聞杯の有力馬診断の総まとめ(前編)

▽ストロングタイタン牡5アヴドゥ池江寿(栗東)
前走小倉記念での8秒差大敗は心房細動を発症したモノで度外視敗戦。

ちなみに、それ系(鼻出血or心房細動と当日中に公式発表された馬)の本年の次走成績データ(手集計)は以下の通りです。

高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/12/1.2)

【土曜中山11R ステイヤーズS(G2)】
★リッジマン(牡 2013 父スウェプトオーヴァーボード 母父Caerleon)
◎成績:[6.4.0.15]~ステイヤーズS(G2)
◎牝系:FNo.1-n(地力系)~母アドマイヤモンロー、兄弟アドマイヤタイトル、近親Shadeed(英2000ギニー)、ストロングブラッド(かしわ記念)、Sharp Humor(スウェイルS)、Barao da Serra(ブラジル競走馬生産者協会長大賞)、サマーキャンドル(NHKマイルC3着)、マイネルポライト(京都新聞杯3着)
◎コメント:指数は平々凡々。アルバートが出走して普通に走れば楽勝していたレベル。

立山輝★今週のVサイン「ステイヤーズSを斬る」

★今週のVサイン☆
「ステイヤーズSを斬る」
12月になり有馬記念が近づいてきた。有馬記念への伏兵を輩出するステイヤーズSを分析してみたい。